ハリウッド版『モンハン』が撮影開始!「ロックマン」「ダンレボ」…人気ゲーム映画化が止まらない

ライアン・レイノルズがピカチュウの声を務め、渡辺謙らも出演する「ポケットモンスター」の実写版『Pokemon Detective Pikachu』(原題)が、2019年5月10日の全米公開に向け準備が進められている。

最新ニュース
ミラ・ジョヴォヴィッチ ポール・W・S・アンダーソン-(C)Getty Images
  • ミラ・ジョヴォヴィッチ ポール・W・S・アンダーソン-(C)Getty Images
  • 『バイオハザード:ザ・ファイナル』
  • 『バイオハザード:ザ・ファイナル』
  • マシ・オカ
  • ジム・キャリー -(C) Getty Images
  • ジョーダン・ボート=ロバーツ監督/『キングコング:髑髏島の巨神』(C)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS,LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED
  • トム・ホランド-(C)Getty Images
ライアン・レイノルズがピカチュウの声を務め、渡辺謙らも出演する「ポケットモンスター」の実写版『Pokemon Detective Pikachu』(原題)が、2019年5月10日の全米公開に向け準備が進められている。

そんな中、先日は「モンスターハンター」「ロックマン」に続いて、まさかの「DanceDanceRevolution(ダンスダンスレボリューション)」までも実写映画化されることが相次いで報道され、話題を呼んでいる。

『モンスターハンター』ミラ・ジョヴォヴィッチが主演!『バイオハザード』コンビで映画化


「カプコン」の人気ゲームシリーズ「モンスターハンター」の世界観を基に、ハリウッドで映画化される『Monster Hunter』(原題)。ついに撮影開始となったようで、主演を務めるミラ・ジョヴォヴィッチが10月14日付けの自身のインスタグラムに共演者トニー・ジャー(『トリプルX:再起動』『マッハ!』)とのツーショット写真とともに、南アフリカ・ケープタウンの幻想的な砂漠での撮影風景を投稿している。


「モンスターハンター」シリーズは、雄大な自然の中で巨大なモンスターに立ち向かう大人気ハンティングアクションゲーム。2004年に第1作を発売して以降、14年を経たいまも確実にファンを増やし、シリーズ累計販売本数5,000万本を誇る。また、シリーズ最新作「モンスターハンター:ワールド」は世界中のユーザーから高評価を受け、「カプコン」の単一タイトルとしては史上最高の出荷本数となる1,000万本を記録(いずれの本数も8月20日時点)。協力プレイでモンスターを倒すスタイルが話題となり、「モンハン現象」と呼ばれる社会現象にまでなった。

『バイオハザード:ザ・ファイナル』『バイオハザード』コンビが成功に導く!?
監督・脚本を務めるのは、同じくミラ主演で「バイオハザード」を手掛け、大ヒットアクションシリーズに仕立て上げたポール・W・S・アンダーソン。今回の映画では、異なる世界出身の2人の主人公が、協力してモンスターと対峙する物語が描かれ、ミラがその内のひとり、国連軍のリーダー“アルテミス”役を演じ、『ヘルボーイ』シリーズや『パシフィック・リム』のロン・パールマンがハンター集団のリーダー“アドミラル”役を演じる。

キャストにはハンター役としてトニー・ジャーほか、『アントマン』シリーズでスコットの友人デイヴを演じているティップ・“T.I.”・ハリス、2019年公開予定の『ターミネーター』最新作に出演するディエゴ・ボネータ、TVドラマ版「マイノリティ・リポート」のミーガン・グッドら。公開日は未定だが、日本での配給は東宝が担当する。


『ロックマン』マシ・オカがプロデューサー、「ヤッター!」となるか!?


大ヒット海外ドラマ「HEROES/ヒーローズ」のヒロ・ナカムラ役で知られ、今夏に大ヒットしたジェイソン・ステイサムのサメ映画『MEG ザ・モンスター』にも出演したマシ・オカがプロデュースを務め、同じく「カプコン」の「ロックマン」も実写映画化される。


「ロックマン」シリーズもまた、ファミコンゲームとして1987年に第1作を発売以来、累計販売本数3,200万本(6月30日時点)を誇る大人気ゲーム。キュートながら勇ましいキャラクターのルックスと、難易度の高いアクションによるゲーム性が支持を受けており、派生作品も数多く、そのブランドはキャラクターグッズ、コミック、TVアニメや映画など、多彩な展開がなされてきた。

今回の映画化『MEGA MAN』(仮称、ロックマンの海外名称)は、キャスト、公開日などはまだ決まっていないが、製作は『猿の惑星』シリーズなどを手掛けた米チャーニン・エンターテインメント、監督・脚本は『パラノーマル・アクティビティ3』のアリエル・シュルマンとヘンリー・ジューストのコンビが務め、20世紀フォックスが配給の予定。マシ・オカといえば、Netflixオリジナル映画『Death Note/デスノート』でもプロデューサーを務めたことで知られる。長年親しまれてきた「ロックマン」の世界観を踏襲した上で、アクション映画としても幅広い年齢層が楽しめるような作品を目指していくという。


『ダンレボ』ダンスが破滅寸前の世界を救う!?


「コナミ」が1998年にアーケードゲームとして発表し、今年20周年を迎えた音楽ゲーム「DanceDanceRevolution」(ダンスダンスレボリューション)も、ハリウッドでまさかの実写化が決定したという。

音楽に合わせて画面に流れてくる矢印と、同じ方向を指す足元のフットパネルをタイミングよく踏んでいき、1曲完走できればクリアというシンプルなスタイルで知られ、特に海外ではフィットネスの効果もあるとして根強い人気がある。RPGではなく、ストーリー性も一切ないため、どのような形での映画化になるかはまだベールに包まれているが、「Deadline」や「Variety」などの報道によれば、人々の共通言語である“ダンス”が破滅に瀕した世界を救う唯一の希望になる、という設定のよう。

多くの話題作を手掛けた元ワーナー・ブラザースの重役グレッグ・シルバーマンの製作会社Stampede Venturesが手掛け、同社でテレビ番組や映画の企画開発を統括するカラ・ファノのもとで企画が進められており、『キッズ・オールライト』製作総指揮のJ・トッド・ハリスらに「コナミ」も製作に加わるという。さらなる続報を待ちたいところだ。


『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』実写とCGアニメのハイブリッド作品に


「セガ」が生み出した、音速より早く走れる青いハリネズミが主人公の「ソニック」シリーズも映画化が進められており、実写とCGアニメーションのハイブリッド作品となる。超音速で駆け抜けるゲームの爽快感とクールなキャラクターが人気となった同キャラクターは、2008年には英国の新聞の人気キャラクターランキングで1位に選ばれ、2016年には米・国立博物館のビデオゲームの殿堂「World Video Game Hall of Fame」に選出。2012年のディズニーアニメ『シュガー・ラッシュ』に“ゲスト出演”したこともある。

CGで登場するソニックの声を『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でBB-8のヴォイス・コンサルタントを務めたベン・シュワルツが演じ、宿敵のDr.エッグマンを演じるのはジム・キャリー!

ジム・キャリー -(C) Getty Images
『デッドプール』の監督ティム・ミラーが製作総指揮、『ワイルド・スピード』シリーズなどのニール・H・モリッツがプロデューサー。パラマウント・ピクチャーズとセガの共同製作で、『キャプテンハーロック』などを手掛けてきたセガグループのマーザ・アニメーションプラネットが企画・プロデュース、およびCGアニメーションパートの製作に参画する。2019年11月15日に全米公開予定。


さらに、『キング・コング:髑髏島の巨神』のジョーダン・ボート=ロバーツ監督が、小島秀夫が手掛けた「コナミ」の「メタルギア」の映画化『Metal Gear Solid』(原題)を進めている。ロバーツ監督は日本のサブカルチャーに造詣が深く、自身も熱烈なファンであることを公言しており期待が持てそうだ。

ジョーダン・ボート=ロバーツ監督/『キングコング:髑髏島の巨神』(C)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS,LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

なお、ハリウッドでは日本製に限らず人気ゲームの実写化が1つの潮流となりつつあり、ドウェイン・ジョンソンが主演を務めたアーケードゲームの実写化『ランペイジ 巨獣大乱闘』が今年日本でも公開された。

また、トム・ホランドがソニー・インタラクティブエンタテインメントが発売する「アンチャーテッド」の映画化で主人公ネイトことネイサン・ドレイクを演じることが発表されており、Netflix「ストレンジャー・シングス 未知の世界」や『ナイト ミュージアム』シリーズのショーン・レヴィが監督を務める。

殺人ウィルスのパンデミック後を舞台にしたオンラインRPG「ディヴィジョン」の映画化『The Division』(原題)ではジェイク・ギレンホール、ジェシカ・チャステインが主演、『アトミック・ブロンド』『デッドプール 2』のデヴィッド・リーチが監督。映画ではないが、Netflixがオリジナルシリーズにする「The Witcher/ウィッチャー」(原題)にはヘンリー・カヴィルと、いずれも有名スターがキャスティングされている。

とはいえ、これまでのゲーム実写化といえば…


『バイオハザード』は最も成功したシリーズといえるが、なかには評価が微妙なものも数多い。「コナミ」より発売されたホラーアドベンチャーゲームの実写化『サイレントヒル』(06)はゲーム音楽を手掛けた山岡晃が製作総指揮を務めたこともあってか好評を得たが、続編『サイレントヒル: リベレーション3D』(12)は前作より評価が芳しくなかった。

1996年に登場した「スクウェア・エニックス」の「トゥームレイダー」は主人公ララ・クロフトをアンジェリーナ・ジョリーが演じた2作品(91/93)と、アリシア・ヴィキャンデルが演じた『トゥームレイダー ファースト・ミッション』(18)があるが、最もヒットした最初の作品でアンジーはゴールデンラズベリー賞にノミネートされている。


相次ぐ人気ゲームの実写化に、Twitterでは『ストリートファイター』(94)ほか、『スーパーマリオ 魔界帝国の女神』(93)が引き合いに出され、「マリオみたいにならないといいけど」「不安しかない」といった声も上がっているが、果たしてどうなるだろうか? 引き続き注目していて。
《text:Reiko Uehara》

関連ニュース

特集

page top