登坂広臣&中条あやみの最後の恋に涙…『雪の華』葉加瀬太郎が奏でるMV解禁

登坂広臣と中条あやみを迎えた『雪の華』から、葉加瀬太郎が奏でる「雪の華」のメロディーに心揺さぶられ、感涙するスペシャルMVが初解禁。

映画
★『雪の華』(C)2019映画「雪の華」製作委員会
  • ★『雪の華』(C)2019映画「雪の華」製作委員会
  • 葉加瀬太郎
  • 『雪の華』(C)2019映画「雪の華」製作委員会
  • 『雪の華』(C)2019 映画「雪の華」製作委員会
  • 『雪の華』クリスマスカット (C)2019 映画「雪の華」製作委員会
  • ★『雪の華』(C)2019映画「雪の華」製作委員会
  • 『雪の華』(C)2019 映画「雪の華」製作委員会
  • 『雪の華』(C)2019 映画「雪の華」製作委員会
中島美嘉の冬ラブソングの名曲を、5年ぶりの恋愛映画となる登坂広臣と最旬女優・中条あやみを迎え、大人のラブストーリーとして映画化した『雪の華』。この度、日本を代表するヴァイオリニスト・葉加瀬太郎が奏でる「雪の華」のメロディーに心揺さぶられ、感涙するスペシャルMVが初解禁となった。

>>『雪の華』あらすじ&キャストはこちらから

葉加瀬さんといえば、セリーヌ・ディオンのワールドツアーに参加するなど、世界でも絶大な評価を得ているほか、「情熱大陸のテーマ」でお馴染みの楽曲の演奏でも広く知られ、国内・国外問わず活躍。安室奈美恵のベストアルバム「Ballada」収録の「CAN YOU CELEBRATE?」やアリアナ・グランデのアルバム「My Everything」収録の「ベイビー・アイ feat.葉加瀬太郎」など、有名アーティストとのコラボレーションも多く、様々なジャンルから引っ張りだこのヴァイオリニスト。

葉加瀬太郎
そんな葉加瀬さんが、全編を通して映画音楽を手掛けるのは本作が初めて。この度解禁されたMVには、北欧フィンランドの美しい景色の中、笑顔で走る悠輔と美雪の姿、ドレスアップをし照れくさそうにしながらも幸せそうに手をつないで歩く2人の姿、悠輔の妹・弟との楽しい食事姿など幸福なシーンが満載。

しかし楽曲がエモーショナルになるにつれ音楽とシンクロするように、明るい表情から一変して、涙に目を潤ませる悠輔と美雪。悠輔は、若村(田辺誠一)に真剣な表情で頭を下げ懇願し、懸命に雪原を走り、最後にはどうにもならない思いが募り、涙ながらに叫び、また、美雪も母親(高岡早紀)に抱きしめられ、電話の最中にも堪えきれずに思わず涙を流し、さらにひとり、目を滲ませ雪景色の中で必死に祈りを捧げる姿が…。

葉加瀬さんの奏でる美しくも切ないヴァイオリンの旋律が、2人の最後の恋の行方をよりドラマティックに演出し、涙なしには見られない映像となっている。


映画の劇伴全てを初めて手掛けた葉加瀬さんは、「作品全体を通して、徐々に心に沁みていくのが理想ですね。それは、すべての音を手掛けるからこそ初めて出来ることで、とても楽しい作業でした」とコメント。本編の見どころについては、「それはもう、ラストです。間違いなく」と断言。「雪の華もオーロラも、その美しさは儚さにあります。消えてなくなるから美しい。音楽も同じ。最後のシーンに、綺麗なヴァイオリンの音をのせたい」と語っており、“宝物のような曲ができた!”という美しい旋律を堪能できる。

『雪の華』(C)2019映画「雪の華」製作委員会
『雪の華』は2月1日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top