『ROMA』フェルミン役俳優、ついに米入国ビザをゲット!オスカー出席へ

今年度の賞レースで数々の賞を獲得してきたアルフォンソ・キュアロン監督の『ROMA/ローマ』。

最新ニュース ゴシップ
『ROMA』(原題) (C) Netflix
  • 『ROMA』(原題) (C) Netflix
  • 『ROMA』メイキングカット (C) Netflix
今年度の賞レースで数々の賞を獲得してきたアルフォンソ・キュアロン監督の『ROMA/ローマ』。24日(現地時間)の開催アカデミー賞でも作品賞や監督賞など10部門にノミネートされており、特にNetflix作品では初となる作品賞受賞への期待が高まっている。監督、キャスト、スタッフらが勢ぞろいするであろうオスカーだが、キャストのひとりのホルヘ・アントニオ・ゲレーロの出席が危ぶまれていた。メキシコ人のホルヘは、これまで3回もアメリカへの入国ビザが拒否されていたのだ。

ビザの許可が下りず、ゴールデングローブ賞やプレミアなど、たびたびイベントへの出席の機会を逃してきたホルヘ。主役のクレオ(ヤリッツァ・アパリシオ)の恋人フェルミン役を文字通り“全身”全霊で演じただけに、アカデミー賞にだけはみんなで参加したいとの思いが強かったはず。

そしてこのたび、ついにホルヘはビザを手にすることができた。Netflixやキュアロン監督がメキシコの米国大使館に手紙を書くなどして交渉し、ホルヘに一時渡航者用のビザの許可が下りたという。ホルヘは自身のインスタグラムでオスカーに出席することを報告し、ビザ取得に協力してくれた関係者に感謝の意を綴っている。

View this post on Instagram

@USEmbassyMEX

Jorge A Guerreroさん(@jorgeaguerrero_)がシェアした投稿 -

《賀来比呂美》
賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top