【最新CM考】新木優子&井之脇海&中村倫也ら、シリーズCMやWEBムービーにブレイク俳優続々

吉沢亮&安田顕の「ポリフェノールラブ」をはじめ、豪華なキャスティングや短編映画並のクオリティで話題のWEB限定ムービー。その上、おなじみのCMでは新シリーズがスタートしたり、注目キャラが加わったりと新展開が。いずれも、今年のブレイク俳優ばかりが顔を揃えている。

最新ニュース
中村倫也&新木優子&井之脇海
  • 中村倫也&新木優子&井之脇海
  • カネボウsuisai WEBドラマ秋編「毎日、思ってた」
  • 「SUITS/スーツ」(C)フジテレビ
  • カネボウsuisai WEBドラマ秋編「毎日、思ってた」
  • カネボウsuisai WEBドラマ秋編「毎日、思ってた」
  • 『あのコの、トリコ。』(C)2018 白石ユキ/小学館・「あのコの、トリコ。」製作委員会
  • 『あのコの、トリコ。』(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会
  • 中村倫也
吉沢亮&安田顕が出演するロッテ「ポリフェノールショコラ」のWEBドラマ「ポリフェノールラブ」が全篇公開され、この2人から猛アプローチされる展開に「激ヤバすぎ」「どういう徳を積めば…」「連ドラ化してくれないかな?」とファンたちは騒然。

また、菅田将暉が漫画の原作者、小松菜奈が作画家を演じる「niko and ...(ニコアンド)」の新WEBムービー「カケル」も公開された。静かな一軒のカフェを舞台に展開された前作「君とノートとコーヒーと」に続く第2弾で、より動きのある“熱い”ストーリーとなっており、話題を呼んでいる。

こうしたWEB限定のプロモーション動画が、豪華なキャスティングや短編映画並のクオリティであることはもはや当たり前。そのうえ、お馴染みのCMでは新シリーズがスタートしたり、注目キャラが加わったりと新展開が続く。いずれも、今年大活躍を見せるブレイク俳優たちが顔を揃えている。


新木優子×山戸結希監督で紡ぐ「毎日、思ってた」


『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』が大ヒット中の新木優子が主演する、カネボウsuisai WEBドラマ秋編「毎日、思ってた」が公開中。2017年秋と2018年春に公開して好評となったWEBドラマの続編で、いずれも公開2週間で100万回の再生数を突破、今作は9月20日現在で143万回を超えている。

カネボウsuisai WEBドラマ秋編「毎日、思ってた」
新木さんといえば、ドラマ「トドメの接吻(キス)」や「チヤ☆ダン」にも出演したほか、吉沢さんと共演する『あのコの、トリコ。』が10月5日(金)に公開。さらに、10月8日スタートのフジテレビ月9ドラマ 「SUITS/スーツ」にも出演する。原作の米国ドラマでは英国王室のメーガン妃が演じていた人気キャラ・レイチェルに相当する役というだけに、期待が高まる。

『あのコの、トリコ。』(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会映画『あのコの、トリコ。』より
今回のWEBドラマでは、ちょっとした気持ちのすれ違いから、交際中の恋人に対して壁を感じている主人公のブライダルプランナー・優子が、素直な言葉と態度でその壁を乗り越えようと成長する姿が描かれる。SNS上には「新木さんの演技にキュンとした」「好きな人に素直になろうと思った」「相手を好きだという気持ちは、毎日伝えて行こうと思った」といった声が続々。スキンケアという日常の些細なきっかけから、気持ちが前向きになり、自分を変える小さな一歩を踏み出す現代女性の姿が、新木さんの瑞々しい演技とファンタジックで繊細な映像で紡がれる。


監督・脚本を務めるのは、『5つ数えれば君の夢』『おとぎ話みたい』で2015年、第24回日本映画プロフェッショナル大賞新人監督賞を受賞した山戸結希。「乃木坂46」「Little Glee Monster」「RADWIMPS」のMVや、菅田さん&小松さん共演の『溺れるナイフ』でも知られ、「女の子に魔法をかけてくれる映画監督」とも呼ばれている。


中村倫也、学校の人気者先生に!「ニキビ一緒に治そうProject」


思春期だけでなく、大人にとっても天敵のニキビ。ニキビ治療の総合情報サイト「ニキビ一緒に治そうProject」では、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」で“マアくん”こと朝井正人役を務め、全国区で注目度が急上昇中の中村倫也が出演するWEBショートドラマが公開されている。

中村さんが扮するのは、学校で密かに人気のある先生。なのに、優れた“鈍感力”により全くそれに気づいていないという設定で、まるで“マアくん”のゆるふわ感が増大して先生になったような感じだ。

中村倫也「半分、青い。」 (C) NHK「半分、青い。」より  (C) NHK
ニキビができてしまったことから揺れる乙女心と、超絶鈍感な先生とのドキドキ、ワクワク、キュンキュンするやりとりは必見。中村さんももっと演じたかったと語っているが、「もっと見たい」人も多いはず。ぜひこちらから、チェックしてみて。


2018年は上半期だけで、朝ドラと映画『孤狼の血』『伊藤くん A to E』、「崖っぷちホテル!」など7本もの映画・ドラマに出演。特に、妻に浮気をされ、怒りと狂気をむき出しにする「ホリデイラブ」の“わたるん”が話題となった。10月には、主演・波瑠の“仕事のデキる”彼氏を演じる『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』も控えている。

『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』(C)小森陽一/集英社(C)2018 映画「オズランド」製作委員会映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』より 

浜辺美波、星野源&新田真剣佑&長谷川博己とドコモ新シリーズに


昨年『君の膵臓をたべたい』で日本アカデミー賞新人俳優賞に選ばれた浜辺美波は、今年、中村さんと名コンビを築いた「崖っぷちホテル!」や、ドラマseason2放送&映画化が決まった「賭ケグルイ」、竹内涼真に胸ボンババぼんの映画『センセイ君主』などでさらに注目を集めた。

『センセイ君主』 (C) 2018 「センセイ君主」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社映画『センセイ君主』より
数々の福田雄一作品でおなじみの超個性派・佐藤二朗が“Mr.リスク”を演じて、多忙な浜辺さんのCM撮影現場に密着する(!?)JA共済のWEB限定プレミアム動画「撮影」篇が、また面白い。佐藤さんはここでもキャラ全開でやりたい放題だが、それにつき合う浜辺さんにもコメディエンヌとしての才能が覗く。


さらに、9月3日に発表されたNTTドコモの新CMシリーズに星野源、新田真剣佑、長谷川博己とともに参加することに。舞台は、様々なキャラクターが集まる世界“キャラまち”。そんな世界の片隅にいるイマイチ人気のないキャラクター、ドニマル(新田さん)、コスモフ(長谷川さん)、モンジュウロウ(浜辺さん)が、プロデューサー・星あゆむ(星野さん)のもとで人気者になる夢を追いかけるというが…。


どこかゆる~いキャラクターたちと、これまでとは全く違う世界観で描かれる新シリーズに期待は尽きないうえ、浜辺さんはロッテ「ガーナチョコレート」の“新3人娘”に山田杏奈、久間田琳加と選ばれており、新CM女王となっていく可能性も高い。



最旬俳優・井之脇海、「大人まる子」で“丸尾君”に


先日、見事な最終回を迎えたドラマ「義母と娘のブルース」(略して、ぎぼむす)では、みゆきの幼なじみでイケメン高校生に成長した大樹役を好演、ファン層をさらに広げた井之脇海。このところ、連続テレビ小説「ごちそうさん」や「ひよっこ」、映画『帝一の國』、そして大河ドラマ「おんな城主 直虎」では菅田さんの相方・小野万福を演じて、じわじわと存在感を見せてきた彼がついにブレイク。

「義母と娘のブルース」第7話 (C) TBS「義母と娘のブルース」第7話より  (C) TBS
そんな井之脇さんが、吉岡里帆が22歳になった大人のまる子に扮する「ちびまる子ちゃん」実写化シリーズ、ダイハツ「ミラ トコット」のCMに参戦。なんと演じるのは、「ズバリ、○○○でしょう!」が口グセの、22歳になった“丸尾君”だ。


「ぎぼむす」の大樹のように立派なイケメンに成長していた大人“丸尾くん”は、サラリーマンになるという堅実な夢の持ち主だったが、いまではノーベル賞を目指すべく、地元の大学院に通っているのだとか。9月14日に公開されたWEBムービー「ボウリング篇」では、「半分、青い。」で注目された奈緒が扮する“たまちゃん”、「アンナチュラル」「紺田照の合法レシピ」の竜星涼が扮する“花輪クン”という、最旬豪華キャストでボウリング! 黙っていれば(?)メガネ姿がキュートな丸尾君だが、運動音痴は大人になっても相変わらずのようで…。


なお、竜星さんといえば、芸人のゆりあんレトリィバァと胸キュン共演する人気シリーズ、ロート・肌ラボ極潤「恋する肌キュンムービー」も好評。累計で1,000万回再生されている同シリーズの第4弾が9月17日に公開されたばかり、ついに女子高生・ゆりやんと幼なじみ・竜星くんの恋が完結する!?



ネクストブレイク候補の新星たちも続々


加えて、これから来るであろうネクストブレイク候補の新星たちにも注目。

若手女優の登竜門といわれる“ポッキーガール”の座を新たに射止めたのは、現在16歳の注目女優・南沙良。なんと、母親役は宮沢りえ、父親役は大倉孝二、さらに映像を彩る音楽は「B’z」の「マジェスティック」という豪華さ。WEBムービー「『ポッキーと、とある家族の物語』ポッキー何本分話そうかな デビュー篇」が現在WEB公開されており、今後のシリーズにも期待が持てそう。


南さんは、「nicola(ニコラ)」専属モデルであり、国内外で評価された『幼な子われらに生まれ』で映画初出演。今年、『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』で吃音の高校生という難役で映画初主演を務めあげ、新作『無限ファンデーション』の公開を11月17日(土)に控えている。

また、クラシコムが運営するネットショップ「北欧、暮らしの道具店」が創り上げたオリジナル短編ドラマ「青葉家のテーブル」は、見逃すことのできないハイクオリティのWEBドラマ。話題作に欠かせない女優・西田尚美が主演を務め、シングルマザーの青葉春子とその息子リク、春子の歳の離れた友達めいことその彼氏ソラオの、ちょっと複雑な同居生活を描く。

「北欧、暮らしの道具店」のオリジナル短編ドラマ「青葉家のテーブル」
青葉家の家訓は「何をしてもいいから、夜ごはんは家族そろって」。シンプルだけれど美味しそうな食事が並ぶ食卓で、第1話「トモダチのつくりかた」では“中学2年で友達0人”のリクの友達づくりが描かれる。“クズ男”役ではない忍成修吾が珍しい上うえ、子役として活動してきた寄川歌太に、『幼な子われらに生まれ』で浅野忠信と寺島しのぶの娘役を演じた鎌田らい樹という注目株も。



TVCMとはまた違った世界観が覗けるWEBドラマやWEBムービー。最旬ブレイク俳優たちの、まだ見たことのない姿を確かめてみては?
《text:Reiko Uehara》

関連ニュース

特集

page top