舘ひろし、初めて菅田将暉に嫉妬?「この顔で、このスタイルで…モテないわけがない!」

『永遠の0』の山崎貴監督が、第二次世界大戦を数学者の視点で描いた映画『アルキメデスの大戦』の完成披露試写会が6月26日(水)、東京国際フォーラムにて行われ、主演の菅田将暉ら出演陣が登壇した。

最新ニュース レポート
映画『アルキメデスの大戦』完成披露試写会
  • 映画『アルキメデスの大戦』完成披露試写会
  • 映画『アルキメデスの大戦』完成披露試写会
  • 映画『アルキメデスの大戦』完成披露試写会
  • 映画『アルキメデスの大戦』完成披露試写会
  • 映画『アルキメデスの大戦』完成披露試写会
  • 映画『アルキメデスの大戦』完成披露試写会
  • 映画『アルキメデスの大戦』完成披露試写会
  • 映画『アルキメデスの大戦』完成披露試写会
『永遠の0』の山崎貴監督が、第二次世界大戦を数学者の視点で描いた映画『アルキメデスの大戦』の完成披露試写会が6月26日(水)、東京国際フォーラムにて行われ、主演の菅田将暉ら出演陣が登壇した。

『アルキメデスの大戦』は、帝国海軍という巨大な権力に立ち向かい、数学で戦争を止めようとした男の物語。欧米列強との対立を深めていた1933年の日本、海軍省は世界最大の戦艦を建造する計画を秘密裏に進めていたが、海軍少将・山本五十六(舘ひろし)は航空機が主流という持論だった。そこで、山本は「100年にひとりの天才」と言われる数学者・櫂直(菅田さん)に協力を依頼する。

舘さんがきっぱり「初めて男に嫉妬した」


登場時、菅田さんたちの前には霧に映像を映すミストスクリーンが現れ、さらに背後には炎が浮かび上がるなど、映画の重厚さを思わせる演出がほどこされた。しかし最初の挨拶で、笑福亭鶴瓶が「オープニングでミストがバーッとなって、後ろ、火がドワーッて。後ろの火で頭あっつう…」と言うと、場内は爆笑。橋爪功も「前門の水、後門の火、バーベキュー寸前の橋爪」とノリノリで答えた。

コメント合戦となった挨拶にて、小林克也は、「じいさんがひとり足りない、来てくれ」とオファーを受けたとふざけ、田中泯は「年寄りの役ばかり最近やっていますが、年寄りがずらっといるので、とってもうれしかったです」と相好を崩した。このベテラン俳優陣の言葉遊びには、菅田さんも大笑いだった。

ひとりダンディなムードを漂わせていた舘さんだったが、初共演の菅田さんの印象を尋ねられると、「もうね、天才ですよ」と一言。「本当に素晴らしい。この顔で、このスタイルで、あれだけ芝居がうまくて…女にモテないわけがない!」と舘さんからの太鼓判に、菅田さんは思わず「舘さんに言われるの、うれしいっすね!!」と大興奮。「初めて男に嫉妬を感じましたよ…」と舘さんがダメ押しの一言を告げていた。

「まちがいさがし」いじりで、菅田さんタジタジ?


自由なトークに火がついたベテラン俳優陣。特に、普段DJとして活躍している小林さんのトークが快調で、「菅田くんの『まちがいさがし』が今大ヒットですごいんだよね。声がすっごいいいから、びっくりしちゃった」と、リリース中の菅田さんの曲についてまで言及すると、菅田さんは「すごいな今日、俺…舘さんにも克也さんにも褒められて…」と目を白黒。笑福亭鶴瓶が「“まちがい”はあるの?」と本作の天才数学者という菅田さんの役柄にひっかけた“問い”をすると、「この映画に“まちがい”はない(笑)」とニヤリと答えた菅田さんだった。

そのほか、完成披露試写会には柄本佑、浜辺美波、山崎監督が出席した。

『アルキメデスの大戦』は7月26日(金)より全国にて公開。
《cinamacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top