いまハリウッドで最もカッコいい母親! ミシェル・ウィリアムズの魅力

最新ニュース

『ゲティ家の身代金』(C) 2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ゲティ家の身代金』(C) 2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ゲティ家の身代金』(C) 2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ゲティ家の身代金』(C) 2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ゲティ家の身代金』 (C)2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • ミシェル・ウィリアムズ - (C) Getty Images
  • マーク・ウォールバーグ&ミシェル・ウィリアムズ-(C)Getty Images
  • 『All the Money in the World/オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』(原題) (C)2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
近年、『グレイテスト・ショーマン』や『ヴェノム』といったエンターテインメント大作から、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』、『ワンダーストラック』といった人間ドラマの佳作まで、次々と話題の作品に出演し、その演技力と存在感が高い評価を受けているミシェル・ウィリアムズ

日本でも女性層から高い支持を集めるミシェルですが、彼女の主演映画で、いま世界中で大きなうねりを起こしている「#MeToo」ムーブメントとも非常に深い関わりを持つ映画『ゲティ家の身代金』が公開を迎えました。この映画が歩むことになった数奇な運命を紹介すると共に、本作を通じて女優としての高評価みならず、ひとりの女性として、多くの人々に勇気を与えることになったミシェルの魅力、彼女の女優という仕事に対するスタンスについてもお伝えします!

『ゲティ家の身代金』(C) 2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

■「#MeToo」運動の広がりの中、公開直前にケヴィン・スペイシーが降板!


映画『ゲティ家の身代金』は1973年に実際に起きた、世界一の富豪である石油王ジャン・ポール・ゲティの孫の誘拐事件を題材にした作品。なぜこの映画が、ここまで社会の大きな注目を集めることになったのか? 発端は、ハリウッドのみならず、世界中をその後、揺るがすことになる、米大物プロデューサーの長年にわたるセクハラ、性暴力に対する被害者の実名告発――いわゆる「#MeToo」ムーブメントです。

この「#MeToo」ムーブメントが広がりを見せる中、全米での公開直前、特殊メイクによって80歳のゲティを演じていたケヴィン・スペイシーにセクハラ疑惑が持ち上がり、ケヴィンは同役を降板することが決定。映画は公開中止の危機を迎えます。

『All the Money in the World/オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』(原題) (C)2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

■代役にクリストファー・プラマーを起用も、追加撮影のギャラに男女間で1500倍の開き?


しかし、リドリー・スコット監督をはじめとする製作陣はすぐにゲティの登場シーンの再撮影を決断! 代役を名優クリストファー・プラマーに依頼し、わずか9日間で追加撮影を行ない、予定通りの公開にこぎつけます。なお、88歳のクリストファーは同役でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、同賞演技部門でのノミネート最高齢記録を更新しました。ところが、一難去って、また一難!

この追加撮影に参加した俳優陣へのギャラに関して、男女間での大きな賃金格差が発覚します。元CIAの人質交渉人を演じたマーク・ウォールバーグと人質の母親・アビゲイルを演じたミシェルとの間で、実に1500倍もの開きがあったことが報じられます。なお、マークはその後、追加撮影のギャラ150万ドル(約1億6,000万円)を全額、「#MeToo」ムーブメントの中で設立された基金「Time's Up」にミシェルの名義で寄付することを表明しました。

マーク・ウォールバーグ&ミシェル・ウィリアムズ-(C)Getty Imagesマーク・ウォールバーグ&ミシェル・ウィリアムズ

■40年以上前の事件を描いているのに現代社会と酷似?


興味深いのは、40年以上前に起きた誘拐事件を題材にした本作の内容が、上記の本作を取り巻く一連の事件――つまり2018年の現状と大きく重なる部分が多いということ。ゲティは世界一の大富豪でありながら(だからこそ?)、凄まじいまでの守銭奴。誘拐された孫の身代金の支払いをにべもなく拒否するほか、映画でも彼がどれだけケチな男であったかが、細かいエピソードとともに描かれます。

先述のマークは、俳優として「世界で最も稼ぐ男優」という称号を授かったこともありますが、彼が演じる交渉人が、身代金の支払いを拒否するゲティに「それだけ稼げば十分なんですか?」とつめ寄るシーンも! それに対するゲティの答えは…。

また、当時はいまよりもさらに男女間の不平等が顕著であった時代。ミシェルが演じるアビゲイルは、愛する息子を救うために犯人グループやゲティ…いや、男社会そのものに対し、困難な戦いを挑みます。映画の公開を前に来日したミシェルはインタビューで「演じる中で、この映画が“いま”を描いているのだとわかった」と語っていました。この40数年で、社会における男女の在り方はどのように変わったのか? いや、変わっていないのか?  サスペンスフルな物語、名優たちが織りなす人間ドラマを通じて、考えさせられます。

『ゲティ家の身代金』(C) 2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

■つらい境遇の母親役をなぜ? 作品選びの基準は「家族との時間」!


本作だけでなく、近年、母親役を演じることが多くなったミシェル。4月に日本でも公開となった『ワンダーストラック』では、主人公の少年・ベンを残して交通事故で亡くなってしまった母親を演じており、映画を通じてベンは、母の人生をたどっていくことに。また、昨年公開され、ケイシー・アフレックにアカデミー賞主演男優賞をもたらし、ミシェルも助演女優賞にノミネートされた『マンチェスター・バイ・ザ・シー』では、ある大きな哀しみに見舞われることになる母親を演じました。

ミシェルはインタビューで自身が映画への出演を決める基準や演じる役柄について「いま、37歳で年齢的に言えば母親ではない役が来ることの方が珍しいわね。私自身も母親で、映画の中でまで母親を演じるなんて勘弁って気持ちもなくはないけど(笑)。出演を決める上で、一番大事にしているのは、家族との時間が合うかどうか。なるべく家族に負担を掛けたくないので、遠くに行かなくてよい作品や、ひと夏の撮影で済む作品を選んでいるわ。とはいえ今後、一生に一度と言えるチャンスが舞い込んで来たら、そのときは家族にいろいろお願いすることになるでしょうね」と明かしてくれました。

ご存知の方も多いと思いますが、彼女の娘の父親は、『ブロークバック・マウンテン』で共演し、交際に発展した故ヒース・レジャー。ちなみに今回、共演したプラマーは、ヒースの遺作となった『Dr.パルナサスの鏡』でDr.パルナサスを演じていますが、ミシェルの娘さんは、映画『サウンド・オブ・ミュージック』が大好きで、同作でトラップ大佐を演じたプラマーの大ファンだそう。今回の撮影中も、ミシェルはプラマーに『サウンド・オブ・ミュージック』撮影当時の思い出をあれこれ聞かせてもらっていたとか。

『ゲティ家の身代金』 (C)2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

■年齢を重ねるのは「大歓迎! 自分が自分であることが心地いい」


実際に娘がいるからこそ、逃げたくなるような現実に立ち向かう母親を演じるのは精神的にも肉体的にもつらいのでは? と尋ねると「決して自分自身の人生と重ねて役を作っていくわけじゃないわ。どちらかというと伝記作家のような気持ちで役に向き合っているわ。『ミシェル・ウィリアムズなら?』という思考ではなく、そのキャラクターの視点で考えて、世界を見ることを意識しているわ」と語っていました。

生き生きと女優という仕事を楽しんでいるように見えるミシェル。「年齢を重ねる上で、意識しているのは、幸せでいること。睡眠をとること。それから、たくさん水分を摂ることね」と笑いつつ、女優のアネット・ベニングの存在を“お手本”として挙げてくれました。

「少し前に飛行機の中で、彼女が出演する『Film Stars Don't Die in Liverpool』という映画を観たけど、その中の彼女がとっても美しかったんです。それから、別のあるパーティでのスピーチを目にする機会があったんだけど、洗練され、ウィットに富んでいて『あぁ、これが歳を重ねるということなら大歓迎だわ』と思ったの。歳を重ねるということが、知恵が付くということであるなら、それはプライスレスだと思うし、20代に戻りたいなんて思わない。自分が自分であることが、どんどん心地よくなってきているわ」。

ミシェル・ウィリアムズ - (C) Getty Images
30代に差し掛かったころの『ブルーバレンタイン』、『マリリン 7日間の恋』といった作品での彼女も美しく、魅力的ですが、本作をはじめ、近年のハリウッドでいま、最もカッコいい母としてのミシェルの美しさ、強さもぜひご注目あれ!
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top