『アベンジャーズ/エンドゲーム』、『タイタニック』超え世界2位に!日本では40億円突破

“アベンジャーズ”の最後にして最大の逆襲を描く『アベンジャーズ/エンドゲーム』が、『タイタニック』を抜いて全世界歴代興収2位を記録、日本では興収40億円を突破した。

映画 洋画ニュース
『アベンジャーズ/エンドゲーム』 (C) 2019 MARVEL
  • 『アベンジャーズ/エンドゲーム』 (C) 2019 MARVEL
  • 『アベンジャーズ/エンドゲーム』 (C) 2019 MARVEL
  • 『アベンジャーズ/エンドゲーム』(C)Marvel Studios 2019
  • 『アベンジャーズ/エンドゲーム』 (C) 2018 MARVEL
  • 『アベンジャーズ/エンドゲーム』 (C) 2019 MARVEL
  • 『アベンジャーズ/エンドゲーム』(C)Marvel Studios 2019
  • 『アベンジャーズ/エンドゲーム』 (C) 2019 MARVEL
  • 『アベンジャーズ/エンドゲーム』 (C) 2019 MARVEL
アイアンマンやキャプテン・アメリカ、ソーら最強チーム “アベンジャーズ”の最後にして最大の逆襲を描く『アベンジャーズ/エンドゲーム』。全世界では『タイタニック』を抜いて歴代興収2位に躍り出る歴史的ヒットを記録、日本では4月26日(金)の公開から11日間で興収40億円を突破した。

>>『アベンジャーズ/エンドゲーム』あらすじ&キャストはこちらから

『タイタニック』を超え全世界歴代興収2位に!歴史的快挙


『アベンジャーズ/エンドゲーム』 (C) 2019 MARVEL
全世界興行収入はすでに21億9374万959ドルを突破(Box Office Mojo調べ、1$=111円換算)するという驚異的な記録で、かつて社会現象を巻き起こしたあの『タイタニック』(1997)を超え、全世界歴代興行収入ランキング2位に躍り出た。現在1位に君臨している『アバター』(2009)は、全世界20億ドルの壁を超えるのに47日を要した一方で、本作はたった11日で突破。10年近く破られていなかった歴代1位に輝く日が、目前に迫っている!

日本でもディズニー史上最速で30億円超え!わずか11日間で40億円に


『アベンジャーズ/エンドゲーム』 (C) 2019 MARVEL
日本でも、アベンジャーズの“最後の戦い”を誰よりも早く目撃しようと初日から大勢のファンが劇場に殺到。初日の興行収入は5億736万円、動員33万6,186人(4月25日のマラソン上映含む)を記録し、平日の金曜日公開の作品としては歴代史上最高の数字を記録する大ヒットスタートを切った(当社調べ)。

さらにその勢いはとどまることを知らず、ゴールデンウィーク突入の4月27~28日の公開初週末ランキングは第1位を獲得、その後ディズニー史上最速となる7日間で30億円を突破した。これは『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』(2006)に並ぶ早さだ。

また、前作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)の興行収入も公開10日間で超えており、11日間で5月6日(月)時点で40億8653万円、動員は279万8,915人を記録している。

ファンからの熱い声が止まらない!「夢と感動をありがとう」


『アベンジャーズ/エンドゲーム』 (C) 2018 MARVEL
驚異的なのは興行収入だけに留まらず、鑑賞者から絶賛の声が相次いでいる点。鑑賞者からは「ヒーロー映画は全然好きじゃないし、特に興味持ったことなかったんですが、これは本当にすごかった」「涙を拭い、ハンカチで鼻を押さえ、、、今は、、、ただただアベンジャーズロスです」「夢と感動をありがとう。期待を超えてきた上に、MCUを好きでよかったと思わせてくれる最高傑作」など、その衝撃のストーリーと感動の展開が社会現象級の大ヒットをもたらしており、エンドロール後は拍手喝采、リピーターが激増するなど、“アベンジャーズ旋風”がいま日本を席巻している!

“アベンジャーズ最後の戦い”応援上映の劇場第1弾発表!


まさに映画史に名を刻む偉業を次々と成し遂げている本作。日本では応援上映の実施が決定。サノスに立ち向かうべく、最後にして史上最大の戦いに挑むヒーローたちを、劇場にいるファンが一丸となって応援することができる。「アベンジャーズ」完結編を飾る“魂揺さぶる戦い”に、劇場一体となって声援を送ろう! 開催劇場は5月8日(水)より本作公式サイトで順次発表される。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top