キス迫る横浜流星&杉野遥亮のウサギ姿に胸キュン『L・DK』上白石萌音の主題歌入り予告

『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』の主題歌が、上白石萌音×内澤崇仁(androp)「ハッピーエンド」に決定。併せて予告編も到着した。

映画
内澤崇仁・上白石萌音『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』(C)「2019 L・DK」製作委員会
  • 内澤崇仁・上白石萌音『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』(C)「2019 L・DK」製作委員会
  • 『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』(C)「2019 L・DK」製作委員会
上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星と新たなキャストで贈る『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』の主題歌が、上白石萌音×内澤崇仁(androp)「ハッピーエンド」に決定。併せて予告編も到着した。

>>『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』あらすじ&キャストはこちらから

■上白石萌音が主題歌を歌う!


今回決定した主題歌「ハッピーエンド」は、映画を観て内澤崇仁が書き下ろした楽曲で、作詞・作曲・編曲を内澤さんが担当。歌手としても活躍する上白石さんが、デモ音源を聴き、「歌いたい」と熱望し実現した意欲作だ。ポップでドラマティックなメロディ、そして恋する女の子の気持ちが表現されている。

■主題歌は…「運命的なものを感じた」「歌詞が本当にかわいい」


上白石さんは「初めてこの曲のメロディを聴いた時に、1回聴いただけなのにずっと頭からそのメロディが離れなくて『この曲を歌いたい』と、運命的なものを感じたのを覚えています」と楽曲に衝撃を受けたと明かし、「歌詞が本当にかわいいんです。男性の内澤さんがなぜこんなにかわいい歌詞を書けるんだろう、なぜこんなに恋する女の子の心がわかるんだろうって。私もまだ経験したことがないくらいの、ドキドキとキュンキュンが詰まっています」と魅力を説明。

一方、楽曲制作を手掛けた内澤さんは「楽曲で僕が一番に重きを置いたのは、やはり萌音さんの初キスシーン。初めてって、一度しかないですよね。その初体験を歌詞でそのまま『キス』というワードにしたり、『照れた時に髪を触るクセがある』『ハンバーグが好き』と具体的に表現していくと同時に、萌音さんがこれからもずっと歌い続けてくれる普遍的な曲にしたいという想いも込めました」と楽曲について思いを明かしている。

■うさぎの着ぐるみにメイド姿も!? ドキドキの予告編公開


公開中の胸キュンシーンがぎゅっと詰まった特報とはまた違い、さらに物語に踏み込んだ予告編が公開。

バックハグや頭ぽんぽん、キス寸前…と、イケメンふたりの奪い合いに胸キュンするシーンに加えて、ラブラブだった葵と柊聖との間に変化も…!? 柊聖と玲苑がぶつかる様子も確認することができ、ますます恋の結末が気になる映像となっている。


『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』は3月21日(木・祝)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top