桐山漣が見せる演技の幅に注目! 怪演から年下主演の魅力引き出す名演まで

最新ニュース

「テニミュ(ミュージカル・テニスの王子様)」シリーズで頭角を現し、2009年放送の「仮面ライダーW」では菅田将暉とW主演を張り、その後も「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~」(2011年)に出演するなど、正統派のイケメン俳優として活躍してきた桐山漣。

30代になったいまも端正な顔立ちは相変わらずですが、演じる役柄に関しては、単なるキラキラのイケメンとは一線を画した、個性的なキャラクターにも次々と挑戦。20代前半の頃とはひと味違った存在感を見せています。

桐山漣『曇天に笑う』/photo:You Ishii桐山漣『曇天に笑う』シネマカフェインタビューより

■ドラマ「正義のセ」&「ドルメンX」で自身のキャリアをセルフパロディ


まもなく公開となる映画『劇場版ドルメンX』は、日本テレビで放送されたドラマのその後までを描く劇場版。志尊淳、堀井新太、浅香航大、そして2.5次元作品で絶大な人気を誇る小越勇輝らが地球侵略を目論む宇宙人を演じており、彼らがトップアイドルとして活躍することで誰にも気づかれずに地球を制覇しようとするという“スポ根系アイドルコメディー”です。

桐山さんが演じるのは、地球人で2.5次元ミュージカル「力士の貴公子」で座長を務める人気俳優の実光修吾。志尊さんら宇宙人の存在を面白がり、彼らに地球人の生き方やすばらしさを教えるという役どころです。劇場版ではドラマの1話から4話に加えて、彼らの15年後の姿も描かれますが、年を取らない宇宙人たちに対し、普通の地球人である修吾は当然、15年経てば見た目も中身も年相応に変化し…と、コメディタッチながらも意外と(?)深いドラマが描かれており、当然、桐山さんの存在が映画でもカギを握ることになります。

「ドルメンX」「ドルメンX」では大人気の2.5次元俳優に
上記の役柄の説明で気づいた方も多いでしょうが、この修吾という役柄、桐山さん自身のキャリアをパロディ化したような人物設定になっています。同様のことが、つい先日放送された、同じく日本テレビの連続ドラマ「正義のセ」でも見られました。

同作は吉高由里子が検事として事件にあたっていく1話完結のドラマですが、第8話のゲストとして桐山さんが出演。ここで演じたのは、人気俳優の光岡駿太という役柄で、あるひき逃げ事件で、光岡のマネージャーを務める男性が被疑者となりますが、実はこのマネージャーは、交際中の女優の元に向かう途中に事故を起こした光岡を守るために身代わり出頭しており…というお話。光岡は劇中の作品「電磁戦士プラズマン」に出演した特撮ヒーロー出身となっており、「仮面ライダーW」に主演した桐山さんを明らかに意識した設定となっています。

■「僕たちがやりました」でホームレス&ゲイ役で強烈なインパクト


ドラマといえば、近年の桐山さんの出演作品で、大きな反響を呼んだのが、昨年、放送された窪田正孝主演の「僕たちがやりました」(関西テレビ、フジテレビ系)。同名漫画を原作に、ちょっとした出来心で仕掛けたイタズラが、爆破事件として多数の犠牲者を出してしまい、しかも逮捕を免れた高校生たちの罪悪感、彼らが犯した罪に向き合っていく姿を描いた青春ドラマです。

このドラマにて、逃亡生活中の主人公・トビオ(窪田さん)が、路地裏で出会うホームレスでゲイのヤングさん役として桐山さんは第4話から登場。トビオはヤングさんにホームレスとしての生き方を教わり、彼の何にもとらわれない自由な姿に尊敬の念を抱き、彼を人生の“パイセン”として慕います。しかし「やりたいときにやりたいことをやる」のを信条とするヤングさんは、いきなりトビオに襲い掛かります。必死で逃げようとするトビオにヤングさんは「視野を広げろ!」「自分を解放しろ!」と説き、トビオのズボンを引きずりおろし、ひと言「プリーズ オープン ザ ゲート」。

このシーン、最終的には、トビオがこうして襲われかけたことで、自分が幼なじみのヒロインにした行いを後悔し、謝りにいこうと決断するという深い(?)展開に…。桐山さんのシュールかつコミカルな熱演に対しては、原作ファンからも「再現度がすごい!」と絶賛の声があがりました。

もちろん、こうした個性派の“インパクト大”な役柄のみならず、従来のキリリとカッコいい役でも健在! この春に公開された、人気漫画を原作に2.5次元作品としても高評価を得た作品の『曇天に笑う』映画化では、福士蒼汰が演じる主人公・天火の家に居候する風魔の忍びである白子を好演。天火とその弟たちを優しく見守り、和装でたすきをかけて、食事の用意をしたり、アイロンをかけるなど家事をこなす白子の姿にキュンとなった女子ファンも多いはず!

『曇天に笑う』(C)2018映画「曇天に笑う」製作委員会 (C)唐々煙/マッグガーデン『曇天に笑う』のキリッとした和装姿

■イケメン役も健在! 福士蒼汰、志尊淳ら年下イケメン主人公の魅力を引き出す!


また、あの「逃げるは恥だが役に立つ」の原作者・海野つなみの漫画をNHKでドラマ化し、4月から放送されまもなく最終回を迎える「デイジーラック」にも出演中。4人の女性メインキャストのひとりである薫(夏菜)のライバル会社のやり手の営業マン・大和を演じており、一見、嫌味そうだが仕事に対しては誠実・公平で、徐々に薫とはビジネス上のライバルという関係を超えて、距離を縮めていくという役柄で、ミステリアスなイケメンオーラをムンムンと出しまくっています!

『曇天に笑う』の主演・福士さんとは8歳(学年でいうと9つ)、『ドルメンX』主演の志尊さんとは丸々10歳、離れていますが、年下の主演イケメンと絶妙な距離にあるキャラクターとしてしっかりと己の存在感を発揮しつつ、きちんと彼らを立て、主人公の魅力を引き出すという点で、30代を過ぎて新たなポジションを確立したといえるかもしれません。

と、ここまで“助演”としての桐山さんの魅力を紹介してきましたが、主演作でも挑戦的な役柄を演じています。昨年、放送された連続ドラマ「コードネームミラージュ」は、日本の実写作品ではあまり見られなかったタイプのまるで海外ドラマやアニメのようなアクション作品。桐山さんは、クールなエージェント“ミラージュ”を演じ、ほとんどセリフがない(※他人との接触が苦手でほぼ余計な会話をすることがない)一方で、キレキレのスタイリッシュなアクションを披露していました。

かように主演、助演を問わず、イケメンから個性派まで多彩に活躍中の桐山さん。現在33歳ですが、30代半ば、40代に向けて、今後も様々な作品で、まだまだ発掘されていない新たな一面を見せてくれそうで、要注目です!
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top