レイア姫&キーラ…いまこそ注目!『スター・ウォーズ』の強く賢く美しい女性たち

「スター・ウォーズ」シリーズの魅力の1つとして挙げられるのが、強くて賢くて美しい女性キャラの存在。今回は、シリーズには欠かせない彼女たちの活躍とその魅力に迫った。

映画
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(C) 2018 & TM Lucasfilm Ltd.
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(C) 2018 & TM Lucasfilm Ltd.
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(C) 2018 & TM Lucasfilm Ltd.
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 『スター・ウォーズ/新たなる希望』-(C) APOLLO
  • 『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』
  • 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
「スター・ウォーズ」シリーズ屈指の人気キャラクター、ハン・ソロの若き日の姿を描く『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』。本作に登場するハンの幼なじみキーラや、将来、恋に落ちるレイアのように、本シリーズの魅力の1つとして挙げられるのが、強くて賢くて美しい女性キャラの存在。今回は、シリーズには欠かせない彼女たちの活躍とその魅力に迫った。

>>『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』あらすじ&キャストはこちらから

シリーズに登場する女性たちの原点は、やはり旧三部作『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のレイア・オーガナ(キャリー・フィッシャー)だ。反乱軍のリーダーとして銀河帝国の独裁支配に立ち向かい、ダース・ベイダーと対峙しても凜とした姿勢を貫く勇敢なレイア姫は、まだまだ女性キャラがヒーローの恋人役に甘んじることの多かった‘70年代半ばの映画界において、文字通り全く新しいヒロイン像となった。その意味でも、「スター・ウォーズ」は画期的な作品だったのだ。

続く新三部作『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』、『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』に登場したのが、アミダラ女王ことパドメ(ナタリー・ポートマン)。惑星ナブーの女王として強い信念のもと大勢の民衆を率い、銀河元老院議員となってからも数々の危険を潜り抜けながら宇宙平和のために尽力した彼女は、SF映画のヒロインという枠には収まらない偉大な女性指導者といえる。

『スター・ウォーズ/新たなる希望』-(C) APOLLOレイア姫『スター・ウォーズ/新たなる希望』-(C) APOLLO
さらに、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』において、シリーズ史上初の女性主人公となったのがレイ(デイジー・リドリー)。若くて未熟な孤独な少女だったレイがフォースの能力に目覚め、反乱軍の一員として逞しく成長してく姿は、かつてのルーク・スカイウォーカーを彷彿とさせるものがあり、多くの「スター・ウォーズ」ファンから共感を集めている。

また、シリーズの原点となる『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の主人公として颯爽と現れたのが、ジン・アーソ(フェリシティ・ジョーンズ)。銀河帝国軍の最終兵器デス・スターの設計図を手に入れるため、自身と同じ信念を持つ仲間たちと決死のミッションに挑む彼女の勇気と覚悟に、強く胸を打たれた観客も多かったはず。

そして、最新作『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場するのが、若き日のハン・ソロが初めて愛した女性キーラ(エミリア・クラーク)。同じ天涯孤独の孤児としてハンと一緒に育ち、お互いに愛し合いながらも運命に引き裂かれたキーラだが、それから3年後、巨大犯罪組織の大物ドライデン・ヴォスの右腕としてハンと再会することになる。

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(C) 2018 & TM Lucasfilm Ltd.
愛するハンのために力を貸しつつも、その一方で組織に忠誠を誓っているキーラ。スマートでチャーミングな女性だが、計算高い策士の一面も覗かせる。果たして彼女は善なのか、それとも悪なのか。そのミステリアスな存在感は、これまでの「スター・ウォーズ」シリーズのヒロインたちとは一線を画している。

そんな謎多き美女キーラに加えて、ハンの恩人ベケットのパートナーでタフな犯罪者ヴァル(タンディ・ニュートン)、自由と正義を愛する異色のドロイドL3-37(フィービー・ウォーラー=ブリッジ)など、ユニークで魅力的な女性キャラが大活躍する本作。危険な香りの漂うハンとキーラの波乱に満ちたロマンスにも、ぜひ注目してみて。

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』MovieNEXは10月17日(水)よりリリース、デジタル先行配信中。

MovieNEX初回盤『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(C) 2018 & TM Lucasfilm Ltd.
<『スター・ウォーズ』シリーズリリース情報>
『エピソード1/ファントム・メナス』『エピソード2/クローンの攻撃』『エピソード3/シスの復讐』『エピソード4/新たなる希望』『エピソード5/帝国の逆襲』『エピソード6/ジェダイの帰還』『スター・ウォーズ デジタル・ムービー・コレクション』はデジタル配信中。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』はMovieNEX(4,200円+税)発売中、デジタル配信中。

<『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』リリース情報>
10月17日(水)発売
MovieNEX:¥4,200+税
4K UHD MovieNEX:¥8,000+税
4K UHD MovieNEX(数量限定スチールブック付):¥9,000+税
発売/販売元:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2018 & TM Lucasfilm Ltd.
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top