岡田将生、家族の愛に思わず涙…『家族のはなし』予告

鉄拳のパラパラ漫画原作を岡田将生主演で映画化した『家族のはなし』から、原作のパラパラ漫画と実写映像が融合した予告が公開となった。

映画
『家族のはなし』(C)「家族のはなし」製作委員会
  • 『家族のはなし』(C)「家族のはなし」製作委員会
  • 『家族のはなし』(C)「家族のはなし」製作委員会
  • 『家族のはなし』(C)「家族のはなし」製作委員会
  • 『家族のはなし』(C)「家族のはなし」製作委員会
  • 『家族のはなし』(C)「家族のはなし」製作委員会
  • 『家族のはなし』(C)「家族のはなし」製作委員会
  • 『家族のはなし』(C)「家族のはなし」製作委員会
  • 『家族のはなし』(C)「家族のはなし」製作委員会
鉄拳のパラパラ漫画原作を岡田将生主演で映画化した『家族のはなし』から、原作のパラパラ漫画と実写映像が融合した予告が公開となった。

>>『家族のはなし』あらすじ&キャストはこちら

主人公・拓也役に岡田さん、拓也の父親・小林徹役を時任三郎、そんな父と息子を見守る優しい母親・小林愛子役に財前直見、また拓也の同級生・明日香役に成海璃子と豪華共演者がそろい、ほかにも金子大地、佐藤寛太、水田信二(和牛)、渡辺憲吉が脇を固めている本作。

原作の鉄拳がアートディレクターとしても参加し、主題歌&劇中楽曲を新進気鋭のバンド「サイダーガール」が担当していることでも注目を集めている。

『家族のはなし』(C)「家族のはなし」製作委員会
そして、この度解禁された予告編には、主演の岡田さんが演じる拓也が3年ぶりに帰郷するところからスタート。大学進学のために上京するも、両親には言わずに始めたバンド活動で芽が出ず、荒んだままの拓也。

過去には足を怪我して期待されていた陸上の道が閉ざされた過去もあり、これまで重なってきた負の感情で、仲間や父親に辛く当たってしまう…。いつもは優しく隣で接してくれる、成海璃子演じる地元の同級生明日香も、そんな姿の拓也に向かって「負け犬じゃん」と厳しい言葉を放つ場面も。

『家族のはなし』(C)「家族のはなし」製作委員会

そんな拓也でも父親は変わらず接してくれ、拓也がバンドで作詞した歌詞を読むと「才能あるんじゃないか」と言葉をかける。自分勝手に生き、バンドデビューを秘密にしていた自分をずっと両親は密かに応援していてくれたことを知り、それをきっかけに、拓也にある奇跡が起こる――。

『家族のはなし』(C)「家族のはなし」製作委員会
挫折を経験しながらも人生を必死に生きる拓也と、そんな彼をそっと見守る両親の不器用だけど温かい愛に、変わらぬ家族のカタチを再確認させてくれる。さらに予告内には鉄拳によるイラストのアニメシーンも挿入されており、本作をよりほろ苦くも温かい内容となっている。


『家族のはなし』は11月23日(金・祝)よりイオンシネマにて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top