稲垣吾郎、“ダメな父”がハマると言われ「複雑」『半世界』東京国際映画祭で初お披露目

現在開催中の第31回東京国際映画祭コンペティション部門にて『半世界』がワールドプレミア上映され、主演の稲垣吾郎と阪本順治監督が記者会見&舞台挨拶に登場した

最新ニュース
『半世界』東京国際映画祭(C)2018「半世界」FILM PARTNERS
  • 『半世界』東京国際映画祭(C)2018「半世界」FILM PARTNERS
  • 『半世界』(C)2018「半世界」FILM PARTNERS
  • 『半世界』(C)2018「半世界」FILM PARTNERS
  • 『半世界』東京国際映画祭(C)2018「半世界」FILM PARTNERS
  • 『半世界』(C)2018「半世界」FILM PARTNERS
  • 第31回東京国際映画祭 コンペティション部門『半世界』 オープニングセレモニーにて
  • 『半世界』(C)2018「半世界」FILM PARTNERS
稲垣吾郎が主演を務める阪本順治監督最新作『半世界』。10月30日(火)、現在開催中の第31回東京国際映画祭コンペティション部門にてワールドプレミア上映され、稲垣さんと阪本監督が記者会見&舞台挨拶に登場した。

>>『半世界』あらすじ&キャストはこちらから

■稲垣吾郎、環境の変化の中で「この作品にめぐりあえたのは幸せ」


この日、ワールドプレミア上映に先立って行われた記者会見の会場はすし詰め状態、記者たちで溢れかえる熱気あふれる会見となった。

本作で、妻(池脇千鶴)と反抗期の息子がいる炭焼職人を演じ、これまでのイメージを払拭するかのような体当たりの演技を見せている稲垣さんは、「さえない夫、ダメな父という役がハマってるという評判ですが」と言われると「ハマっていると言われると複雑なところもありますが」と笑わせつつ、「今回大きかったのは、自分の環境の変化があっていろいろなことがあった中で役者としては初めてのお仕事でしたので、この作品にめぐりあえたのは幸せなことだと思っています」と真摯にコメント。「こうしてその作品を皆さんに届けられるのがうれしいです」と胸の内を明かした。

『半世界』(C)2018「半世界」FILM PARTNERS
その後も、記者から途切れることなく質問が飛び、阪本監督に対して登場人物たちがいわゆる会社員ではないキャラクターであること、地方都市を舞台にしていることの意味を問う質問が飛ぶと、監督は「90%ロケだった『エルネスト』、3か国をまたいだ『人類資金』といった作品の後に、あらためて地元に帰るような気持ちで映画を撮りたい、間口は狭いけれど深い内容を描きたいと思いました。地方都市で完結するのではなく、小さな世界から世界を見る、ということをやってみたかったのです」と回答。1つ1つの質問に丁寧に答える監督の様子に、記者たちも深くうなづく場面も観られた。

さらに続いて行われた舞台挨拶では、初めて一般観客に本作がお披露目。この貴重な機会に、稲垣さんや監督も笑顔を見せていた。

『半世界』東京国際映画祭(C)2018「半世界」FILM PARTNERS
『半世界』は2019年2月、TOHOシネマズ日比谷ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top