上白石萌音、アフレコで役に共感「アリータが涙を流すと私も」『アリータ』

映画『アリータ:バトル・エンジェル』から、主人公の日本語吹き替えを担当した上白石萌音の声も収録されている、日本語吹き替え版の本予告が公開された。

映画
『アリータ:バトル・エンジェル』(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
  • 『アリータ:バトル・エンジェル』(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
  • 『アリータ:バトル・エンジェル』(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
  • 『アリータ:バトル・エンジェル』(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
  • 『アリータ:バトル・エンジェル』(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
  • 『アリータ:バトル・エンジェル』本ポスター (C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

映画『アリータ:バトル・エンジェル』から、主人公の日本語吹き替えを担当した上白石萌音の声も収録されている、日本語吹き替え版の本予告が公開された。

>>『アリータ:バトル・エンジェル』あらすじ&キャストはこちらから

上白石さんが本作で声を担当したのは、荒廃した瓦礫の中からサイバー医師イドに拾われ、蘇ったサイボーグの少女アリータ。ハリウッド映画のアフレコ初挑戦となった彼女は、不安もありつつ「これまであまり運動ができない内向的なキャラクターを演じることが多かったのですが、アリータは強くて、たくましくて、カッコいい女の子なので“新しい自分を見つけてみたいな”とワクワクしました」とこれまでに演じたことのないキャラクターへの挑戦に心躍ったそう。

『アリータ:バトル・エンジェル』(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
到着した映像では、前半は記憶をなくし、人間の少女のように思い悩むアリータを演じ、後半は“最強兵器”だったという逃れられない運命と封印されていたパワーに覚醒め、怒りの感情を露わにする場面も登場している。

「アリータは、身体はサイボーグなのですが、物語の中盤から終盤にかけて、人間らしい愛情や、人情を大事にする心が芽生えていきます」と物語が進むにつれ、成長していくと明かす上白石さん。

『アリータ:バトル・エンジェル』(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
アフレコ収録を終え「アリータが涙を流すと私も同じようにボロボロと泣いてしまいました。実際に泣いてしまうと鼻が詰まってしまって、後のシーンに支障が出てしまうのに何度やっても涙が止まらなくなってしまいました」とアリータの葛藤に共感し、アフレコ中にも関わらず涙が止まらなくなってしまったそう。また「戦うシーンや、強気なセリフのシーンでは、今まで自分でも発したことのない声が出ました」と、戦闘シーンでは新境地を切り開いたようだ。

『アリータ:バトル・エンジェル』(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
『アリータ:バトル・エンジェル』は2月22日(金)より全国にて公開。

《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top