第31回東京国際映画祭、華々しく開幕!松岡茉優&稲垣吾郎&宮野真守らレッドカーペットに登場

第31回東京国際映画祭(TIFF)が10月25日(木)に開幕。同日、メイン会場である東京・六本木ヒルズアリーナにて、オープニングを飾る豪華なレッドカーペットが行われた。

最新ニュース
第31回東京国際映画祭
  • 第31回東京国際映画祭
  • 第31回東京国際映画祭 アンバサダー 松岡茉優
  • 第31回東京国際映画祭 アンバサダー 松岡茉優
  • 第31回東京国際映画祭 特別招待作品『ギャングーズ』 入江悠監督、加藤諒、渡辺大知、山本舞香ら
  • 第31回東京国際映画祭「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1『罪と罰』」「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2『First Guardian』」関智一(狡噛慎也役)、野島健児(宜野座伸元役)ら
  • 第31回東京国際映画祭 アジア三面鏡2018:Journey 長谷川博己ら
  • 第31回東京国際映画祭 アジア三面鏡2018:Journey 長谷川博己ら
  • 第31回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ『漫画誕生』イッセー尾形、篠原ともえ
第31回東京国際映画祭(TIFF)が10月25日(木)に開幕。同日、メイン会場である東京・六本木ヒルズアリーナにて、オープニングを飾る豪華なレッドカーペットが行われた。

■今年のアンバサダーを務める松岡茉優、「楽しい時間に」


第31回東京国際映画祭アンバサダーを務めるのは、女優の松岡茉優。昨年のTIFFで主演作『勝手にふるえてろ』(大九明子監督)が観客賞に輝き、松岡さん自身も期待の若手俳優に贈られるジェムストーン賞を受賞した、まさにTIFFの顔にふさわしい人選だ。

第31回東京国際映画祭 アンバサダー 松岡茉優
華々しく映画祭の幕開けを彩った松岡さんは「たくさんの国から、すばらしい作品が届き、そして発信するこの場所が大好きです!」とTIFFへの強い思い入れを語り、「毎年楽しみにしている映画祭のアンバサダーを務めさせていただき、光栄です。楽しい時間にしましょう」と駆け付けた映画ファンに呼びかけていた。

■稲垣吾郎、コンペ出品作『半世界』引っさげTIFFに初登場!


第31回東京国際映画祭 コンペティション部門『半世界』
映画祭の顔ともいうべき「コンペティション部門」では、2018年1月以降に完成した長編映画を対象に、世界109の国と地域、そして応募作品1829本の中から、厳正な審査を経た16本の作品が期間中に上映され、グランプリをはじめ各賞を競い合う。

第31回東京国際映画祭 コンペティション部門『半世界』稲垣吾郎、長谷川博己
今年は2本の日本映画が選出されており、そのうちの1本である『半世界』を代表し、主演の稲垣吾郎をはじめ、長谷川博己、池脇千鶴、渋川清彦、阪本順治監督(『エルネスト もう一人のゲバラ』『北のカナリアたち』)がレッドカーペットに登場。本作で炭焼き職人を演じた稲垣さんはTIFF初登場を果たし、ファンとの交流を味わっていた。阪本監督が「素は非常に素朴で、土の匂いを感じる人」(9月25日に行われたTIFFラインナップ発表会での発言)と評した稲垣さんの“新境地”に注目だ。

■宮野真守×櫻井孝宏! 関智一×野島健児! 人気声優に大きな歓声


第31回東京国際映画祭 クロージング作品『GODZILLA 星を喰う者』宮野真守(ハルオ・サカキ役)、櫻井孝宏(メトフィエス役)
近年、TIFFが力を入れているのが、日本が世界に誇るアニメーションの国際的な発信。今年は『ゴジラ』史上初のアニメ作品となる劇場3部作の最終章『GODZILLA 星を喰う者』。が、栄えあるクロージング作品に選ばれており、レッドカーペットには宮野真守(ハルオ・サカキ役)、櫻井孝宏(メトフィエス役)という当代きっての人気声優が揃い踏み! 同作は“破壊の王”ゴジラ・アースvs.“虚空の神”ギドラ”の激突をダイナミックに描いている。

第31回東京国際映画祭 クロージング作品『GODZILLA 星を喰う者』
また、特別招待作品として上映される「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1『罪と罰』」「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2『First Guardian』」からは、こちらも大人気の声優である関智一(狡噛慎也役)、野島健児(宜野座伸元役)が登場し、ファンの大歓声を浴びていた。

■圧巻の存在感!“映画俳優”役所広司がレッドカーペットに降臨


第31回東京国際映画祭 Japan Now『映画俳優 役所広司』役所広司、沖田修一監督、白石監督
レッドカーペットで圧巻の存在感を刻んだのが、俳優の役所広司。今年の「Japan Now部門」にて「映画俳優 役所広司」と題し、貴重な90年代の出演作から最新作までを紹介し、俳優キャリア40周年を迎えた役所さんの歩みをふり返ることになったのだ。

上映されるのは『Shall we ダンス?』『うなぎ』『CURE キュア』『キツツキと雨』『孤狼の血』の5本。全ての上映回にて、役所さんが登壇するQ&Aが予定されており、どんな秘話が飛び出すか注目が集まっている。レッドカーペットには『キツツキと雨』の沖田修一監督、『孤狼の血』の白石和彌監督も駆けつけた。

■2018年最大の事件『カメラを止めるな!』チームも参上!


第31回東京国際映画祭 Japan Now『カメラを止めるな!』
同じく「Japan Now部門」で上映される『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督をはじめ、濱津隆之、真魚、しゅはまはるみ、秋山ゆずきら20数名がレッドカーペットに参上! 製作費300万円、当初は都内2館での封切りだったが、口コミで評判が広まり、現在までに興収28億円を超えている本作。TIFFでの上映(10月31日)もすでにチケットは完売しており、2018年最大の事件となった『カメ止め』旋風は、いまも勢いが止まらない!

【第31回東京国際映画祭 開催概要】
期間:2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)(10日間)
会場:六本木ヒルズ、EXシアター六本木、東京ミッドタウン日比谷、日比谷ステップ広場ほか都内の各劇場及び施設・ホールを使用
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top