アダム・ドライバーが危険な秘密結社に潜入… 『ブラック・クランズマン』特報

第71回カンヌ国際映画祭グランプリを受賞し、本年度アカデミー賞最有力候補と言われる、スパイク・リー監督最新作『ブラック・クランズマン』から特報とティザービジュアルが解禁した。

映画 洋画ニュース
第71回カンヌ国際映画祭グランプリを受賞し、本年度アカデミー賞最有力候補と言われる、スパイク・リー監督最新作『ブラック・クランズマン』。黒人刑事が謎に満ちた白人至上主義団体“KKK”へ潜入捜査する型破りな物語を描いた本作から、特報とティザービジュアルが解禁した。

>>『ブラック・クランズマン』あらすじ&キャストはこちら

主人公のロン・ストールワースを演じるのは、名優デンゼル・ワシントンを実父にもつジョン・デヴィッド・ワシントン。ロンの相棒フリップ・ジマーマンを『スター・ウォーズ』シリーズ、『沈黙 -サイレンス-』、『パターソン』などで演技に定評のあるアダム・ドライバーが演じる。

『ブラック・クランズマン』(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.
今回解禁された特報映像は、KKK(白人至上主義を掲げる危険な秘密結社)のメンバーが三角白頭巾を身に纏い、炎に包まれた巨大な十字架に向かって掲げ祈りを捧げるシーンから始まる。不穏な雰囲気が漂う空気の中心には青いケープに身を包んだデービッド・デューク(トファー・グレイス)の姿が。明らかに“ヤバイ”雰囲気の組織だが、ここで黒人刑事ロン・ストールワース(ジョン・デヴィッド・ワシントン)が問題の言葉を発したのだ。「俺が潜入する」。

「白人至上主義団体に黒人が潜入するなんてありえない!」と失笑する同僚たちであったが、ロンは「白人として電話をかける」と言い切った。黒人刑事のロンが白人を装い電話をし、同僚の白人刑事フリップ・ジマーマン(アダム・ドライバー)が実際にKKKに潜入するという大胆不敵な作戦に、「イカれてんだろ!」と唖然な顔を浮かべたフィリップだったが…。2人の企みは上手くいくのか?


同時に解禁されたティザービジュアルは、白と黒のモノクロで、白い星が本来とは別の位置に配置されている星条旗が背景に。その中で、主人公ロン・ストールワース(ジョン・デヴィッド・ワシントン)がじっと真っ直ぐにこちらを見つめている。アフロヘアーで腕を前で組みスッと立つ不敵な表情で一体何を企むのか?

『ブラック・クランズマン』(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.
史上最も危険な潜入捜査の幕開けを予感させる、そして劇場公開がさらに待ち遠しくなるビジュアルだ。

『ブラック・クランズマン』は、2019年3月よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top