菅田将暉×山崎貴監督、戦艦「大和」の陰謀を暴く!「アルキメデスの大戦」実写映画化

『ALWAYS 三丁目の夕日』『DESTINY 鎌倉ものがたり』を手がけた山崎貴監督が、菅田将暉を主演に迎え、『永遠の0』以来、再び第二次世界大戦を描く最新作『アルキメデスの大戦』の製作が決定した。

映画

山崎貴×菅田将暉『アルキメデスの大戦』メイキング(c)2019 映画「アルキメデスの大戦」製作委員会 (c)三田紀房/講談社
  • 山崎貴×菅田将暉『アルキメデスの大戦』メイキング(c)2019 映画「アルキメデスの大戦」製作委員会 (c)三田紀房/講談社
  • 山崎貴×菅田将暉『アルキメデスの大戦』メイキング(c)2019 映画「アルキメデスの大戦」製作委員会 (c)三田紀房/講談社
  • 山崎貴×菅田将暉『アルキメデスの大戦』メイキング(c)2019 映画「アルキメデスの大戦」製作委員会 (c)三田紀房/講談社
  • 「アルキメデスの大戦」原作(c)2019 映画「アルキメデスの大戦」製作委員会 (c)三田紀房/講談社
『ALWAYS 三丁目の夕日』『DESTINY 鎌倉ものがたり』を手がけた山崎貴監督が、菅田将暉を主演に迎え、『永遠の0』以来、再び第二次世界大戦を描く最新作『アルキメデスの大戦』の製作が決定した。

■ストーリー


日本と欧米の対立が激化の一途を辿っていた第2次世界大戦前の昭和8(1933)年…。日本帝国海軍の上層部は超大型戦艦「大和」の建造計画に大きな期待を寄せていた。そこに待ったをかけたのは、海軍少将・山本五十六。山本はこれからの戦いに必要なのは航空母艦だと進言するが、世界に誇れる壮大さこそ必要だと考える上層部は、戦艦「大和」の建造を支持。危機を感じた山本は、天才数学者・櫂直(菅田将暉)を海軍に招き入れる。櫂の数学的能力で、戦艦「大和」建設にかかる莫大な費用を試算し、その裏に隠された不正を暴くことで計画を打ち崩そうと考えたのだ。

「軍艦の増強に際限なく金が注がれ、やがて欧米との全面戦争へと発展してしまう。そんなことはあってはならない!」と、櫂は日本の未来を守るため、海軍入隊を決意。持ち前の度胸と頭脳、数学的能力を活かし、前途多難な試算を行っていく。だがそこに、帝国海軍内の大きな壁が立ちはだかっていく…。

山崎貴×菅田将暉『アルキメデスの大戦』メイキング(c)2019 映画「アルキメデスの大戦」製作委員会 (c)三田紀房/講談社原作は「ドラゴン桜」で一世を風靡した三田紀房(みたのりふさ)による同名漫画。1930年代の日本を舞台に、「戦艦大和建造」を巡る知略・謀略、そして“数学”を駆使した頭脳戦など、かつてない斬新な切り口で描く歴史エンタテイメント漫画だ。そんな本作の実写化で主演を務めるのは、若手トップの演技派俳優の菅田さん。『あゝ、荒野』では第41回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞するなど、確かな人気と実力を兼ね備える菅田さんが、日本の命運を握る天才数学者・櫂直(かい ただし)を演じる。

山崎貴×菅田将暉『アルキメデスの大戦』メイキング(c)2019 映画「アルキメデスの大戦」製作委員会 (c)三田紀房/講談社本作で演じるに当たって、菅田さんは「誰もが知っている戦艦『大和』から見えてくる日本人の性と、数学から浮き出てくる果てしない愚かさに、僕はロマンを感じました」とコメント、「そのスケールは非常に映画らしく、そして夢と現実に生きる僕ら現代人に突き刺さる題材だと思います。いま、やらなければならない作品だと思いました」と意欲をあらわにした。

一方、「現場では監督のニンマリ企み顔が毎日癒し」と菅田さんに言われた山崎監督は、「抜群に胸が高鳴るプロットを擁した原作に出会ったとき『これぞ映画だ!』と興奮したのを覚えています。そしてこの戦艦「大和」が抱えていた問題を考えることは、実はいまの日本という国を考えることに繋がるのではないかと感じました」と、本作が現代にも十分伝わるストーリーだとコメント。

原作の三田氏も「日本を代表する山崎監督と豪華な俳優陣は最高の組み合わせで、いまから胸が踊ります。主演の菅田さんは主人公・櫂直のイメージそのもので、若き天才数字者がぴったりだと思いました」と、本作の映像化に期待が高まる様子だ。

『アルキメデスの大戦』は2019年夏、全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top