『アベンジャーズ』に欠かせない!ハリウッド“3大クリス”たち

世界中から熱い視線が注がれている『アベンジャーズ/エンドゲーム』。シリーズに登場する、3人の“クリス”たちに改めて注目した。

映画 洋画ニュース
『アベンジャーズ/エンドゲーム』 (C) 2019 MARVEL
  • 『アベンジャーズ/エンドゲーム』 (C) 2019 MARVEL
  • 『アベンジャーズ/エンドゲーム』(C)Marvel Studios 2019
  • 『アベンジャーズ/エンドゲーム』 (C) 2019 MARVEL
  • 『アベンジャーズ/エンドゲーム』ワールドプレミア (C)Marvel Studios 2019
  • 『アベンジャーズ/エンドゲーム』(C)Marvel Studios 2019
  • 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 (C)2019 MARVEL
  • 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 (C)2019 MARVEL
  • 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 (C)2019 MARVEL
最凶最悪の敵“サノス”によって人類の半分、そして “アベンジャーズ”も多くのヒーローたちが消滅してしまう衝撃のラストを迎えた『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。最新作となる『アベンジャーズ/エンドゲーム』では、大切な家族や友人たちを目の前で失ったヒーローたちが、どのような逆襲<アベンジ>を果たすのか、熱い視線が注がれている。

そんな「アベンジャーズ」シリーズといえば、ハリウッドを代表する3人の“クリス”たちの共演も見どころだ。世界中に愛されている3人の“クリス”を、改めて紹介していこう。

>>『アベンジャーズ/エンドゲーム』あらすじ&キャストはこちらから

クリス・エヴァンス(キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャース)


1981年生まれ。米マサチューセッツ州出身。ニューヨークのリー・ストラスバーグ・インスティテュートで演技を学び、テレビシリーズ「逃亡者」(’00)で映像デビュー。愛称はクリエヴァ

ファンの間でバズった仲良しショットは「新しいお気に入り」
『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(’11)で“キャプテン・アメリカ”を演じてからは『アベンジャーズ』(’12)、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(’14)、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(’15)、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(’16)、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(’18)などに同役で登場。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 (C)2019 MARVEL『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』より
映画『gifted/ギフテッド』では“キャプテン・マーベル”の少女時代を演じたマッケナ・グレイスと共演するなど、俳優としての実績はもちろん、初監督作品『Before We Go』(原題/15)は2014年トロント国際映画祭でプレミア上映されるなど多才ぶりを発揮している。また、愛犬家としての一面も持ち合わせており、愛犬のロジャーは保護施設から譲り受けた。自身のSNSで「来世は犬になりたい」と発言し話題になるなど並々ならぬ犬への愛を持ち合わせている。

そんな彼が演じる“キャプテン・アメリカ”は永い眠りから覚めた正義に生きる伝説のソルジャー。超金属ヴィブラニウム製の盾(シールド)を身体の一部のように使いこなし、戦闘では抜群のリーダーシップを発揮する。『エンドゲーム』を最後にシリーズから引退するというクリエヴァはどのような活躍を見せてくれるのか? 彼の“キャプテン・アメリカ”を観られる最後の作品となるのか、注目していて。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』(C)Marvel Studios 2019

クリス・ヘムズワース(ソー)


1983年生まれ。オーストラリア出身。母国のテレビシリーズで俳優のキャリアをスタートさせる。『スター・トレック』(’09)で主人公の父親ジョージ・カーク役を演じてハリウッドデビュー。兄ルーク、弟リアムも俳優で、彼はクリヘムとしてお馴染み。

『マイティ・ソー』(’11)で主役に抜擢され、その後も『アベンジャーズ』(’12)、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(’13)、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(’15)、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(’17)、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(18)などでソーを演じてきた。


『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 (C)2019 MARVEL
今後は『メン・イン・ブラック:インターナショナル』への出演や、自身が主演兼プロデュースを務める作品も控えている。過去には米「ピープル」誌が選ぶ最もセクシーな男性にも選ばれた経験を持ち、趣味のサーフィンの腕前はプロ並み。愛妻家で子煩悩パパとしても知られる。


彼が演じる“ソー”は雷のパワーを操る破天荒な神様。前作ではサノス軍を相手に無敵の戦いを繰り広げ、ついにはサノスにすら傷を負わせた。しかし、サノスの暴挙を阻止することはできず、弟ロキをはじめ多くの仲間を失った彼は失意の想いを胸に最後の戦いへと挑む。彼もまたエヴァンス同様『エンドゲーム』を最後にシリーズからの引退がうわさされている。抜群の存在感で数々の難敵をなぎ倒してきた彼にとって、最後の戦いになってしまうのか?

『アベンジャーズ/エンドゲーム』 (C) 2019 MARVEL

クリス・プラット(スター・ロード/ピーター・クイル)


1979年、米ミネソタ州生まれ。TVシリーズ「エバーウッド 遥かなるコロラド」(02~06)で人気を集め、映画『ウォンテッド』(08)などに出演後、いずれもオスカー作品賞ノミネートの『マネーボール』『ゼロ・ダーク・サーティ』『her/世界でひとつの彼女』などで存在感を示す。愛称はクリプラ

キッズ・チョイス・アワードにてスライムまみれに
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(’14)の主役に抜擢されて脚光を浴び、続いて『ジュラシック・ワールド』シリーズに出演して、一躍世界的スターに。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(’17)にも出演する。ふくよかな体形だった時期もあったが、肉体改造をして現在のたくましい体を手に入れた。2015年米「タイム」誌が選ぶ「世界で最も影響力のある100人」にも選出され、映画界のみならず活躍の幅を広げている。

彼が演じる“スター・ロード/ピーター・クイル”は地球生まれ、銀河育ちのノリノリな賞金稼ぎ。銀河一の落ちこぼれチーム“ガーディアンズ”のリーダーとして戦ったピーター・クイルだったが、『インフィニティ・ウォー』でサノスの手によって消されてしまう。彼は『エンドゲーム』に登場することはあるのか!? ピーター・クイルが再び仲間たちと戦えることを祈りたい!

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 (C)2019 MARVEL
「アベンジャーズ」シリーズでの成功と共にその人気を不動のものにした3人の“クリス”。彼らはシリーズ完結編となる本作『アベンジャーズ/エンドゲーム』でどのような活躍を見せてくれるのか? 歴史が変わる瞬間を、スクリーンで目撃して。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』は全国にて公開中。

<3大クリス登場作品リリース情報>
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』
MovieNEX発売中/デジタル配信中
(C)2019 MARVEL
発売:ウォルト・ディズニー・ジャパン
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top