石田ゆり子&松嶋菜々子&小西真奈美…憧れの“大人女子”は10月生まれ

年齢の重ね方が上手で、その積み重ねてきた自分を大切にする姿が周囲にも愛される女優たちは、10月生まれが多い。“こんな大人になりたい!”と思わせてくれる、イマ旬の女性たちに注目した。

最新ニュース
石田ゆり子&松嶋菜々子&小西真奈美
  • 石田ゆり子&松嶋菜々子&小西真奈美
  • 石田ゆり子/『コーヒーが冷めないうちに』完成披露試写会
  • 『コーヒーが冷めないうちに』(C)2018 映画「コーヒーが冷めないうちに」製作委員会
  • 石田ゆり子
  • 『コーヒーが冷めないうちに』(C)2018 映画「コーヒーが冷めないうちに」製作委員会
  • 『コーヒーが冷めないうちに』(C)2018 映画「コーヒーが冷めないうちに」製作委員会
  • 『コーヒーが冷めないうちに』(C)2018 映画「コーヒーが冷めないうちに」製作委員会
  • 『記憶にございません!』 (C)2019フジテレビ 東宝
年齢の重ね方が上手で、その積み重ねてきた自分を大切にする姿が周囲にも愛される女優たちは、10月生まれが多い。“こんな大人になりたい!”と思わせてくれる、イマ旬の女性たちに注目した。


石田ゆり子、“奇跡のアラフィフ”は最新映画でも健在!


先日、フジテレビ系のトーク番組「ボクらの時代」に、女優・石田ゆり子と、元NHKアナウンサーで「あさイチ」のMCとしても知られ、現在はフリーとなった有働由美子、「八日目の蝉」「対岸の彼女」などで知られる直木賞作家・角田光代が出演、仕事と人生についてや更年期症状の心配などを赤裸々に語る“同世代”対談は視聴者の共感を呼んだ。

同番組で「華麗に加齢したい」と語っていた、“奇跡のアラフィフ”と呼ばれる石田さんは、1969年生まれ、10月3日に49歳となる。現在、重要なキャラクターを演じている『コーヒーが冷めないうちに』が公開中だ。

『コーヒーが冷めないうちに』(C)2018 映画「コーヒーが冷めないうちに」製作委員会
有村架純が主演を務める今作は、過去に戻れるとうわさの不思議な喫茶店「フニクリフニクラ」を舞台に、それぞれの事情を抱えた登場人物たちの人間模様をオムニバスで綴るハートフル・ファンタジー。監督は「アンナチュラル」「Nのために」など数々の人気ドラマを手掛け、今回初めて映画のメガホンをとった塚原あゆ子。石田さんは塚原監督とは「夜行観覧車」以来2度目のタッグとなり、喫茶店の過去に戻れる席にいつも座っている“謎の女”を演じている。

『コーヒーが冷めないうちに』(C)2018 映画「コーヒーが冷めないうちに」製作委員会映画『コーヒーが冷めないうちに』
ストーリーに関わるため詳しくは語れないが、純喫茶でひたすら読書をしながらコーヒーを飲んでいるだけで絵になる女優は、石田さんくらいだろう。加えて、そこはかとなく醸し出される温かみと包容力。石田さんに「あなたは大丈夫」と声を掛けられたなら、百人力で勇気がわいてきそう。


1988年に俳優デビューし、「101回目のプロポーズ」などのドラマから、『北の零年』『サヨナライツカ』『悼む人』などの映画ほか、『平成狸合戦ぽんぽこ』や、2役の声を務めた『もののけ姫』、『コクリコ坂から』とスタジオジブリ作品では声優としても活躍。2016年にはドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で主人公(新垣結衣)の叔母であるキャリアウーマンを好演し、さらに人気を集めることとなった。「資生堂表情プロジェクト」や「Panasonicリフォーム」など、癒やしの微笑みを振りまくCMでもお馴染みだ。


何かと反響を呼ぶインスタグラムは、2016年の誕生日からスタートさせた。先日は「SNSとどのような距離感で付き合って行くか、は この時代に生きるほとんど全ての人たちの課題なのではないか」と投稿、その後も逝去した大先輩・樹木希林さんへの思いや、新しい子猫も加わった生活などについて、マイペースに投稿を続けている。その迎え入れた子猫たちとは、耳が折れ曲がっていないことから売り物にならない、と動物病院で保護されていた2匹のスコティッシュフォールド。こうした動物愛護への意識もまた、人気の秘密。

2019年は、三谷幸喜監督と映画では初タッグとなる『記憶にございません』、そして、芥川賞作家・平野啓一郎の恋愛小説の映画化『マチネの終わりに』などが待機する。


松嶋菜々子、“理想の芸能人ママ”がママさん弁護士に


10月7日(日)に放送されるドラマスペシャル「誘拐法廷~セブンデイズ~」に主演する松嶋菜々子は、1973年生まれ、10月13日に45歳の誕生日を迎える。今年7月に発表された「イマドキのパパ・ママのくらしと子育てに関する調査2018」(メディケア生命調べ)では「理想の芸能人ママ」部門の1位に選ばれており、現在は2児の母。

そんな松嶋さんが今回演じるのは、一人娘の親権をめぐって別居中の夫(杉本哲太)と対立している敏腕弁護士・天吹芽依子。ある日、最愛の娘を誘拐されてしまい、犯人から「殺人罪で起訴された被告人・国光瑛二(柄本時生)の無罪を勝ち取ること」という要求を出される。タイムリミットはわずか7日間。娘を奪還するため、弁護士としての“倫理”と母親としての“感情”の狭間に立たされる弁護士を熱演する。

「誘拐法廷~セブンデイズ~」 (C)テレビ朝日「誘拐法廷~セブンデイズ~」(C)テレビ朝日
代役を立てることなく、炎に巻かれたり、水浸しになったり、さらには体を拘束される…といった壮絶シーンに真っ向から挑んだそうで、初共演の「関ジャニ∞」丸山隆平も舌を巻いたほど。松嶋さんは「日頃から体を動かしておいてよかったなって思いました。今回のように、全力でダッシュするシーンがある時のためにも日々ジムに通い、トレーニングをしている部分もあるので」と、コメントもさすが。

「誘拐法廷~セブンデイズ~」 (C)テレビ朝日「誘拐法廷~セブンデイズ~」(C)テレビ朝日
被告人・国光のどこか怪しげな国選弁護人・宇津井としてバディとなる丸山さんが、「いろんな見方ができる“母の愛の物語”」と語っていたように、凜とした母の姿を見せてくれそうだ。

「誘拐法廷~セブンデイズ~」 (C)テレビ朝日「誘拐法廷~セブンデイズ~」(C)テレビ朝日

1996年のNHK連続テレビ小説「ひまわり」や、98年の大ヒットドラマ「GTO」などで人気を得た彼女は、「やまとなでしこ」「魔女の条件」ほか、「救命病棟24時」ではシリーズの顔としても活躍。『リング』『らせん』といったジャパニーズホラーの名作にも出演した。2011年、驚異の高視聴率ドラマ「家政婦のミタ」でもその実力を見せつけた。「花より男子2(リターンズ)」の道明寺司(松本潤)の姉役でも知られ、夫の反町隆史が「花のち晴れ~花男 Next Season~」に出演していたことも記憶に新しい。

近年では、スタジオジブリ『思い出のマーニー』の声優や、山崎豊子ドラマスペシャル「女の勲章」、不気味な“隣人”を演じた「砂の塔~知りすぎた隣人~」、「新参者」シリーズ完結編『祈りの幕が下りる時』など、仕事は年に1~2本程度と作品を絞り込んでいるものの、次々と新境地に挑んでいる。

そして連続テレビ小説の記念すべき100作目、2019年4月スタートの「なつぞら」では、ヒロイン・なつ(広瀬すず)の養母・富士子役で“朝ドラ”に帰ってくる。

連続テレビ小説「なつぞら」2019年4月スタート連続テレビ小説「なつぞら」より

永作博美、主演映画を機にカフェをプロデュース


また、おいしいコーヒーが飲みたくなる映画として名高い『さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~』の永作博美は、1970年10月14日生まれ。年齢不詳の美肌っぷり、童顔&小顔美人として同性からの圧倒的支持を集める永作さんも、48歳になる。

1989年、アイドルグループ「ribbon」のメンバーとしてデビュー。キュートなルックスで90年代前半に高い人気を誇ったが、「劇団☆新感線」の舞台に参加したことから女優業にシフトしていき、94年にドラマデビュー。黒沢清監督『ドッペルゲンガー』で映画デビューすると、NHK大河ドラマ「功名が辻」、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』や『人のセックスを笑うな』などで演技派としての評価を得た。

『八日目の蝉』 -(C) 2011「八日目の蝉」製作委員会映画『八日目の蝉』で映画賞総なめ
角田光代原作の『八日目の蝉』ではキネマ旬報ベスト・テン主演女優賞、毎日映画コンクール女優助演賞、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞など映画賞を席巻。アニメ『ペット』で猫の声を務めたかと思えば、「世にも奇妙な物語」にも馴染みが深く、外見からは想像もつかない猟奇的な役柄や“魔性の女”がハマってしまうギャップが魅力。

『さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~』-(C) 2015「さいはてにて」製作委員会映画『さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~』
『さいはてにて』ですっかりコーヒーに魅了された永作さんは、2015年に、劇中に登場する焙煎珈琲店・ヨダカ珈琲をモチーフにしたカフェ「ヨダか」を自らプロデュースしてオープン。海辺の舟小屋とはまた趣が異なれど、喧噪から離れたカフェはメニューや内装・食器など細部へのこだわりに、永作さんの温かみを感じさせている。



小西真奈美、40代“こにたん”はミュージシャンに!


先月末に最終回を迎えた連続テレビ小説「半分、青い。」で、ヒロイン役の永野芽郁に「(同作)史上最強のビジュアルインパクト」といわれた“全部、緑。”の加藤恵子役を演じていた小西真奈美。“憧れの小顔美人”は、1978年生まれ、10月27日に40歳を迎える。40代で、こうした不思議系キャラができる女優は貴重かもしれない。


90年代に「エリートモデルルック」日本代表となり、モデルとして活動していたが、「北区つかこうへい劇団」に入団し、98年に同氏演出の舞台「寝盗られ宗介」で女優デビュー。2001年、NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」でヒロイン(国仲涼子)の恋敵となる女医を演じ、また、バラエティ番組「ココリコミラクルタイプ」へのレギュラー出演で全国的に知名度を上げる。

『のんちゃんのり弁』 -(C)2009「のんちゃんのり弁」製作委員会映画『のんちゃんのり弁』
初出演映画『阿弥陀堂だより』(02)で日本アカデミー賞やブルーリボン賞など新人賞を受賞。『のんちゃんのり弁』は毎日映画コンクールやヨコハマ映画祭、高崎映画祭で女優賞を獲得し、高く評価された。鉄拳のパラパラ漫画を映画化した『振り子』では第6回沖縄国際映画祭主演女優賞を受賞するなど、映画、テレビ、舞台と活躍。いまや、「ファブリーズ」CMのお母さんだ。

さらに今年は、音楽活動を本格化させる様子。かつて、『Sweet Rain 死神の精度』の主題歌を役名・藤木一恵の名義でリリースしたことはあるが、昨年のインデューズEPに続き、10月24日(水)にメジャー1stアルバム「Here We Go」を発売。自身で全曲の作詞作曲を手掛け、サウンドプロデューサーにKREVAを迎えている。


究極の癒やしヴォイスから繰り出される等身大のラップは、唯一無二の世界観。ミュージシャンとしての活動はもちろんのこと、2019年1月公開の山田孝之プロデュース、阿部進之介主演の『デイアンドナイト』にも期待が高まる。


そのほか、佐々木蔵之介主演の大人のラブストーリー「黄昏流星群」で運命の女性を演じる元タカラジェンヌの黒木瞳(10月5日)や、伝説的月9ドラマ「ロングバケーション」のブルーレイ化やマライア・キャリーの主題歌で大ヒットした「29歳のクリスマス」の地上波放送(チバテレ)がスタートするなど、現在もコンスタントに話題を提供する山口智子(10月20日)らも10月生まれ。

それぞれに確固とした立ち位置をつかんできた女性たちの生き様、そして仕事ぶりに、これからも注目していて。
《text:Reiko Uehara》

関連ニュース

特集

page top