「高校生の晶かっこよすぎ」岡田健史に改めて熱い視線が集中…「中学聖日記」6話

有村架純が“禁断の恋”に落ちる女性教師を演じる火曜ドラマ「中学聖日記」が11月13日放送の第6話から「新章」に突入。あれから3年、高校生になった黒岩晶を演じる岡田健史に、改めてSNSには熱狂の嵐が吹き荒れている。

最新ニュース
「中学聖日記」第6話 (C) TBS
  • 「中学聖日記」第6話 (C) TBS
  • 「中学聖日記」第6話 (C) TBS
  • 「中学聖日記」第6話 (C) TBS
  • 「中学聖日記」第6話 (C) TBS
  • 「中学聖日記」第6話 (C) TBS
  • 「中学聖日記」第6話 (C) TBS
  • 「中学聖日記」第6話 (C) TBS
  • 「中学聖日記」第6話 (C) TBS
有村架純が“禁断の恋”に落ちる女性教師を演じる火曜ドラマ「中学聖日記」が11月13日放送の第6話から「新章」に突入。あれから3年、高校生になった黒岩晶を演じる岡田健史に、改めてSNSには熱狂の嵐が吹き荒れている。

片田舎の中学校で教師となったものの自らの生徒と恋に落ち、学校に辞め、婚約も破棄することになった末永聖を有村さんが演じ、聖に恋した生徒の黒岩晶を岡田さんが、聖の元婚約者で商社マンの川合勝太郎を町田啓太が、晶のことが好きな同級生の岩崎るなを小野莉奈が、勝太郎のバイセクシャル上司・原口律を吉田羊がそれぞれ演じるほか、聖を恨み続ける晶の母親・愛子に夏川結衣、友近、マキタスポーツらも出演。今回から聖が働く小学校の同僚の野上一樹役で渡辺大らも加わった。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
あれから3年を経た2018年、塾講師を経て今度は小学校教師として再出発していた聖だが、野上と共に訪れた雑貨市で晶を見かけてしまう。一方、仕事に没頭する毎日を送る勝太郎のもとに律が部長として赴任、勝太郎は律に猛アタックを開始する。


晶はその後友人らと連絡を絶ち、進学校で高校生活を送っていたが、クラスの同窓会に出席、そこでるなから再び告白され2人の関係は急接近。聖の前には勝太郎が現れ、お互い新たな道を踏み出そうと行ってわだかまりを解決する。


だが、聖の同僚の野上は聖の過去を知っていた。さらに愛子も聖が教師を続けていたことを突き止める。また聖の生徒の1人、彩乃の母親・美和も聖について何か気付いている様子で…というのが6話の展開。

今回は高校3年生となった晶を演じる岡田さんに改めて注目が集まる展開に。新たな制服に身を包み、少し大人びた表情で高校生活を送る晶の姿に「黒岩くんイケメンすぎるしむり好き」「18歳の黒岩くんか、かっこい、イケメン」「高校生の晶かっこよすぎて反則」などの声が殺到。


ラストで晶は再会したるなとホテルに行き、そこでるなから「聖を忘れさせてあげる」と言われ、2人が深い関係になることを示唆するカットが映し出されたが「晶は聖が勝太郎さんと結婚して、自分のことはあそこで捨てたと思ってるんだもんな、恨んでいてもおかしくないよな」と晶の気持ちに思いをはせるツイートも。

「今の生活が続いてほしい」と願っていた聖だが、晶との再会に過去の知る者の存在と、新たな生活にも波乱の予感が。後半戦に突入した「中学聖日記」の今後の展開に注目だ。

《笠緒》

関連ニュース

特集

page top