『ペット』最新作、2019年夏公開決定! 新たな仲間が加わった日本版特報も

『ミニオン』シリーズや『SING/シング』を生み出したイルミネーションの『ペット』最新作が、2019年夏に公開されることが分かった。併せて、日本版オリジナル特報も解禁に。

映画
『ペット』最新作(C)Universal Studios.
  • 『ペット』最新作(C)Universal Studios.
  • 『ペット』(C)Universal Studios.
『ミニオン』シリーズや『SING/シング』を生み出したイルミネーションの『ペット』最新作が、2019年夏に公開されることが分かった。併せて、日本版オリジナル特報も解禁に。

イルミネーション・エンターテインメントは、2010年の『怪盗グルーの月泥棒 3D』から始まり、2015年の『ミニオンズ』や2017年『SING/シング』など常にヒット作を生み続けている。2017年の『怪盗グルーのミニオン大脱走』は73億円を超えるメガヒットを記録し、その勢いはとどまるところを知らない。日本では、今年12月にアニメ『グリンチ』の公開を控え、新たなクリスマス映画の誕生が期待されている。

2016年に公開された『ペット』は、N.Y.を舞台に、飼い主が留守にしている間のペットたちの日常が描かれる。その個性豊かな可愛らしいキャラクターたちが話題となり、日本だけではなく世界中で大ヒットとなった。その続編となる『ペット』最新作で、“お行儀よく留守番できない彼ら”が帰ってくる。

『ペット』(C)Universal Studios.2016年公開『ペット』
今回解禁となった日本版オリジナル特報では、前作で大活躍したペットたちが大集合。主人公のマックスはエリザベスカラーを首に巻き、猫のクロエとポメラニアンのギジェット、パグのメルはみんなで猫耳をつけて遊んでいる。前作で元ペット集団のボスだったウサギのスノーボールも、スーパーマン(!?)になって登場。さらには新たなペットの仲間も顔を見せ、またもや飼い主がいない間にヒミツの大騒動が巻き起こる予感…。はたして彼らは、こんどはどんな“留守番”を見せてくれるのか。


『ペット』最新作は2019年夏、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top