佐野&中川&高杉&横浜ら最旬の若手俳優が総出演!『虹色デイズ』実写化の魅力を徹底分析

いまなお多くの読者に愛され続けている「虹色デイズ」。本作が満を持して、いま最も話題のある若手俳優をキャスティングし実写化された。近年多くの少女マンガが実写化される中、本作にある魅力を掘り下げる!

映画
『虹色デイズ』(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社
  • 『虹色デイズ』(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社
  • 『虹色デイズ』(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社
  • 『虹色デイズ』(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社
  • 『虹色デイズ』(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社
  • 『虹色デイズ』(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社
  • 『虹色デイズ』(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社
  • 『虹色デイズ』オフショット(C)2018「虹色デイズ」製作委員会
  • 『虹色デイズ』(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社
「別冊マーガレット」(集英社)で連載され、いまなお多くの読者に愛され続けている「虹色デイズ」。本作が満を持して、佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、中川大志、高杉真宙、横浜流星という、いま最も話題のある若手俳優をキャスティングし実写化された。近年多くの少女マンガが実写化される中、本作ならではの魅力を掘り下げる!

■あらすじ


『虹色デイズ』(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社ピュアで元気な愛されキャラの【なっちゃん(羽柴夏樹)】、チャラくて女好きなモテ男の【まっつん(松永智也)】、秀才で超マイペースなオタクの【つよぽん(直江剛)】、いつもニコニコ実はドSな【恵ちゃん(片倉恵一)】。性格も趣味もまったく違うのに、4人はいつも一緒な仲良し男子高校生。おバカでお騒がせな楽しい毎日を過ごしていたが、恋に奥手のなっちゃんが同級生・杏奈に片想いしたことで、4人の日常に変化があらわれ…!?

■原作は2012年に連載の始まった、水野美波の代表作!


『虹色デイズ』(C)2018『虹色デイズ』製作委員会(C)水野美波/集英社マーガレットコミックス「別冊マーガレット」(集英社)にて2012年から2017年まで連載され、単行本の販売数は、累計300万部を突破している、水野美波の少女コミックが原作となる本作。今回の実写化に際し、原作者の水野氏は「この度、虹色デイズを実写映画にして頂けることになり、素敵過ぎるスタッフ・キャストの皆様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです!」と喜びを隠しきれない様子。

さらに「この漫画は個性が強い二次元的なキャラクターたちばかりなのですが、きっと三次元でも変わらず楽しくわいわいアホなことをするんだろうなぁと思っております。観て下さる方にとって、共感だったり、憧れだったり、懐かしさだったりそれぞれ好きな気持ちで楽しめる映画になればいいなぁと思います」と原作の良さが実写化にも生かされることをコメントした。

そんな原作を映画化するにあたり、本作のプロデューサーは、少女マンガの実写化作品が飽和状態を迎えたいまだからこそ「男子高校生の目線で描かれる青春ストーリー」という斬新さに惚れ込み、企画をスタートさせたという。そして、オファーを受けた飯塚健監督は、原作を一読し「俗に言う少女マンガのフォーマットではなく、自分に声を掛けていただいた意味を理解した」と快諾。「荒川アンダー ザ ブリッジ」や「REPLAY&DESTROY」など、男子を中心にした“わちゃわちゃ”青春群像を手がけてきた飯塚監督が描く、“男子目線で語られる恋”が期待を集めている。

■若手の俳優、女優が勢ぞろいする、フレッシュすぎるキャスティング!


『虹色デイズ』(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社高校生の青春を描いているだけに、キャスティングもフレッシュ感溢れる、ある意味でほかの映画では見られない出演陣が実現している。まずはカルテット主演を務めた、イマ旬の4人をご紹介。

“なっちゃん” 羽柴夏樹役/佐野玲於


『虹色デイズ』(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社「GENERATIONS from EXILE TRIBE」にてパフォーマーを務める佐野さん。本作で初主演を務めており「果たして自分で務まるのか」と不安を口にしつつも、「監督や周りのキャストの皆さんから色々なことを吸収しながら、『虹色デイズ』が大切にしている友情や色褪せない日常を表現していけたらと思います」と意気込みをあらわにする。


“まっつん” 松永智也役/中川大志


『虹色デイズ』(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社チャラくて女好きなモテ男“まっつん”を演じるのは、ドラマ「賭ケグルイ」「花のち晴れ~花男 Next Season~」や『覚悟はいいかそこの女子。』など話題作に引っ張りだこの中川さん。初めて原作を読んだときに「笑撃」を受けたと言う中川さんは、「少女漫画なのにシュールに描かれる主人公の男子4人のやり取りを、映画でも、より生っぽく表現できたら良いなと思っています」とコメント。


“つよぽん” 直江剛役/高杉真宙


『虹色デイズ』(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社秀才で超マイペースなオタクの“つよぽん”こと直江剛役には、「第9回TAMA映画賞」で最優秀新進男優賞を受賞し、主演映画『世界でいちばん長い写真』が公開中、「賭ケグルイ」「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」などでも好演を見せた高杉さん。「自分自身、以前からこの作品が好きで、僕が演じる“つよぽん”と僕は、アニメ漫画などが好きなところなど、共感する部分がかなりあると思います」と原作ファンだという高杉さんは、「佐野さん、中川君、横浜君と一緒にこの世界で生き、ともに青春を歩んでいきたいと思います」と撮影に向け気合十分の様子だった。

“恵ちゃん” 片倉恵一/横浜流星


『虹色デイズ』(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社いつもニコニコしているが、実はドSな“恵ちゃん”こと片倉恵一を演じるのは、『オオカミ少女と黒王子』『honey』『兄友』など青春・恋愛映画への出演が続く横浜さん。本作の監督を務めた飯塚健とは、ドラマ「放課後グルーヴ」以来4年ぶりのタッグとなり、「少しでも成長した姿を見せたい」と意気込み、「4人の空気感を大切に、楽しく恵一を演じたいです。皆さんご期待下さい」とコメントを寄せた。

■女性陣にもネクストブレイク候補が続々


『虹色デイズ』(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社愛すべきおバカな男子高校生4人と、青春を繰り広げる女性キャストには、吉川愛、恒松祐里、堀田真由、坂東希(E-girls/Flower)らが出演し、こちらも大きな話題を呼んでいる。

小早川杏奈役/吉川愛


佐野さん演じる“なっちゃん”が片想いする、ちょっぴり天然で大人しい杏奈を演じるのは、子役の頃から「山田太郎ものがたり」「メイちゃんの執事」など映画・ドラマ・CMに出演する吉川さん。なっちゃんに想いを寄せられるまで、恋というものを知らなかったが、少しずつ意識し始めて変わっていく心の機微を、繊細な演技で表現していく。

筒井まり役/恒松祐里


杏奈の親友で大の男嫌い&毒舌という、まりを演じるのは、『サクラダリセット』『散歩する侵略者』「5→9~私に恋したお坊さん~」などに出演する恒松さん。男嫌いゆえ、大切な杏奈に近づくなっちゃんには怖い態度で接するものの、中川さん演じる“まっつん”の熱烈なアプローチと優しさに触れていくうちに変わっていく、少し寂しがり屋な女の子を好演。

浅井幸子役/堀田真由


高杉さん演じる“つよぽん”の彼女で、コスプレ好きな女子高生・ゆきりんこと幸子を演じるのは 、連続テレビ小説「わろてんか」に出演した堀田さん。劇中、唯一のカップルでいつも明るい笑顔を見せる一方、進路に悩むつよぽんを健気に支えようとする芯の強い一面を持っている。

千葉黎子役/坂東希


「E-girls/Flower」のパフォーマーで、ファッションモデルとしても活動する坂東さんが演じるのは、男子4人のクラスメイトでバレー部の活発女子、千葉ちゃん。男子4人の恋や友情を近くで温かく見守りながら、一緒に笑ったり、助言したりする女子を伸びやかに演じる。

■降谷建志が書き下ろしたエンディングテーマも聞ける予告編!



現在解禁されている、本作の予告編映像では、個性豊かなの男子たちの友情だけでなく、思わずキュンとなる恋の要素も加わったことで、10代には憧れや共感を、20代以上には仲間との青春時代を思い出す、甘酸っぱくも楽しいキラキラした映像に仕上がっている。

また、本作の予告でも流れている「ワンダーラスト」は、降谷さんがソロとして手がけるエンディング・テーマとなっており、映画からインスパイアを受けて制作された。降谷さんは「この映画と出会わなければ決して生まれることのない、選ぶことのない旋律や言葉を見出してくれてありがとうございます。晴々としたエンディングから、観る人の劇場を出るまでの歩調がほんの少し軽やかになれば幸いです」と、唯一無二の楽曲が生まれたことについてコメントを寄せている。


■中川大志、本気の恋に目覚める男気溢れるショットが公開中!


『虹色デイズ』(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社シネマカフェでは、本気の恋に目覚めていくチャラ男“まっつん”を演じた中川さんの魅力に注目。川辺に座って、あんまんを頬張るまっつんとまり(恒松さん)の姿や、高校生活最後の文化祭が近づく中、まっつんがまりに対して本気のアプローチをする姿があり、まっつんの男気が存分に感じられる。その一方で、女好きなまっつんと男嫌いなまりの、正反対な2人のやり取りは可愛らしく微笑ましい。これまでとは違う本気の恋にぶつかったまっつんが、どのようにまりとの距離を縮めていくのか、本作への期待がより一層高まる場面写真だ。

■佐野さんが高杉さんをバックハグ! 特別映像に注目集まる!



仲良し男子高校生の4人が、プールに飛び込む爽やかなシーンからスタートする特別映像では、4人それぞれの恋愛模様が余すことなく紹介されている。同級生・杏奈(吉川さん)のことで頭がいっぱいの、佐野さん演じるなっちゃんは、勉強会での彼女の私服にときめいたり、まっつんは男嫌いのまりに惹かれ、彼女の気持ちをつかもうと奮闘中。

また、高杉さん演じるつよぽんは彼女・ゆきりん(堀田さん)と放課後デートするなど、仲睦ましい様子が描かれる一方、彼女と進学の間で悩む姿も。横浜さん演じる恵ちゃんは、後輩の女の子に告白されるシーンが! 加えて今回の映像の中には、役柄さながらの仲の良さが垣間見られる撮影風景やオフショットも見ることができ、その様子にも胸がキュンキュンすること必至。

■舞台挨拶では、主演4人がそれぞれ本気モードの告白を披露!


『虹色デイズ』完成披露試写会/横浜流星公開に先立ち、都内で行われた本作の完成披露試写会・舞台挨拶では、主演4人がそれぞれ本気モードの告白を披露する場面も! 横浜さんは「あのさ…、この後さ、俺んち来る?」とコミカルにキメると、なぜか、まりの兄役を演じた山田裕貴が絶叫しながら「めっちゃキュンキュンする! 行く行く! 行くよ」とときめいていた。

『虹色デイズ』完成披露試写会/高杉真宙
2番手の高杉さんは、意外にも「俺が幸せにするので、付き合ってください! よろしくお願いします」とシンプル&硬派な告白。3番手の佐野さんは、コミカル路線で目をカッと見開いて客席を凝視し「ずっと見てるよ」と愛(?)を伝え、会場は笑いと歓声に包まれた。

『虹色デイズ』完成披露試写会/佐野玲於
そして、トリを務めるのは中川さん。この映画を一緒に見に行った帰り、というシチュエーションで「あれ? 見て! 虹出てる!」と相手の気を引きつつ、その隙に顔を近づけてチューをするという高等テクニックを披露! これには客席のみならず、共演者も悶絶し、会場は大盛り上がりとなった。

『虹色デイズ』完成披露試写会/中川大志
少女マンガの中でも特別な男子目線の恋、青春を是非チェックして。

『虹色デイズ』は7月6日(金)より全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top