“トッシー”柳楽優弥の快演に小栗旬ら「強烈すぎる…」『銀魂2』笑いの絶えない「万事屋」に潜入

最新ニュース

『銀魂2 掟は破るためにこそある』現場取材(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
  • 『銀魂2 掟は破るためにこそある』現場取材(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
  • 『銀魂2 掟は破るためにこそある』現場取材(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
  • 『銀魂2 掟は破るためにこそある』現場取材(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
  • 『銀魂2 掟は破るためにこそある』現場取材(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
  • 『銀魂2 掟は破るためにこそある』現場取材(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
  • 『銀魂2 掟は破るためにこそある』現場取材(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
「週刊少年ジャンプ」が誇る大人気コミックを福田雄一監督&小栗旬主演で映画化し、昨年度の実写邦画No.1に輝く大ヒット作となった『銀魂』。その熱い支持を受け、前作からわずか1年後の今夏に公開されるのが、待望の続編『銀魂2 掟は破るためにこそある』だ。

劇場公開に向けて現在も鋭意製作中の『銀魂2』だが、クランクインから1か月以上が過ぎた去る3月下旬、マスコミに向けて撮影現場が公開されることに。都内の映画スタジオで行われていた撮影の模様を見学することができた。

『銀魂2 掟は破るためにこそある』現場取材(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
『銀魂』シリーズの舞台は、宇宙からやって来た天人(あまんと)が台頭するパラレルワールドの江戸時代末期。かつて隆盛を極めた侍が衰退の一途をたどる中、侍魂を堅持し続ける主人公・坂田銀時(小栗旬)、彼と共に何でも屋“万事屋銀ちゃん”を営む志村新八(菅田将暉)と神楽(橋本環奈)らが、様々な事件に遭遇していく。

『銀魂2』では、金欠に陥り家賃も払えない万事屋の面々がバイトを始めることに。一方その頃、江戸の治安を守る特殊警察・真選組内では内紛が勃発し、真選組始まって以来の危機が起こる。さらに、事態は将軍を巻き込む大騒動へと発展。いざというときこそ頼れる“真のヒーロー”、銀時はどう立ち向かうのか…。


前作のクランクイン当日に、「早くもキャストやスタッフから続編製作を熱望する声が出ていた」と明かすのは松橋真三プロデューサー。「映画を超え、もはや1つのカルチャーを作っている感覚」とも言い、続編に対する手応えを示す。そんな松橋プロデューサーをはじめ、撮影を目にする者たちは日々「死ぬほど笑わせてもらっている」とも。怒涛のアクションと熱い友情ドラマに、てんこ盛りの笑いをのせた『銀魂』らしさは続編でも健在のようだ。

『銀魂2 掟は破るためにこそある』現場取材(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
お披露目されたのは、「死ぬほど笑わせてもらっている」との言葉を実感できるシーン。もはやおなじみとなった万事屋のセットに、銀時、新八、神楽の3人がいる。並んで座る3人の正面に目を向けると、真選組副長・土方十四郎(柳楽優弥)の姿が。しかし、その姿はいつもの切れ者然とした土方ではなく、漫画やアニメをこよなく愛する“トッシー”だ。彼が変貌を遂げた詳細は本編にて…だが、いわゆるオタクキャラと化した柳楽さんの大熱演には小栗さんらも茫然。銀時に向かって「坂田氏~」と呼び掛けたり、語尾に「ござる」をつけたり、グラビアカメラマンのように神楽の写真撮影をおもむろに始めたり。リハーサルから本番までテンションMAXの柳楽さんと、笑いをこらえるのに必死の小栗さん、菅田さん、橋本さん。ついには、菅田さんが吹き出してしまう姿や小栗さんが柳楽さんの後頭部をはたくツッコミのアドリブも見られた。

『銀魂2 掟は破るためにこそある』現場取材(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
オタクキャラのトッシーとして、台本にはないアドリブを次々と繰り出し、そのたびに小栗さんらの口元をひくつかせる柳楽さん。実は一連の撮影が始まる前、スタジオの外には台詞の読み合わせをする福田監督と柳楽さんの姿があった。ひたすら楽しげな撮影の裏には、1つ1つの台詞の発し方や手足の動きにまで気を払う監督とキャストの繊細な尽力が。それは「面白過ぎて笑いが止まらなくなる!」「強烈過ぎる!」「すごいよ!」と、口々に柳楽さんを絶賛する小栗さん、菅田さん、橋本さんも同様。カットとカットの合間にはセットの片隅で円を作り、自ら台詞の読み合わせを始める3人の姿を見ることができた。勢いのあるギャグシーンも、その場のノリで生まれているわけではない。作品を愛する者たちの真摯な取り組みこそが、作品の中の笑いを生む。座長として先頭に立つ小栗さんをはじめ、ぴったりの呼吸を見せるキャスト陣がそれを体現していた。

『銀魂2 掟は破るためにこそある』現場取材(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
ちなみに、この日の撮影には、福田監督と旧知の人気俳優がひょっこりとセットを訪れる一幕も。「僕も出演したいなあ。オーディションを受けようかなあ」と呟く彼に対し、「出演しちゃいなよ!」と提案する小栗さん。このやりとりは(おそらく)冗談だろうが、役者なら誰もが出演したくなる作品であることは間違いない。前作から続投するキャストはもちろん、次々と発表される新キャストの豪華さからもそれが分かる。果たして、どんな作品に仕上がるのか…。本編の完成、そして8月17日の劇場公開が非常に楽しみだ。

『銀魂2 掟は破るためにこそある』現場取材(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会

■キャスト陣コメント到着!


――今回お笑いのパートがすごく多く、特に万事屋が絡んだシーンが多いと思いますが、ふり返ってみていかがですか?
小栗旬(坂田銀時役):毎回楽しいですけどね。この現場のコメディシーンはコントみたいなことなので、芝居とは違うなということをいつも感じながら演じています。それをみんなが理解した上で福田監督のもと面白いものを探しているというのがこの現場なので、やっぱり面白いです。さらに、すごくみんなが前向きに取り組んでいるので、そこがとても良い現場だなと思っています。

――アクションも笑いの部分もパワーアップしていますが、1年半ぶりの現場はいかがでしたか?
菅田将暉(志村新八役):やっぱり前作を経験しているので、キャラクターも浸透していますし、スタッフさんも変わらずの方ばかりでしたので前作より演じやすかったと思います。前作は探り探りでしたが、特に小栗さんは物凄い自由度が上がっていて、色んな何かが払拭されたように感じました。今回万事屋三人のシーンがたくさん出来たというのはあるんですが、銀ちゃん、神楽とツッコむのが忙しかったですね(笑)。今作は「銀魂」らしさというのが、よりパワーアップしていると思います。

――ストーリーもアクションも笑いも全てパワーアップしている台本だったと思うのですが、久しぶりの現場の率直な感想は?
橋本環奈(神楽役):戻ってきた、という感じがしました。『銀魂』の現場は、とてもアットホームですし、それこそ長時間の撮影で、アクションやコメディーの緊張感だったり緊迫感というのはあり、楽しく撮影しながらもボケてる側も実はハラハラしながらセリフを言っていたりするので、そういう良い緊張感を持ちつつ、でもやはり根底にはファミリー感があり、しっかり楽しみながら演じてられているという事を感じていました。そして、撮影中はずっと小栗さんや皆さんで、これは名作ですよ、これは良い作品が出来たよって、前作を「パート2」は超えたよ、と皆で言っていたので、それくらい、本当に皆さんに期待していただける作品になったんじゃないかなと思います。

――万事屋の3人にお願い事をしに行くシーンはいかがでしたか?
柳楽優弥(土方十四郎役):楽しかったですね。福田監督に時間とか尺を気にしないでやりたいだけ、悔いのないようにやってと言っていただけたので、そこはもう佐藤二朗さんとムロツヨシさんに負けないようにしないと、という変なポテンシャルというか、誰かを笑わせたいなと思ってました。もともと笑わせたい欲が強いので、今作はフル回転でしたね。

――神楽を撮影するシーンのアドリブについて。
柳楽優弥(土方十四郎役):楽しかったですよ。まさにあそこが好きなようにやってと言われていたシーンだったので。神楽ちゃん可愛いので最高でした(笑)。

『銀魂2 掟は破るためにこそある』は8月17日(金)より全国にて公開。
《text:Hikaru Watanabe》

関連ニュース

特集

page top