森川智之&神谷浩史ら豪華声優陣が集結!『アリータ』吹替キャスト発表

『アリータ:バトル・エンジェル』の日本語吹き替え声優が決定した。

映画 洋画ニュース
『アリータ:バトル・エンジェル』(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
  • 『アリータ:バトル・エンジェル』(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
  • 『アリータ:バトル・エンジェル』(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
  • 『アリータ:バトル・エンジェル』(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
  • 『アリータ:バトル・エンジェル』(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
  • 『アリータ:バトル・エンジェル』(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
  • 『アリータ:バトル・エンジェル』本ポスター (C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
ジェームズ・キャメロン製作・脚本の映画『アリータ:バトル・エンジェル』の日本語吹き替え声優が決定した。

>>『アリータ:バトル・エンジェル』あらすじ&キャストはこちらから

本作の主人公アリータ役の日本語吹き替えは、女優・上白石萌音が担当することがすでに発表されているが、このほど新たにそのアリータを取り巻くキャラクターたちの吹き替えを実力派声優たちが務めることが明らかに。

『アリータ:バトル・エンジェル』(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
クリストフ・ヴァルツが演じている荒廃した瓦礫の中からアリータを拾い、父親代わりとなるサイバー医師イド役を、『ミッション:インポッシブル』シリーズのイーサン・ハントなど、トム・クルーズの吹き替えでお馴染みの森川智之。アリータを破壊しようと目論むバトルロイヤルゲーム“モーターボール”の支配者ベクター役を、『X-MEN』シリーズのアレックス・サマーズ/ハヴォックの吹き替えなどを担当する鶴岡聡

アリータに敵対心を持つ非道なハンター戦士ザパン役を、「夏目友人帳」「黒子のバスケ」「進撃の巨人」など数々の人気アニメ作品に出演する神谷浩史。アリータに失った過去の記憶を取り戻す手助けをする青年ヒューゴ役を、「ダイヤのA」「Free!」、全編アニメ化されることで話題の「フルーツバスケット」への出演も決定している島崎信長が担当することが決定。

公開日がとても待ち遠しいと語る森川さんは「イドはとても難しいデリケートな役どころです。とても演じがいがありました」「魅力的なイドの吹き替えを出来たことは、僕自身の声優キャリアの中でも、とても大きな意義を持つのではないかと思っています」と演じた感想を述べている。

『アリータ:バトル・エンジェル』(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
また、ジェームズ・キャメロンが20数年の構想期間を経て映画化した作品への参加について、鶴岡さんは「日本の文化が様々な形で世界に融合しているのは素晴らしい事だと思っておりますので、今回日本の漫画を基に20年以上温めてきた作品に出演できて大変光栄でした」と喜びを明かした。

一方、原作コミックスを読んでいたという神谷さんは「まさか参加できるとは! 人生は何が起こるかわからないものです」と興奮気味。島崎さんは「ヒューゴはとある夢を持ち、一途にそれに向かって進み続けている男です。そんな夢ばかり追っていたヒューゴが、アリータと出会い少しずつ変わっていく様が面白かったです」と役の魅力を語っている。

そのほか、ベクターと共に行動するモーターボール選手の調整技師・チレン役を山像かおり、アリータを襲う巨大なサイボーグ・グリュシュカ役に木村雅史、ヒューゴの友達タンジ役を榎木淳弥が担当する。

『アリータ:バトル・エンジェル』は2月22日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top