成田凌の“ダメ彼氏感”全開!「サイテー男の無自覚の酷さを共有したい」

今泉力哉監督『愛がなんだ』で、成田凌のちょっとダメな“彼氏感”全開のリアルすぎる演技が話題となっている。

映画 邦画ニュース
直木賞作家・角田光代の片思い小説を、“正解のない恋の形”を模索し続けてきた今泉力哉監督が映画化した『愛がなんだ』。いま、本作はじめ話題作が続々出演する成田凌のちょっとダメな“彼氏感”が「リアルすぎる」と話題となっている。

>>『愛がなんだ』あらすじ&キャストはこちらから

本作の主人公は 28歳のOL・テルコ(岸井ゆきの)。彼女がひと目ぼれしたのがマモルで、自分の時間の全てをマモルに捧げ、その結果、仕事を失いかけても、親友に冷たい目で見られても、マモルがいてくれるならテルコはこの上なく幸せだと考えている。

そんなマモルを演じる成田さんは、 先日の第42回日本アカデミー賞にて新人俳優賞を受賞、2018年だけでも『劇場版コード・ブルー‐ドクターヘリ緊急救命‐』『ここは退屈迎えに来て』『スマホを落としただけなのに』『ビブリア古書堂の事件手帖』など話題作への出演が相次ぎ、今年もすでに『チワワちゃん』や『翔んで埼玉』(友情出演)などが続々と公開、『さよならくちびる』や初主演作『カツベン!(仮)』も待機する。

『愛がなんだ』(C)2019映画「愛がなんだ」製作委員会

■予告編で話題!“足ツン”シーンの裏側を今泉監督が明かす


本作では、主人公・テルコが人生全てをかけてまでメロメロになってしまう、“ダメなのにいい男マモル”でその魅力が炸裂! 今泉監督は本作での成田さんについて「マモルはとにかくかっこよく見えないような芝居をしてもらいたかった。でも成田くんは顔も整ってるし、衣装や髪型も含め『いかにかっこ悪く見せるか』ということに苦労しました」と言う。

「成田くん、今回も上手いな!と思ったのは、テルコとマモルがベッドの中で足を蹴り合うシーン。ふざけ合いながらマモルが『なんだと、オラ!』って言い返すところがあるんです。そこは一歩間違えるとコミカルなシーンになっちゃう。多分彼はその危険を察知して、『1回(あえて)棒読みでやってみていいでか』と言って来たんです」と明かし、「わざとボソボソ喋って、必要以上にコミカルになるのを避けたんですね。僕もそれでいいと思った。成田さんのアイデアをそのまま採用した形です」とその役作りを絶賛。

『愛がなんだ』(C)2019映画「愛がなんだ」製作委員会

■成田凌、鈍感なイマドキ系男子がリアル


今回はそんな本作から、成田さん演じるマモルの半裸“ひょっこりはん”やソファ寝などの未解禁カットが到着。成田さん自身も「例えば、テルコとデートしてる時にマモルはテルコに車道側歩かせるんですよね。普通、車道は男が歩く側だろと。その辺の彼のサイテー男の無自覚の酷さを観客の皆さんと是非共有したい(笑)」と、マモルというキャラクターのリアル感について自身の思いを語っている。

『愛がなんだ』(C)2019映画「愛がなんだ」製作委員会
たとえ深夜でも、自分だけが休日の時でも、誘いたいときにテルコを誘い、それに対して何の罪悪感も感じていない、少し(いや、かなり)鈍感なイマドキ系男子だったマモル。しかし、ある日突然これまで出会ったことのなかったタイプの年上の女性“すみれ”(江口のりこ)に恋してしまい、どんなに惨めでも必死にすみれを追いかけてしまう…。

『愛がなんだ』(C)2019映画「愛がなんだ」製作委員会
そんな“ダメダメな”マモルの姿には、ビジュアルや予告編が公開されたタイミングからすでに「成田凌の彼氏感が全開!」「リアルすぎる」「ダメなのはわかってるけど、、きっと逃げられない」と話題。

すみれを追いかけるマモルだけではなく、テルコの友達の葉子(深川麻衣)、葉子を追いかけるナカハラ(若葉竜也)など、それぞれの関係はあまりにもリアルで、ヒリヒリして、恥ずかしくて「でもどうしようもなく好き」――。本作には恋の全てが詰まっているといえそうだ。

『愛がなんだ』(C)2019映画「愛がなんだ」製作委員会
『愛がなんだ』は4月19日(金)よりテアトル新宿ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top