トム・クルーズ「サイモン・ペッグは最高の相棒」…『M:I』最新作からベンジー愛溢れる特別映像

日本でも大ヒットスタートを切った『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』。前作を超える60億円突破も視野に入った本作から、大人気キャラ・ベンジーを演じるサイモン・ペッグの魅力に迫った特別映像が、いち早くシネマカフェに到着した。

映画
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(c)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(c)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(c)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(c)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(c)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ワールドプレミア (C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
8月3日(金)に日本でも公開されるや、週末3日間で観客動員数61.9万人、興行収入8億6,814万円を記録する大ヒットスタートを切った『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』。最終興収51億円の前作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』を超える60億円突破も視野に入った本作から、大人気キャラ・ベンジーを演じるサイモン・ペッグの魅力に迫った特別映像が、いち早くシネマカフェに到着した。

>>『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』あらすじ&キャストはこちら

■チームに欠かせない存在:ベンジー



『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(c)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
『M:I:3』('06)に初登場してから早12年、本国のみならず、日本でも大人気のキャラクターであるIMFチーム技術担当・ベンジーを演じ、「M:Iへの出演は常に喜びだ」と語るサイモン・ペッグ。主演のトム・クルーズ、ヴィング・レイムスのシリーズ全作皆勤賞の2人とは、シリアスとユーモアの絶妙なバランスで「これぞIMFチーム!」と唸らせる見事に息の合った演技を本作でも見せている。

『M:I:3』では、まだ出演シーンが数えるほどしかなかったにも関わらず、常に不可能にしか思えないミッションに挑むイーサンの無茶を手助けしながら、自身も立派なエージェントへと成長してきた。本作ではセーヌ川でモーターボートを飛ばしたり、スキューバダイビングもこなしたり、さらにはこれまでにはない肉弾戦まで披露するとあって、ファン垂涎のシーンが満載の内容となっている。

■サイモン自身も語る、ベンジーの驚くべき成長とは?



『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(c)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
サイモンはコメントで「ひとつのキャラクターをこれほど長く演じて、見た目にも比喩的にもラボにいるイモ野郎だった状態から、より有能で、驚くべき技術を備えた諜報員らしく進化していくベンジーを目にするのは素晴らしいね」と自虐を交えて語っている。劇中でのベンジーの成長はもちろんのこと、コメディを中心に活躍してきたサイモン・ペッグという才能溢れる映画人が本シリーズに参加したことにより、作品評価がうなぎ上りに高まっているのも頷ける。

実際に今回の特別映像には、ベンジーがタブレットで指示を出すシーンがあるが、IMFチームとは思えないニアミスで、物語をよりスリリングにしてしまっている。そんな演出が本作でいきるのも、サイモンの持つユーモアセンスあってのことだろう。

■米・映画批評サイト「Rotten Tomatoes」の数値こそ、”ベンジー効果”の証拠!



『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(c)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
辛口な評価で有名な、米・映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では、『M:I:3』が70%、ベンジーの出番が増えた4作目『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』が93%に急上昇し、続く5作目『ローグ・ネイション』も93%の高評価。そして本作『フォールアウト』が97%(8月5日時点)と驚愕の数字を叩き出しており、サイモンが出始めてからというもの”シリーズ最高傑作”を驚異の水準で更新し続けてるというデータも上がっている。

サイモンはこの件に関して、「実際、ベンジーは観客の視点そのものなんだ。観客が考えていることをまさに代弁している。まあ要するに『まさかそこから飛び出したりはしないよね? あらら、本当に飛び出したよ……』みたいなね」と観客がグイグイと作品の世界に引き込まれる”ベンジー効果”についてもコメントした。

本作でも活躍の幅を広げ、ますますスマートでチャーミングな活躍を見せるサイモン演じるベンジーの姿をお見逃しなく!



『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top