高良健吾「覗いていたい…」『アンダー・ユア・ベッド』ビジュアル&場面写真到着

高良健吾主演『アンダー・ユア・ベッド』。この度、高良さんの“覗き続ける”姿をとらえた場面写真とキービジュアルが解禁となった。

映画 邦画ニュース
高良健吾が愛する女性のベッドの下に潜り込み、彼女を想いながら過ごす男を演じる『アンダー・ユア・ベッド』。この度、高良さんの“覗き続ける”姿をとらえた場面写真とキービジュアルが解禁となった。

>>『アンダー・ユア・ベッド』あらすじ&キャストはこちらから

それは愛ゆえの盲目さか、それとも狂気か――。愛する彼女への一途で純粋な思いと、異常で孤独な男の切なさ、繊細な役柄を高良さんが演じる問題作。ドラマ「ごくせん」でデビュー後、『蛇にピアス』で脚光を浴び、近年『シン・ゴジラ』『万引き家族』『止められるか、俺たちを』ほか、今年は『多十郎殉愛記』『葬式の名人』『カツベン!(仮)』など話題作への出演が続々控える“日本映画界に必要不可欠な俳優”の新たな境地は早くも話題となっている。

『アンダー・ユア・ベッド』(C)2019 映画「アンダー・ユア・ベッド」製作委員会

「覗いていたい。このままずっと――」


今回解禁したビジュアルでは、高良さん演じる主人公・三井直人が、11年前に一度だけコーヒーを飲んだ最愛の女性をベッドの下から覗く様子が具体的に明らかになってきた。

『アンダー・ユア・ベッド』ビジュアル (C)2019 映画「アンダー・ユア・ベッド」製作委員会
そこには、眼前を青白く細い足が横切り、その様子を至近距離から虚ろな目でじっと見つめる三井(高良さん)の姿が…。とても異常な状態に身を置く男の様子を描き出す、大胆で不気味なビジュアル。彼はどのようにしてベッドの下に潜り込んだのか? 「ずっと覗いていたい」男の異常執着体質はどこから生まれたのか? 男がベッドの下から覗き見たものは一体何なのか? 変質的ではあるが、どこか繊細で孤独な雰囲気を漂わせる三井の姿に妄想がかき立てられる。

『アンダー・ユア・ベッド』(C)2019 映画「アンダー・ユア・ベッド」製作委員会
さらに、今回初解禁となった場面写真は、木陰から女性を監視する高良さん、望遠レンズ越しに女性を盗撮する高良さん、観賞用のグッピーを食い入るように見つめる高良さん、とリミッターの外れた覗きの様子が垣間見られる3点となっている。

『アンダー・ユア・ベッド』(C)2019 映画「アンダー・ユア・ベッド」製作委員会
『アンダー・ユア・ベッド』は今夏、テアトル新宿ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top