櫻井翔、人がいると「緊張しちゃう」に広瀬すずからツッコミ!『ラプラスの魔女』リリース決定

東野圭吾がデビュー30周年記念作として発表した異色のミステリーを、三池崇史監督が映画化した『ラプラスの魔女』 この度、本作のBlu-ray&DVDが11月14日(水)に発売することが決定した。

映画
『ラプラスの魔女』コメンタリー出演の櫻井翔、広瀬すず、三池崇史監督(C)2018 映画「ラプラスの魔女」製作委員会
  • 『ラプラスの魔女』コメンタリー出演の櫻井翔、広瀬すず、三池崇史監督(C)2018 映画「ラプラスの魔女」製作委員会
  • 『ラプラスの魔女』(C)2018 映画「ラプラスの魔女」製作委員会
  • 『ラプラスの魔女』(C)2018 映画「ラプラスの魔女」製作委員会
  • 『ラプラスの魔女』(C)2018 映画「ラプラスの魔女」製作委員会
  • 『ラプラスの魔女』(C)2018 映画「ラプラスの魔女」製作委員会
東野圭吾がデビュー30周年記念作として発表した異色のミステリーを、三池崇史監督が映画化した『ラプラスの魔女』。この度、本作のBlu-ray&DVDが11月14日(水)に発売されることが決定した。

>>『ラプラスの魔女』あらすじ&キャストはこちら

この度発売が決定したBlu-ray&DVDには、インタビューやメイキング、豪華キャストが登壇したイベント映像集など貴重な映像特典がディスク2枚分収録されている。中でも櫻井翔、広瀬すず、三池崇史監督が本編を見ながら撮影の裏側を明かしたり、お互いの疑問など質問し合ったりするビジュアルコメンタリーは特に充実した内容となっている。

■大人数の前に立つ櫻井さんでも、撮影現場は緊張?


物語は硫化水素中毒による死亡事件が発生し、櫻井演じる地球化学の専門家・青江修介教授が、事故現場の調査を行うところからはじまる。集まった警察や取材陣に調査結果を説明するシーンで櫻井さんは「ここ、セリフが全然言えなかった。4、5テイク撮り直しましたよね」と語り、「人がいっぱいいるから、なんか緊張しちゃって」と付け加えると、大人数の前でコンサートを行っている櫻井さんに、三池監督と広瀬さんから「それはないでしょ」とツッコまれる一面も。

また、広瀬さん演じる羽原円華が、青江教授に向かって「見た目よりバカね」と言う印象的なシーンでは「ここ、よく見た。テレビCMとかで使われてましたよね」と櫻井さんが話すと、三池監督からは“見た目よりバカね”って言われているところを、全国のお茶の間に大量に放送されている気分は?」とお茶目な質問が。櫻井さんは「そんなに見た目賢そうに見えてるんだ、と思って、嬉しかったですよ、逆に」とアイドルらしいコメントで応酬した。

■広瀬さんにとって初体験が多かった現場


一方、化学的な専門用語のセリフが多かった広瀬さんに対し、「スラスラ言えていてすごいと思った」と感激した様子の櫻井さん。広瀬さん自身も「いままでの作品で一番覚えられなかった」と苦労を明かした。

ほかにも演技において“初”だったこともいくつかあったようで「はじめて1回も制服を着ていない」とコメント。部活やスポーツなどの、いわゆる“練習モノ”でもないこともはじめての経験だったそうで、三池監督から「踊らないしね(笑)」と言われると、「かるた取ったりもしなかったので(笑)」と広瀬さんも笑いで返した。

『ラプラスの魔女』
“天候”など自然現象が物語のキーとなっている本作では、雪の積もったシーン、風のシーンなど様々なシチュエーションのシーンが存在し、CGやスタジオで撮影しているカットもあるが、ロケで撮影しているカットも多い。

実際、天候の都合で撮影が遅れることもあったが、三池監督はそんな状況が「けっこう好き」と語る。雨で撮影が出来なかったり、吹雪になってしまったりと、思い通りにならないにならない天候に遭遇すると「あ、地球と一緒に仕事している」と感じるそうで、それには櫻井さん、広瀬さんも影響を受けたのか、天候が関わるシーンになると「地球と一緒に仕事していますね!」とコメンタリー収録の際は合言葉ように話していた。

このコメンタリーでは、福士蒼汰、リリー・フランキー、豊川悦司などほかの出演者に関するエピソードや、撮影後のプライベートの話、映画のプロモーション活動でのエピソードなども明かされている。

<『ラプラスの魔女』リリース情報>
2018年11月14日(水)発売
<Blu-ray 豪華版> 価格:¥7,500+税
<DVD 豪華版> 価格:¥6,500+税
※DVD通常版同時リリース
発売元:KADOKAWA
販売元:東宝
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top