本田翼の笑顔に「癒された」…“IVR”描写に「勉強になる」の声も「ラジエーションハウス」6話

窪田正孝主演「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」の第6話が5月13日放送。本田翼演じる甘春杏の“成長物語”となった今回のストーリーに感動する声とともに、“IVR”についても「本当に勉強になる」などの声も寄せられている。

最新ニュース スクープ
「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」 (C) フジテレビ
  • 「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」 (C) フジテレビ
  • 「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」 (C) フジテレビ
  • 「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」 (C) フジテレビ
  • 「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」 (C) フジテレビ
  • 「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」 (C) フジテレビ
  • 「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」 (C) フジテレビ
  • 「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」 (C) フジテレビ
  • 「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」 (C) フジテレビ
窪田正孝主演「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」の第6話が5月13日放送。本田翼演じる甘春杏の“成長物語”となった今回のストーリーに感動する声とともに、“IVR”についても「本当に勉強になる」などの声も寄せられている。

病の原因を探りレントゲンやCTで病変を写し出す放射線技師や、画像を読影し病気を診断する放射線科医という“縁の下のヒーロー”たちにスポットを当てていく本作。


アメリカで最も権威ある放射線科医から認められた後帰国、幼い頃から想い続けてきた甘春杏の同僚となる診療放射線技師・五十嵐唯織を窪田さんが務めるほか、甘春総合病院で放射線科医として働く甘春杏に本田さん、唯織の同僚として「ラジエーションハウス」で働く新人放射線技師・広瀬裕乃に広瀬アリス。さらに鈴木伸之、遠藤憲一、山口紗弥加、浜野謙太、丸山智己、矢野聖人、浅野和之、和久井映見といった面々も出演する。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
杏と辻村(鈴木さん)が鏑木(浅野さん)が取材協力した医療小説の話題で盛り上がっているのを目撃した唯織は、早速その小説を読み始める。一方、唯織が邪魔でしょうがない鏑木は院長の渚(和久井さん)に放射線技師の役割を超えた唯織の行為は医師法に抵触する可能性があると進言。鏑木は軒下(浜野さん)に唯織の行動を監視するよう命じる。


そこに公園の手すりで腹部を強打した女の子・沙里が救急搬送されてくる。脾臓から出血を確認した杏はIVR<画像下治療>による止血を提案するが、鏑木は、IVRではなく開腹手術をするよう命じ、杏は自分の経験や能力のなさに落胆する…というのが今回のストーリー。

その後、鏑木が不在の間に大腸がんの患者が急変。杏はラジエーションハウスのメンバーの力を借りてIVRを成功させる…というラストだった。


ラスト、IVRを成功させた杏が唯織とハイタッチ、自然な笑顔を見せる場面に「笑顔に癒されました」「今日の横顔至高だった」などの声が集めるとともに、「チームワークが大切な事に気づいて行く様子が凄く上手く演じられてた」など本田さんの演技を讃える声も多数寄せられている。

またIVRという治療法を丁寧に描いた今回のストーリーに「見ていて本当に勉強になるドラマ」「IVRという技術。食い入るように見てしまった。とても良かった」という反応や「取り上げてくれたこと自体ありがたいです」といった医療関係者と思われる視聴者からの感想も投稿されている。


「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」は毎週月曜21時~フジテレビ系で放送中。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top