イ・ビョンホンが見せる不器用すぎる愛…『それだけが、僕の世界』日本版予告

韓国を代表する俳優イ・ビョンホンと注目度No.1の新鋭パク・ジョンミンが、兄弟役で共演を果たす感動作『それだけが、僕の世界』から、待望の日本版予告が公開となった。

韓流・華流
『それだけが、僕の世界』(c) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED
  • 『それだけが、僕の世界』(c) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED
  • 『それだけが、僕の世界』(c) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED
  • 『それだけが、僕の世界』(c) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED
  • 『それだけが、僕の世界』(c) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED
  • 『それだけが、僕の世界』(c) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED
  • 『それだけが、僕の世界』(c) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED
  • 『それだけが、僕の世界』(c) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED
  • 『それだけが、僕の世界』(c) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED
韓国を代表する俳優イ・ビョンホンと注目度No.1の新鋭パク・ジョンミンが、兄弟役で共演を果たす感動作『それだけが、僕の世界』から、待望の日本版予告が公開となった。

>>『それだけが、僕の世界』あらすじ&キャストはこちら

■ベテラン×新鋭が見せる、演技の化学反応!


イ・ビョンホン演じる、母に捨てられ拳だけを信じてきた元プロボクサーの兄。そしてパク・ジョンミンが演じる、母だけを信じて生きる、サヴァン症候群の弟。それぞれの世界だけで生きてきた兄弟が、思いがけない出会いを経て、徐々に心を通わせていくストーリー。

『それだけが、僕の世界』(c) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED
主人公・ジョハを演じるのは、作品ごとに毎回違うジャンルとキャラクターで魅了し、『マスター』や、NETFLIXオリジナル作品「ミスター・サンシャイン」での熱演も記憶に新しいイ・ビョンホン。

韓国版「ひとつ屋根の下」とも言われる大ヒットドラマ「Happy Together」以来の不器用な男を演じ、寡黙で粗暴、そして単純な性格だが、実は情の深い人間味溢れる元プロボクサーを熱演している。

『それだけが、僕の世界』(c) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED
一方、サヴァン症候群を患いながらも、天才的なピアノの才能を持つ弟という難役に挑んだのは、韓国映画界が最も注目するパク・ジョンミン。『空と風と星の詩人~尹東柱(ユン・ドンジュ)の生涯~』などで、徹底した役作りには定評があり、"次世代の演技の神“とも称されるほど。

そして2人の母親役には、韓国のバラエティ番組「ユン食堂」出演で話題となった実力派女優ユン・ヨジョンが扮する。

『それだけが、僕の世界』(c) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

■感動必須の予告編をチェック!



この度公開となった日本版予告では、イ・ビョンホンが自分を捨てた母との偶然の再会し、サヴァン症候群の弟との出会いに戸惑いながらも、少しずつ心を通わせていく、不器用な兄の姿を繊細に演じている。そんな彼が家族の愛に飢えていた、心のうちを吐き出す場面は胸に迫るものがある。


イ・ビョンホンは「『それだけが、僕の世界』での演技が僕の根本なのではないかと思うほど、楽しく撮影した」と撮影をふり返る。これまで『悪魔を見た』などでは、目を覆いたくなるほど残忍な復讐を成し遂げる役など、ジャンルを選ばない彼だけに説得力のあるコメント。続けて「何の計算もなしにカメラが回った瞬間にとにかく自分を役に預けて演技をした」と言い、彼にとって自然体で演じることができた作品ということもうかがえる。

『それだけが、僕の世界』(c) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED
弟役のパク・ジョンミンは、撮影3か月前からピアノを猛特訓。作中で演奏している高度なクラシック曲の数々は、吹き替えなしで演奏している。そんな彼の姿にも注目だ。

『それだけが、僕の世界』は12月28日(金)よりTOHO シネマズシャンテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top