故マリリン・モンローの“最期の半年”がドラマ化へ

英BBCスタジオが、1962年に亡くなったマリリン・モンローの最期の半年をドラマ化することを発表した。

最新ニュース ゴシップ
マリリン・モンロー-(C)Getty Images
  • マリリン・モンロー-(C)Getty Images
  • マリリン・モンロー -(C) Getty Images
  • マリリン・モンロー-(C)Getty Images
  • マリリン・モンロー-(C)Getty Images
  • マリリン・モンロー-(C) Getty Images
英BBCスタジオが、1962年に亡くなったマリリン・モンローの最期の半年をドラマ化することを発表した。タイトルは「The Last Days of Marilyn Monroe」(原題)。脚本は「セルフリッジ 英国百貨店」のダン・セフトン、プロデューサーはクイーンのドキュメンタリーなどを手掛けるサイモン・ラプトンに決定している。

ストーリーは2010年に発売されたキース・バッドマン著の伝記「The Final Years of Marilyn Monroe」に基づくもので、マリリンとハリウッドの重役たちやジョン・F・ケネディ元大統領との関係に焦点を当てるという。BBCスタジオによれば「権力、愛、忠誠心、政治という大きなテーマ」が描かれるとのこと。

「この信じがたい真実の物語を映像化することに、とてもワクワクしています」と期待をふくらませている脚本担当のセフトン。「女優としての自分を真剣に受け止めてほしいというマリリンの願いや、スタジオを牛耳る権力者の男性たちとの闘いは、残念ながら現在にも通ずるものがあります」と半世紀以上経っても続くスタジオ・システムの現状を語っている。

マリリン役を演じる女優はまだ発表されていない。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top