C・アフレックがシーツ姿のお化けに!切なくも美しい物語『ア・ゴースト・ストーリー』

映画

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したケイシー・アフレックが出演する最新作『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』。この度、この切なくも美しい物語から、待望のキービジュアルと特報が解禁された。

■ストーリー


田田舎町の小さな一軒家に住む若い夫婦のCとMは幸せな日々を送っていたが、ある日夫Cが交通事故に遭い死んでしまう。妻Mは病院でCの体にシーツを被せ病院を去るが、死んだはずのCはシーツを被った状態で起き上がり、そのまま幽霊となって妻のいる自宅まで戻ってきた。Mは彼の存在には気づかないが、それでもCは、悲しみに苦しむ妻を見守り続けていた。しかしある日、Mは前に進むためある決断をし、残されたCは妻の残した最後の想いを求め、彷徨い始める――。


■ケイシー・アフレックが次に挑むのは…幽霊?


本作の主人公は、レトロな雰囲気さえ感じる、シーツ姿のゴースト。漫画やアニメではよく見かけるビジュアルのゴーストを、あえて実写で映し出す映像は、懐かしいのにどこか新鮮。不慮の事故死を遂げ、シーツ姿の幽霊となって彷徨い続ける夫を演じるのは、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したケイシー・アフレック。

ケイシー・アフレック-(C)Getty Images
夫に先立たれた妻を演じるのは『キャロル』でカンヌ国際映画祭女優賞を受賞したルーニー・マーラ。本作の監督は『セインツ -約束の果て-』でケイシーとルーニーを共演させた、デヴィット・ロウリーが再び超実力派の2人を迎えメガホンを取る。

ルーニー・マーラ -(C) Getty Images

■切なさ溢れる大人のファンタジー


公開されたキービジュアルは、コスミック感を感じられる背景にゴーストが佇むというファンタジーな印象に仕上がっている。また特報映像では、妻とゴーストの“近くて遠い距離”が切なく表現され、夫に先立たれ悲しみの表情を見せる妻だが、傍で見守るゴーストの“シーツに隠れた”表情も気になるところ。


シーツ姿のゴーストの物語がどのように描かれるのか注目が集まる。

『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』は、11月17日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top