【ディズニー】2018年度上半期過去最高の入園者数に 35周年効果で

株式会社オリエンタルランドは10月1日(月)、2018年度上半期(4月1日~9月30日)の東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーの2パーク合計の入園者数が、15,518千人となったことを発表した。上半期としては、過去最高の入園者数となる。

最新ニュース
2018年度、上半期過去最高の入園者数を記録したTDR☆
  • 2018年度、上半期過去最高の入園者数を記録したTDR☆
  • 新デイタイムパレード「ドリーミング・アップ!」☆
  • 新デイタイムパレード「ドリーミング・アップ!」☆
  • ナイトタイムスペクタキュラー「Celebrate! Tokyo Disneyland」☆
  • 「イッツ・ア・スモールワールド」☆
  • 「イッツ・ア・スモールワールド」☆
  • 楽しみすぎる!新アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」!
  • 楽しみすぎる!新アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」!
株式会社オリエンタルランドは10月1日(月)、2018年度上半期(4月1日~9月30日)の東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーの2パーク合計の入園者数が、15,518千人(前年同期比105.0% 743千人増)となったことを発表した。上半期としては、過去最高の入園者数となる。

新デイタイムパレード「ドリーミング・アップ!」☆
当該上半期は、「東京ディズニーリゾート35周年イベント“Happiest Celebration!”」開催のもと、新デイタイムパレード「ドリーミング・アップ!」やナイトタイムスペクタキュラー「Celebrate! Tokyo Disneyland」など、両パークで導入した新規コンテンツが好評を得た。

「イッツ・ア・スモールワールド」☆
同社は、「35周年という節目を迎えたことがゲストの来園動機へ繋がりました」と分析。また、4月にリニューアルオープンした「イッツ・ア・スモールワールド」が、大人気を博したことも要因だとしている。

楽しみすぎる!新アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」!
なお同社は、「東京ディズニーリゾートでは、今後も継続して多くのゲストにお楽しみいただける大型アトラクションの導入を予定しており、魅力あふれるパークづくりに邁進していきます」とコメント。2019年夏にはTDSに新アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」が誕生することが先日発表され、今後の入園者数にも注目だろう。

ナイトタイムスペクタキュラー「Celebrate! Tokyo Disneyland」☆
≪上半期入園者数≫
2018 年度 : 15,518 千人
2017 年度 : 14,775 千人
2016 年度 : 14,329 千人
2015 年度 : 14,372 千人
2014 年度 : 15,099 千人
2013 年度 : 15,359 千人

※取材時の状況に基づいて記事化しています。ショー内容など異なる場合もあります。また紹介したイベント、メニューなど全ての情報は予告なく変更になる場合があります。詳細は公式サイトを参照ください。

(C) Disney
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top