『BLUE』『愛がなんだ』『きみ鳥』…切ないだけじゃない!ひと筋縄ではいかない三角関係を描く映画5選

松山ケンイチ主演で『BLUE/ブルー』は、それぞれの想いが交錯する3人の関係性も見どころの1つ。ひと筋縄ではいかない複雑な心情が交錯する三角関係を描いた5作の日本映画をピックアップ。

映画 邦画ニュース
『BLUE/ブルー』(C)2021『BLUE/ブルー』製作委員会
  • 『BLUE/ブルー』(C)2021『BLUE/ブルー』製作委員会
  • 『BLUE/ブルー』(C)2021『BLUE/ブルー』製作委員会
  • 『BLUE/ブルー』(C)2021『BLUE/ブルー』製作委員会
  • 『BLUE/ブルー』(C)2021『BLUE/ブルー』製作委員会
  • 『さんかく』ポスター -(C) 2010 「さんかく」製作委員会
  • 『愛がなんだ』(C)2019映画「愛がなんだ」製作委員会
  • 『愛がなんだ』(C)2019映画「愛がなんだ」製作委員会
  • 『さよならくちびる』(C) 2019「さよならくちびる」製作委員会
松山ケンイチ主演で、挑戦者を象徴する“ブルーコーナー”で戦い続ける者たちの生き様を描く『BLUE/ブルー』が4月9日(金)に公開。理想と現実の間で悩みながら生きる登場人物たちの人間模様が切なく胸に突き刺さる本作は、主人公の瓜田(松山さん)と後輩の小川(東出昌大)、そして彼らを見守る千佳(木村文乃)、それぞれの想いが交錯する3人の関係性も見どころの1つ。

>>『BLUE/ブルー』あらすじ&キャストはこちら

そんな、ひと筋縄ではいかない複雑な心情が交錯する三角関係を描いた映画には傑作が勢揃い。その中から5作の日本映画をピックアップした。

『BLUE/ブルー』恋に夢にもがき続ける挑戦者たちの静かに熱い物語



誰よりもボクシングを愛する瓜田は、どれだけ努力しても負け続き。一方、ライバルで後輩の小川は抜群の才能とセンスで日本チャンピオン目前、瓜田の幼なじみの千佳とも結婚を控えていた。千佳は瓜田にとって初恋の人であり、この世界へ導いてくれた人。強さも、恋も、瓜田が欲しい物は全部小川が手に入れた。それでも瓜田はひたむきに努力し夢へ挑戦し続ける。しかし、ある出来事をきっかけに、瓜田は抱え続けてきた想いを2人の前で吐き出し、彼らの関係が変わり始める――。

『BLUE/ブルー』(C)2021『BLUE/ブルー』製作委員会
リングの上で、挑戦者を象徴するのが“ブルーコーナー”。恋だけでなく、ボクシングでも勝てない瓜田。小川と千佳の関係を見守るしかないが、互いに大切な先輩後輩として尊敬し合っているからこそ生まれる切なさが胸が突き刺さる。

『さんかく』恋人の妹に好意を抱いたことから始まるおかしな人間模様


『さんかく』ポスター -(C) 2010 「さんかく」製作委員会
釣具店で働く30歳の百瀬と、デパートの化粧品売場で働く29歳の佳代は同棲して2年目。ある夏2人の家に佳代の妹・桃が訪れ、夏休みの間3人で暮らすことに。百瀬はいつしか桃に魅了され始める。夏休みが終わり桃は実家に帰るが、百瀬は佳代に黙って電話をかけ続けていた。しかし、次第に電話が繋がらなくなり…。

ダメ男・百瀬を取り巻く人間模様は、『BLUE/ブルー』の吉田恵輔監督が2010年にオリジナル脚本で撮った三角関係がテーマのラブストーリー。

『愛がなんだ』片思いの恋に一途に生きて何が悪い


『愛がなんだ』(C)2019映画「愛がなんだ」製作委員会
28歳のテルコはマモルに一目ぼれしてからというもの、マモル中心の生活を送っている。仕事中であれ真夜中であれ、どんな状況でもマモルが最優先。距離が近くなるにつれ浮かれるテルコだったが、マモルはテルコに対して恋愛感情はなく、連絡も途絶えてしまう。そんなある日、突然マモルから彼が好意を抱いている年上の女性すみれを紹介されるが――。

『愛がなんだ』(C)2019映画「愛がなんだ」製作委員会
どんなに想っても尽くしても振り向いてもらえない人がいて、その人もまた同じように叶わない恋をしているという、どこまでいっても一方通行の関係を今泉力哉監督がリアルに描く。岸井ゆきの、成田凌、深川麻衣、若葉竜也、江口のりこらの競演に注目。

『さよならくちびる』女性デュオとバンドを支える男性の想いが交錯


『さよならくちびる』(C) 2019「さよならくちびる」製作委員会
インディーズで注目を集めた2人組女性ユニット「ハルレオ」のハルとレオは、それぞれの道へ進むため解散を決める。2人はサポート役の青年シマとともに最後の全国ツアーに出るが、レオはシマに、シマはハルに思いを寄せており、ハルはレオに憧れと愛情を抱いていた。それぞれに複雑な想いを胸に秘めながら、各地でステージを重ねていく「ハルレオ」だったが――。

『さよならくちびる』(C)2019「さよならくちびる」製作委員会
これまでの関係を壊したくないからこそ伝えられない想い。そして、いまにも崩れそうな危ういバランスで保たれている3人が、ラストツアーに臨むロードムービー。小松菜奈、門脇麦、成田凌がそれぞれ好演。

『きみの鳥はうたえる』曖昧な感情と関係の行き着く先は…?


『きみの鳥はうたえる』(C)HAKODATE CINEMA IRIS
函館郊外の書店で働く“僕”は、失業中の静雄とアパートで共同生活をしていた。ある日、“僕”は同じ書店で働く佐知子と男女の関係になる。彼女は店長とも関係があるようだったが、そんなことを気にもせず、“僕”と静雄が住むアパートにやって来ては酒を飲み、クラブへ行き一緒に過ごす。その夏が終わるころ、静雄が佐知子とキャンプに出掛け、3人の関係は微妙に変わっていく――。

柄本佑、染谷将太、石橋静河が演じる、きらめきに満ちた、かけがえのない男女3人のひと夏。白黒はっきりつけられない感情に流され、揺れる男女3人の曖昧な関係を描いた眩くも、けだるい青春群像劇だ。

『BLUE/ブルー』は4月9日(金)より新宿バルト9ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top