ピエール瀧出演『麻雀放浪記2020』ノーカット公開決定、白石和彌監督「バカヤロウとしか言いようがない」

映画『麻雀放浪記2020』の公開に関する記者会見が3月20日(水)、東映本社にて行われ、監督を務めた白石和彌と多田憲之(東映株式会社代表取締役社長)が出席した。公開に向けての協議を重ねた結果、ノーカットで予定通り公開することが発表された。

最新ニュース レポート
白石和彌監督/『麻雀放浪記2020』公開に関する記者会見
  • 白石和彌監督/『麻雀放浪記2020』公開に関する記者会見
  • 多田憲之氏、白石和彌監督/『麻雀放浪記2020』公開に関する記者会見
  • 多田憲之氏、白石和彌監督/『麻雀放浪記2020』公開に関する記者会見
  • 多田憲之氏、白石和彌監督/『麻雀放浪記2020』公開に関する記者会見
  • 多田憲之氏、白石和彌監督/『麻雀放浪記2020』公開に関する記者会見
  • 多田憲之氏/『麻雀放浪記2020』公開に関する記者会見
映画『麻雀放浪記2020』の公開に関する記者会見が3月20日(水)、東映本社にて行われ、監督を務めた白石和彌と多田憲之(東映株式会社代表取締役社長)が出席した。12日、本作に出演するピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者が麻薬取締法違反容疑で逮捕されたことを受けて、公開に向けての協議を重ねた結果、ノーカットで予定通り公開することが発表された。

「賛否両論の意見はあると思う」公開への背景


多田憲之氏/『麻雀放浪記2020』公開に関する記者会見
多田社長は、「許されることではない」と前置きした上で、「あってはならない罪を犯した出演者のひとりのために、作品を待ちわびているお客さまに公開しないという選択肢は取らない」と読み上げた。「有料で、かつ鑑賞の意志を持ったお客さまが来場するクローズドなメディアで、TV放映やCMなどとは違う。賛否両論の意見はあると思いますが」と続け「お客さまに対しては、劇場公開時にポスターおよびテロップで瀧容疑者が出演していることを明示いたします」と対応を説明した。

5作組んだ白石監督の叫び「バカヤロウとしか言いようがない」


『凶悪』以降、5作にわたりピエール瀧容疑者と組んできた白石監督は、一礼し「瀧さんが逮捕された一報を聞いて大変驚きましたが、『麻雀』がどうなってしまうんだろうということとともに、ピエール瀧容疑者に抑えきれない憤りを感じました」と本音を吐露。公開に踏み切ったことについては「禁止薬物には当然反対な立場で、絶対犯してはいけない犯罪。映画を公開できるにあたり、ものすごく大変だったんですが、公開にまずはホッとしているというか…今の正直な気持ちです」と沈痛の面持ちで語った。

多田憲之氏、白石和彌監督/『麻雀放浪記2020』公開に関する記者会見
事実、白石組の常連とあったピエール瀧容疑者について、白石監督は「監督として大きく引き上げてくれたひとりだとすごく思っています。彼が持っているキャラクターと男っぷりのよさ、いろいろなことに男惚れをして、通算5本仕事をさせていただいていました」と触れた。だからこそ今回の事件については「少なくとも、仕事をしているときはそういう兆候は僕にはわからなかった…。本当に、今はバカヤロウとしか言いようがない。自分の罪をちゃんと反省して、まずは治療してほしい」と気持ちを込め、ピエール瀧容疑者に言葉をかけていた。

作品公開への物議に関する世間の声に、意見


出演者の薬物事件に際して、作品公開への物議があがっている。反対の声がある一方で、「作品に罪がない」という世間の声もある。多田社長は、「東映としても、個人としても、ちょっといきすぎだなという印象は持っていました。スタッフが総力をあげて作ったものをボツにしていいのかは、はなはだ疑問を持っていました」と話し、一拍あけ「事実、こういうことが東映にあるとは思っていませんでしたので…一瞬、当事者になったとき、かなり私も悩みました」と背景を明かす。白石監督も「議論なく一様に決まったかのように、蓋をしてしまうようなことはよくないんじゃないかと思います。作品それぞれで、上映できないのが特例であってほしいのが願いです」と持論を展開した。

多田憲之氏、白石和彌監督/『麻雀放浪記2020』公開に関する記者会見
さらに、こうした人物が登場する過去作についても白石監督は「過去作まですべて選択の余地がないようにするのは、さすがにどうだろうというのはあります。世に作品を放って、公開も終わって残っている状態であれば、見るか見ないかはユーザーにゆだねるべきだと思います」と意見を述べ、「過去作まで一律でなくすのは、文化にとっての損失だと思うので、そろそろガイドラインなり、作るべきかなと個人的には思っています」と語った。

映画『麻雀放浪記2020』は、『孤狼の血』で本年度日本アカデミー賞を席巻した白石監督と、脂の乗っている実力派俳優・斎藤工が初タッグを組み、禁断の未来2020年の日本を暴いたセンセーショナル・コメディ。1945年の戦後から2020年の戦後に突然やってきた坊や哲(斎藤さん)が、希望で溢れていたはずの未来の実情に呆然としながらも、国策イベント「麻雀五輪世界大会」に参戦し、死闘を繰り広げていく。

映画『麻雀放浪記2020』は、4月5日(金)より51スクリーンにて公開。
《cinamacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top