※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

クリス・エヴァンス、『アベンジャーズ』のオリジナルメンバーが「再集結」という噂に言及

今月初め、「マーベルで『アベンジャーズ』のオリジナルメンバーを再集結させようという動きが出ているらしい」といううわさがネット上を駆け巡った。

最新ニュース ゴシップ
注目記事
ケヴィン・ファイギほかアベンジャーズキャスト(C)Getty Images
  • ケヴィン・ファイギほかアベンジャーズキャスト(C)Getty Images
  • クリス・エヴァンス Photo by Jesse Grant/Getty Images for Disney
  • クリス・エヴァンス Photo by Joe Scarnici/Getty Images

今月初め、「マーベルで『アベンジャーズ』のオリジナルメンバーを再集結させようという動きが出ているらしい」といううわさがネット上を駆け巡った。オリジナルメンバーとは、クリス・ヘムズワース(ソー)、ロバート・ダウニー・Jr.(アイアンマン)スカーレット・ヨハンソン(ブラック・ウィドウ)、ジェレミー・レナー(ホークアイ)、マーク・ラファロ(ハルク)、クリス・エヴァンス(キャプテン・アメリカ)だ。

これについて、先日トーク番組「The View」に出演したクリスは「そういった報道は、ぼくもいつも見ている。ぼくにとってもニュースなんだ。2か月おきくらいに、だれかがダウニー、ヘムズワース、スカーレットそれにみんなが戻ってくるって言うのを見ている気がするよ」とコメント。「(マーベルの)だれもぼくにそういう話はしてきてない。『絶対にない』とは言わないけれど…ぼくは守りたいという気持ちが強い。この役はすごく大切だから、しっくりこないとダメなんだ」と語っている。

『アベンジャーズ』シリーズは、2026年に『Avengers: The Kang Dynasty(原題)』、2027年に『Avengers: Secret Wars(原題)』が公開されることが決定している。後者の脚本は「ロキ」のクリエイターのマイケル・ウォルドロンが担当することが発表されていたが、「Deadline」によるとウォルドロンは前者の脚本も手掛けることになったという。


《賀来比呂美》

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

+ 続きを読む

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top