綾野剛、「豊川さんを通して見つけられた」“掛十之進役”への思いとは…『パンク侍、斬られて候』

綾野剛が主演し、脚本を宮藤官九郎、監督を石井岳龍が務めた話題作『パンク侍、斬られて候』が、今月末公開。この度、本作で主人公・掛十之進を演じた綾野さんが、十之進の“十”の字に込めた思いを明かした。

映画
『パンク侍、斬られて候』(C)エイベックス通信放送
  • 『パンク侍、斬られて候』(C)エイベックス通信放送
  • 綾野剛/『パンク侍、斬られて候』完成披露舞台挨拶
  • 『パンク侍、斬られて候』 (C)エイベックス通信放送
  • 綾野剛/『パンク侍、斬られて候』完成披露舞台挨拶
  • 國村隼、豊川悦司、綾野剛、浅野忠信/『パンク侍、斬られて候』完成披露舞台挨拶
  • 『パンク侍、斬られて候』 (C)エイベックス通信放送
  • 『パンク侍、斬られて候』(C)エイベックス通信放送
  • 『パンク侍、斬られて候』 (C)エイベックス通信放送
綾野剛が主演し、脚本を宮藤官九郎、監督を石井岳龍が務めた話題作『パンク侍、斬られて候』が、6月30日(土)より公開される。この度、本作で主人公・掛十之進を演じた綾野さんが、十之進の“十”の字に込めた思いを明かした。

>>『パンク侍、斬られて候』あらすじ&キャストはこちらから

主人公・掛十之進はカメレオン侍!?


今回綾野さんが演じている掛十之進は、超人的な剣術の腕を持ちながら、どの藩にも仕えることができず、日本中を放浪している“プータロー侍”。また、もう1つの武器は、あらゆる状況を自分の都合のいいように丸め込んでしまう、その弁舌だ。

『パンク侍、斬られて候』 (C)エイベックス通信放送
そんなこれまでの侍像を打ち砕く、まさに超破天荒なこのキャラクターについて綾野さんは、「一作品で、これだけ様々な共演者の方とご一緒できるというのは、ものすごく“役者冥利”に尽きますし、掛にとってもそういう色々な登場人物と介することによって、掛自身が変幻自在に変わってゆく。掛十之進が一之進ではなく、十之進である理由もそこにあると思っています」とコメント。様々な登場人物との掛け合いから、カメレオンのように変色してゆく掛十之進の個性を明かした。


「主役が周りのキャラクターに合わせてトーンを変えてゆく」


掛の口達者で超テキトーな侍というユニークな侍像は、周りの状況や登場人物のテンションに合わせて自在に色を変えてゆく綾野さんの演技によって生み出されたそうで、綾野さんは「共演者の皆様のキャラクターが本当にカラフルで強烈な個性を持っているので、それを一度受け止め、その皆さまのキャラクターのカラーに掛を合わせていったのです」と明かし、「主役のトーンに周りが合わせてゆく場合もあるとは思うのですが、今回は主役が周りのキャラクターに合わせてトーンを変えてゆくのがこの作品には一番だと思ったのです」と、そんなキャラクターを表現した理由を語っている。

『パンク侍、斬られて候』 (C)エイベックス通信放送

掛役完成は“腹黒い狸オヤジ”豊川悦司のおかげ!?


掛を完成させるまでには、かなりの苦労があったという綾野さん。「とても難しい役どころでした。クランクインしてしばらくしてやっと周りが見えるような状況でした」とふり返り、「それまでは掛十之進をどのように表現してゆくかということに集中する時間が長かったのです。役を掴むためにとても助かったのは、初日から豊川さんとご一緒できたことです。掛のありかたは、豊川さんを通して見つけられた部分がたくさんありました」とその糸口を掴むことができたのは、共演の豊川悦司の存在があったと言う。

豊川さんが演じたのは、掛がなんとかして召し抱えられようと画策する黒和藩の筆頭家老・内藤帯刀。また、あらゆる処世術で江戸の乱世を渡り歩いてきた、掛すらも想像ができぬほどの“腹黒い狸オヤジ”であり、内藤と掛との掛け合いは本作でも必見のシーン。

國村隼、豊川悦司、綾野剛、浅野忠信/『パンク侍、斬られて候』完成披露舞台挨拶『パンク侍、斬られて候』完成披露舞台挨拶
豊川さんは「掛を演じられた綾野さんとはとても良いコミュニケーションが取れて、撮影もスムーズでとても楽しかったし、嬉しかったです」と綾野さんとの共演について語り、「以前CMで1年くらい一緒にやっていたこともあるので、そういう意味では同窓会まではいかないまでも、安心してお芝居ができる環境を作って頂いたのだと思いますね」とふり返っている。

『パンク侍、斬られて候』は6月30日(土)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top