【インタビュー】榮倉奈々と安田顕が“夫婦”を語り合う!「言葉じゃない」「積み重ねに勝るものなし」

映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』は、入籍から3年を迎えようとしているある夫婦の物語。主人公の夫婦を演じた榮倉奈々&安田顕が、結婚とはなんぞや? 夫婦とはどんな関係なのか? 熱く語り合う!

最新ニュース
安田顕×榮倉奈々『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』/photo:You Ishii
  • 安田顕×榮倉奈々『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』/photo:You Ishii
  • 安田顕×榮倉奈々『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』/photo:You Ishii
  • (C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会
  • 安田顕『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』/photo:You Ishii
  • 榮倉奈々『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』/photo:You Ishii
  • 『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』 (C)2017「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会
  • 安田顕『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』/photo:You Ishii
  • 『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』本ポスター (C)2017「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会
「結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私は、あなたと結婚したいのです」。昨年、結婚情報誌のそんなキャッチコピーが多くの人々の共感を呼んだのは記憶に新しいところ。

多様な価値観、生き方が広がる現代において、結婚“だけ”が人生において幸せをもたらしてくれるものではないというのはまさにおっしゃる通り! そしてもうひとつ、全ての結婚が幸せなものであるとも限らないのも、また真理…。

結婚が“ゴールイン”と表現されることがたびたびあるけれど、結婚(式)や入籍はゴールどころかあくまでも夫婦生活のスタート。結婚とは“点”ではなく、“線”なのだ。

映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』は、入籍から3年を迎えようとしているある夫婦の物語。主人公の夫婦を演じた榮倉奈々&安田顕が、結婚とはなんぞや? 夫婦とはどんな関係なのか? 熱く語り合う!

安田顕×榮倉奈々『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』/photo:You Ishii
「3年経ったら、これからも結婚生活を続けるか、互いの意思を確認する」と約束して入籍したちえ(榮倉さん)とじゅん(安田さん)。まもなくその3年を迎えるが、そんな矢先、じゅんが仕事から帰宅すると、毎晩、ちえが様々な趣向を凝らした“死んだふり”をして彼を出迎えるようになる。驚き、戸惑い、ちえの真意を測りかねるじゅんだったが…。

――タイトルそのまま、榮倉さん演じるちえが毎晩、死んだふりをして夫のじゅんを迎える様子が(実に15パターン!!)描かれる本作。タイトルの情報以外に、一体どんな映画なのかと説明するのが難しい作品ですが…。

安田:「どんな映画?」と聞かれたら、夫婦の映画ですよね?

榮倉:夫婦愛の物語でしょうか…。コメディと言われてもしっくりこないですし、「こんなジャンル」という枠にはめるのが難しい作品だと思います。タイトルからは想像できないような深いテーマが描かれています。

安田:テーマは「夫婦」ですけど、その中でもいろんな夫婦の形があるということが、李闘士男監督の世界観で描かれます。

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会
――その中で、ちえとじゅんの夫婦に関して、おふたりはどのような印象を持たれましたか?

榮倉:ちえさんは、私の中にはない発想が次々と出てくる女性だなぁ…と思っていたのですが、だんだん物語が進むにつれて、彼女の内面、彼女の中に流れている愛情や優しさが、実はとても普遍的なものなんだなと感じました。最初は、死んだふりをして夫を待つ妻って、遠い存在かなと思っていたのですが、2人で時間を積み重ねていくデコボコの夫婦の在り方がうらやましくも思えてきました。

安田:僕は、一見、なさそうでない夫婦だなと思ってましたね。
あぁ、こういう夫婦、なかなかいなさそうで、いないなぁと(笑)。いや、でも不思議なもので、映画を観ていくうちに「あ、いるかもね」って思えてきました。

――じゅんは、決して鈍感でも無神経でもなく、優しく真面目にちえに向き合い、彼女がなぜ毎晩、死んだふりをするのか? その真意を理解しようとしますが、ご自身と近い部分は…?

安田:一切ないですね(即答)。僕はじゅんさんみたいな思いやりの深い人間ではないですから、日々、反省に次ぐ反省ですよ。

安田顕『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』/photo:You Ishii
――もしも、仕事から帰ったら、奥様が死んだふりをしていたら…?

安田:離婚ですね(笑)。

榮倉:3年待たずにですか…(笑)?

安田:即別れますね。いやいや、ウソです! 

(C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会
――この映画に参加されて、作品を通して夫婦や結婚について何か思うことはありましたか?

榮倉:やっぱり、積み重ねに勝るものはないのかなと思いました。夫婦って他人同士が一緒になって、時間を積み重ねていくものだと思うのですが、それは仕事仲間にも、友人関係にも言えることだと思います。時間を積み重ねて人と繋がるって素敵なことですよね。

安田:僕ね、完成した映画を観たときも、夫婦について考えさせられましたけど、3日経てば忘れちゃうんですよね。まあでも、その方がいいんじゃないですかね? 何度も映画を観てもらえるでしょ?

(C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会
――映画ではもう一組、じゅんの後輩の佐野壮馬(大谷亮平)とその妻・由美子(野々すみ花)の夫婦も登場します。まさに「いろんな形の夫婦がある」という言葉通り、ちえとじゅんとはまた異なる関係性で、彼らなりの選択をするさまが描かれます。

安田:大谷さんは顔が濃いよね(笑)? いやぁ、濃いなぁと…。結構、ディープな問題を扱ってはいるけど、この映画ならではのライトな語り口だからこそ、ああいう夫婦の形が描けたのかなと思いますね。

榮倉:そうですね。

安田:バッティングセンターで、ちえさんと由美子さんが2人で話すシーンあるじゃない。完成した映画であれを観て、あぁ、女性ならではの会話だなぁって。逆に僕と大谷さんは、男2人で居酒屋で酒飲みながら、男の悩みを吐露して…あの対比がすごく好対照でいいなぁって思いましたね。

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会
――同じバッティングセンターで、自身の悩みをポロリと口にした由美子に対して、ちえが「何も言えなくて…」と返すやりとりも印象的です。

安田:正直に言うのね! 素敵なシーンです。ちえさんは照れ屋で人見知りなところはあるんだけど、他人を慮(おもんぱか)るってのはそれとは別のことなんですよね。他人を思いやるからこそ、ああいう言葉が出てくる。素敵ですよね。

榮倉:言葉って、本当に拙いものなのだと思います。言葉で表現できることは、本当に少ないな、と感じました。佐野夫婦を通じて、ちえさんたちとはまた違う、現代の女性や夫婦の悩みや葛藤がしっかりと描かれていて、心に刺さるものが多いだろうと思いました。

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会
――ちなみにお2人は、相手に対して希望や不満をハッキリと言葉で伝えるタイプですか? それとも言葉ではなく察してほしいですか?

安田:私はなるべくしゃべろうとしてるんですけど、奥さんはどうも聞き取れてないみたいね…(苦笑)。結婚して8年目くらいのときかな? 「ずっと言おうと思ってたんだけど…」って切り出されて「ごめん、正直、何言ってるのかわかんないときがある」って。あぁ、夫婦って言葉じゃないんだなって思いましたよ。

榮倉:でも奥さまは、8年間それを言わずにいたのですね。

安田:思い返せば確かに、話しながらだんだん、会話が噛み合わなくなっているな…と感じることはあったんですけど、聞き取れていなかったのかと。

榮倉:誰に対しても伝えて解決することは伝えたいとは思いますが…この2人(ちえ&じゅん)を見て思ったのは、伝えたいこと、つまりゴールが“ここ”にあったとしても、それぞれ使う言葉が違うので、ちえさんがこのゴールに行くために選んだ言葉でも、じゅんさんの気持ちがそこにはたどり着かなかったりするんですよね。だからこそ、ちえさんはじゅんさんが彼なりの感覚でこのゴールにたどり着けるようにと工夫してるんだろうな、と思います。そこまできちんと考えられたら、と思いますが、それってとても難しいことですよね。

榮倉奈々『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』/photo:You Ishii
――確かに、言葉の選択ひとつで相手を喜ばせることも傷つけることもあるし、同じひとつの言葉から受け取る情報量やニュアンスは夫婦の間でもバラバラかもしれませんね。

榮倉:私自身、言葉ではっきり伝えたいとは思っているのですが、簡単に自分が言いたいことを言えば解決できるわけでもないのかな、と思います。

安田:大人になったねぇ…。素晴らしい! いや、(榮倉さんのことを)10年くらい前から知ってるんですよ。こんなに大人になって。僕なんて何ひとつ変わってないどころか、むしろひどくなってるからね。いやぁ、いまの言葉で決まりでしょ! バシッと来たね!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』本ポスター (C)2017「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会
――最後に改めて、お2人からこの作品を通して「結婚」「夫婦」とはどういうものなのか? それこそ親友の結婚式披露宴のスピーチをするくらいのつもりでガツンとお答えをお願いできますでしょうか?

榮倉:難しいですね…(苦笑)。この映画を観てそれぞれ何かを感じてくれると嬉しいです。

安田:僕ね、結婚に関しては「一人前になるまではできない」って思ってたんです。でもよく考えたら、一人前って誰が決めるんだ? って。それから、いや、半人前のままでもいいのかな? くっついて、妻と2人で一人前になれるかもしれないし、それでいいんじゃないかなって思って結婚んです。

安田顕『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』/photo:You Ishii
――いいお話ですね。

安田:で、実際に結婚してみて思ったのは、喜怒哀楽どころじゃなく、本当にいいことも悪い部分も全部を分かち合うってことなのかもしれないなって。もちろん、夫婦の中には「性格の不一致」とか「価値観の違い」を理由に別れる人たちもいるし、それはそれで選択なんだけど、ただ不一致も夫婦の一部なんですよね。合わないところ、うまくいかない部分もたくさんあって、それがあるからこそ、逆に何かを共有できる喜びが、すごく大事なものになっていくんじゃないかなって思いますね。

榮倉:とても素敵なお話ですね! 安田さんも仰る通り、積み重ねなのかなと思います。全くの他人が一緒に生活すれば、やっぱりいいところも悪いところもあるでしょうし。いいところも悪いところも相手に受け入れてもらわないといけないですし、こちらもそれを受け入れないといけない。それって修行ですけど、でも、時間を積み重ねていかないと、出来上がらないものがあるということは救いでもありますし、とても素敵なことだな、とこの作品を通して感じました。

安田顕×榮倉奈々『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』/photo:You Ishii
《text:Naoki Kurozu/photo:You Ishii》

関連ニュース

特集

page top