エミリー・ブラント主演の新『メリー・ポピンズ』2019年2月1日に公開決定

『Mary Poppins Returns』(原題)が『メリー・ポピンズ リターンズ』の邦題で2019年2月1日(金)に日本公開されることが決定した。

映画
世界中を魅了した『メリー・ポピンズ』の新しいオリジナル・エンターテインメント作品『Mary Poppins Returns』(原題)が、『メリー・ポピンズ リターンズ』の邦題で2019年2月1日(金)に日本公開されることが決定した。

>>『メリー・ポピンズ リターンズ』あらすじ&キャストはこちらから

P.L.トラヴァースの小説「メアリー・ポピンズ」を基に描いた、アカデミー賞13部門ノミネート&5部門受賞の『メリー・ポピンズ』('64)。ウォルト・ディズニーがそのヒロイン像に惚れ込み、最も映像化を望んだと言われる本作は、実写とアニメーションが織り交ぜられた革新的な映像と印象的な音楽やダンスで観る者の心を掴み、いまもなお世界中で愛され続けている。

今回の映画は、前作の大ファンであると公言するロブ・マーシャル監督が、新しいエンターテインメント作品として映像化。舞台は、前作から20年後――。家族を持つ親となり、ロンドンのフィデリティ銀行で臨時の仕事に就いていたバンクス家の長男マイケル・バンクスだが、大恐慌時代のロンドンでは金銭的な余裕がなく、さらにマイケルは妻を亡くしたばかりで家の中も常に荒れ放題、窮地に追いやられていた。そんなとき、あの“ほぼ完璧な魔法使い”メリー・ポピンズが風に乗って彼らの元へ…というストーリー。


メリー・ポピンズには、『プラダを着た悪魔』 『クワイエット・プレイス』のエミリー・ブラント。街灯点灯夫でメリーの古くからの仲間のひとりジャックをリン=マニュエル・ミランダ。ほかにも、コリン・ファース、メリル・ストリープ、ベン・ウィショーなどハリウッドを 代表する実力派や、前作でバート役を演じたディック・ヴァン・ダイクも再出演。なお、新曲を含む音楽はミュージカル「ヘアスプレー」のマーク・シェイマンとスコット・ウィットマンが担当する。

エミリー・ブラント-(C)Getty Imagesエミリー・ブラント
さらに日本公開日・邦題決定に合わせて、「彼女の魔法は、美しい。」というコピーと共に、赤い帽子を目深にかぶったエミリー演じるメリー・ポピンズが写るティザーポスタービジュアルも到着した。

『メリー・ポピンズ リターンズ』は2019年2月1日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top