【ディズニー】35周年の年越しパスポート発売に「最長26時間!」「体力持たなそう」の声

35周年イベントを開催中の東京ディズニーリゾートは、大晦日の年越し特別営業「ニューイヤーズ・イヴ」に入園可能なパスポートの販売申込を9月11日(火)に受付開始する。

最新ニュース スクープ
東京ディズニーシー☆
  • 東京ディズニーシー☆
  • 東京ディズニーランド☆
35周年イベントを開催中の東京ディズニーリゾートは、大晦日の年越し特別営業「ニューイヤーズ・イヴ」に入園可能なパスポートの販売申込を9月11日(火)に受付開始する。今年は最長で26時間パークを遊び倒せる。

この「ニューイヤーズ・イヴ」では、大晦日ならではの終夜営業を実施する。2019年1月1日(火)の午前0時に花火が打ち上がり、新年をはなやかに彩るほか、午前4時以降は東京ディズニーランド、東京ディズニーシーの両パークを往来可能になるなど、祝祭感いっぱいの35周年の東京ディズニーリゾートで、特別な年越し体験を楽しめる。ただし、特別な「ニューイヤーズ・イヴ」限定のスペシャルイベントなどの公演は、今年もない。

東京ディズニーランド☆
とりわけ今年は特別営業の時間が昨年までと変わり、12月31日午後8時~1月1日午後10時までと、丸1日以上もパークを遊べる長時間となり、これを受けてネットでは、「時間あるから行きたい!」「最長26時間いられるぞwwwww」という喜びの声のほか、「最大26時間とあるけど、どこで休むんだろ」「もしチケット買えても、体力持たなそう」と疲労感を心配する声も。なお、1月1日の通常営業が午前2時~午後10時までとなり、1月1日午前2時以降は、通常チケットでも入園が可能に。カウントダウンの瞬間はパーク外でも、誰でも日の出前にパークに入って遊べる計算になる。

東京ディズニーランド「ニューイヤーズ・イヴ・パスポート」、東京ディズニーシー「ニューイヤーズ・イヴ・パスポート」は、料金9,700円(大人、中人、小人均一料金)。購入方法などはオフィシャルサイトなどを。

※取材時の状況に基づいて記事化しています。ショー内容など、異なる場合もあります。また、紹介したイベント、メニューなど、すべての情報は予告なく変更になる場合があります。詳細は公式サイトを参照ください。

(C) Disney
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top