“ハリポタ”の原点を描く『ルイスと不思議の時計』10月公開決定! 予告&ポスター

ハリー・ポッターの原点”ともいわれるジョン・ベレアーズの著書の映画化『The House with a Clock in Its Walls』(原題)が、『ルイスと不思議の時計』の邦題で10月に日本公開することが決定。併せて、本予告映像と本ポスタービジュアルが到着した。

映画 洋画ニュース
『ルイスと不思議の時計』(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC
  • 『ルイスと不思議の時計』(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC
  • ケイト・ブランシェット-(C)Getty Images
  • ジャック・ブラック『バーニー/みんなが愛した殺人者』/(C) Getty Images
スティーヴン・スピルバーグのアンブリン・エンターテインメントが製作を務め、“ハリー・ポッターの原点”ともいわれるジョン・ベレアーズの著書の映画化『The House with a Clock in Its Walls』(原題)が、『ルイスと不思議の時計』の邦題で10月に日本公開することが決定。この度、本予告映像と本ポスタービジュアルが到着した。

■ストーリー


両親を亡くした少年ルイスは、叔父であるジョナサンの古い屋敷に住むことになるが、なんと、おじさんは、二流のポンコツだが不思議な力を使える魔法使いだった。そして、隣に住むきれいで優しいツィマーマンも魔女。ただし、こちらは一流。ルイスはそんな2人と時計がいっぱいの屋敷で不思議な暮らしを始める。ある日、屋敷に世界を破滅へと導く“時計”が隠されていることを知ったルイス。果たして、2人の魔法使いと “時計”を探し出して謎を解き、世界を救うことができるのか――!?

■主人公ルイスの声は高山みなみが担当


今回到着した映像では、あの有名アニメのオープニングを彷彿とさせるシーンからスタート。主人公のルイスと2人の魔法使い、そして不思議な出来事が起こる様子も…。ルイスの“声”を務めるのは、「名探偵コナン」シリーズでお馴染みの高山みなみ。本映像は、高山さん演じるルイスがナレーションを担当している。


ポンコツ魔法使いのジョナサンおじさんは、『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』など、幅広い演技で定評のあるジャック・ブラックが、魔女のツィマーマン役は、アカデミー賞に2度輝き、『オーシャンズ8』の日本公開が控えるケイト・ブランシェットが好演。また、『ノック・ノック』の鬼才イーライ・ロスが監督を務める。

『ルイスと不思議の時計』は10月、全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top