【ディズニー】TDS大規模拡張プロジェクト起工式開催「一生残る最高の思い出を」

株式会社オリエンタルランドは21日(火)、かねてより発表していた東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクトの起工式と新テーマポートの名称「ファンタジースプリングス」のお披露目セレモニーを盛大に開催した。

最新ニュース レポート
起工式&セレモニーの様子☆(C) Disney
  • 起工式&セレモニーの様子☆(C) Disney
  • 起工式&セレモニーの様子☆(C) Disney
  • 起工式&セレモニーの様子☆(C) Disney
  • 起工式&セレモニーの様子☆(C) Disney
  • 起工式&セレモニーの様子☆(C) Disney
  • 起工式&セレモニーの様子☆(C) Disney
  • 起工式&セレモニーの様子☆(C) Disney
  • 起工式&セレモニーの様子☆(C) Disney
株式会社オリエンタルランドは21日(火)、かねてより発表していた東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクトの起工式と新テーマポートの名称「ファンタジースプリングス」のお披露目セレモニーを盛大に開催した。

開発予定地の会場で行った起工式では、関係者約70名が列席するなか、厳かに工事の安全を祈願した。続いて、同じく開発予定地の仮設ステージにて、新テーマポートの名称をお披露目するセレモニーを実施。セレモニーでは、新しいテーマポートの名称が「ファンタジースプリングス」と発表され、ミッキーマウス、ミニーマウスとともにプロジェクトのスタートをお祝い。このプロジェクトは東京ディズニーシーを拡張、3つのエリアとディズニーホテルを有する8番目のテーマポートを新たに開発するもの。


出席した株式会社オリエンタルランド代表取締役会長(兼)CEOの加賀見俊夫氏は、「このテーマポートに新設される4つのアトラクションと3つのレストラン、1つのショップ、そしてディズニーホテルはすべて、このプロジェクトのために開発され、世界中で東京ディズニーシーだけでしか体験することのできないものとなります」とコメント。新たなテーマポートが開業する2022年度は、ゲストの体験価値が飛躍的に向上すると述べた。


また、この日のために来日した、ウォルト・ディズニー・カンパニー チェアマン&CEOのロバート・A・アイガー氏は、「夢と感動があふれるこの特別な世界に誕生する新しいテーマポートとホテルが一層の魔法をかけてくれることを期待しワクワクしております。ゲストが『アナと雪の女王』のアレンデール王国を訪れ、森にたたずむラプンツェルの塔に触れ、ネバーランドの空を飛ぶ日が今から待ち遠しいです。クリエイティビティ、革新性、想像力の限界に常に挑戦し、さらに面白いゲスト体験を目指してきた姿勢を東京ディズニーシーの拡張においても貫き通します。皆様が家族や友人とともに楽しみ、一生残る最高の思い出を作っていただける場所にしていきます」とコメント。進化するリゾートへの期待感を口にした。


※取材時の状況に基づいて記事化しています。ショー内容など、異なる場合もあります。また、紹介したイベント、メニューなど、すべての情報は予告なく変更になる場合があります。詳細は公式サイトを参照ください。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top