「ウォーキング・デッド」シーズン9、10月より日本最速リアルタイム配信決定!

ベストセラーのアメリカン・コミックを原作にしたパニック・サバイバルドラマ「ウォーキング・デッド」。日本でも新シーズンの公開が待ち望まれている中、この度、最新シーズン9をHuluのFOXチャンネルにてリアルタイム配信することが決定した。

海外ドラマ
「ウォーキング・デッド」シーズン9(c)TWD productions LLC Courtesy of AMC/provided by FOX channel
  • 「ウォーキング・デッド」シーズン9(c)TWD productions LLC Courtesy of AMC/provided by FOX channel
  • 「ウォーキング・デッド」(c)TWD productions LLC Courtesy of AMC/provided by FOX channel
  • 「ウォーキング・デッド」キャスト陣-(C)Getty Images
ベストセラーのアメリカン・コミックを原作にしたパニック・サバイバルドラマ「ウォーキング・デッド」。日本でも新シーズンの公開が待ち望まれている中、この度、最新シーズン9をHuluのFOXチャンネルにてリアルタイム配信することが決定した。

コミックの作者ロバート・カークマンが本ドラマの脚本にも携わり、製作には映画『ターミネーター』のゲイル・アン・ハード、特殊メイク界の巨匠グレッグ・ニコテロなど多数の実力派クリエイターたちが参加、キャスト陣の魅力もあって注目を集め続ける本作。“ウォーカー”と呼ばれるゾンビがはびこる廃墟と化した世界で、元保安官のリック率いる生存者たちが安住の地を求めて、脅威に立ち向かう姿を描きだす。


リック役A・リンカーン「自分が登場する最後のシーズン」と公言


先週末にアメリカのサンディエゴで行われていた「サンディエゴ・コミコン」で、シーズン開始から主人公リック役を務めてきたアンドリュー・リンカーンが「自身が登場する最後のシーズン」と公言。衝撃を受けたファンも多い中、リックの元親友で妻と三角関係にあったシェーン(ジョン・バーンサル)が再登場したり、Yumikoという日系人キャラクターが仲間入りするという嬉しいニュースも発表された。また、ゾンビの皮をかぶった、ニーガン(ジェフリー・ディーン・モーガン)を超えるほど残虐な「Whisperers」という新たな集団が登場予定で、今後もさらなる波乱の展開が予想される。

そんな、まだまだ勢いの止まらない「ウォーキング・デッド」の最新シーズン9をHuluのFOXチャンネルで10月8日(月)22時から日本最速でリアルタイム放送。シーズン9は全16話を予定しており、10月8日からは前半8話、後半9話目以降は2019年2月に配信再開予定となっている。

Huluでは現在、字幕版シーズン1~7と吹替版シーズン1~6の全エピソードを見放題配信しているが、7月26 日(木)からはシーズン7吹替版の独占配信もスタートする。

「ウォーキング・デッド」シーズン9は10月8日(月)22時~毎週月曜、HuluのFOXチャンネルにてリアルタイム配信(※第9話目以降は2019年2月に放送再開予定)。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top