ケヴィン・ハート、オスカーの司会を辞退!過去のツイートが「人を傷つけた」として

先週、来年のアカデミー賞授賞式の司会に選ばれ、SNSで喜びを爆発させていたコメディアンのケヴィン・ハートが、自ら司会のポジションを手放すこととなった。

最新ニュース
ケヴィン・ハート -(C)Getty Images
  • ケヴィン・ハート -(C)Getty Images
  • ケヴィン・ハート -(C)Getty Images
  • アカデミー賞-(C)Getty Images
  • アカデミー賞-(C)Getty Images
先週、来年のアカデミー賞授賞式の司会に選ばれ、SNSで喜びを爆発させていたコメディアンのケヴィン・ハートが、自ら司会のポジションを手放すこととなった。

司会に決まるや否や、10年前にスタンダップコメディの場ツイッターで、「アンチ同性愛」発言を行っていたことが取りざたされたケヴィン。アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーから「きみが公的に謝罪するか、新しい司会を探すことになる」と言われ、ケヴィンは「謝罪はパスする」とSNSで宣言。その理由は、「過去すでに、自分の発言や行動を顧みて、何が正しいことか、悪いことかに向き合ってきた。自分は成長したし、完全に昔とは違う人間だから」だという。

そして最終的には、「辞退すること」を発表。「オスカーの司会を辞退することに決めました。素晴らしい才能を持つアーティストを祝う場を、台無しにしたくないからです。過去の俺の心ない言葉でLGBTQコミュニティの方々を傷つけてしまい、申し訳ありませんでした」と謝罪もしている。「これからも、俺は進化し続けていきたい。目標は、人々(の心)をバラバラにするのではなく、結びつけることです。たくさんの愛と感謝をアカデミーに。また会えることを願って」と結んだ。


《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top