ナオミ・スコット&ガイ・リッチー監督が明かす『アラジン』“新生”ジャスミン秘話

全世界に大旋風を巻き起こしたディズニーの名作を実写映画化した『アラジン』から、ジャスミンを演じたナオミ・スコットと、監督のガイ・リッチーが新しいジャスミンのキャラクターの秘話を語ったコメントがシネマカフェに到着した。

映画 洋画ニュース
『アラジン』(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『アラジン』(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『アラジン』(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『アラジン』(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『アラジン』 (C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • ナオミ・スコット-(C)Getty Images
  • ガイ・リッチー-(C)Getty Images
全世界に大旋風を巻き起こしたディズニーの名作を実写映画化した『アラジン』から、ジャスミンを演じたナオミ・スコットと、監督のガイ・リッチーが新しいジャスミンのキャラクターの秘話を語ったコメントがシネマカフェに到着した。

>>『アラジン』あらすじ&キャストはこちら

人生を変えたいと願う貧しい青年アラジンと、自由に憧れる王女ジャスミンの身分違いのロマンスを描いた本作。ジャスミンを演じたナオミ・スコットは『パワーレンジャー』でピンク・レンジャーを演じ、11月に全米で公開予定の『チャーリーズ・エンジェル』ではエンジェルのメンバーに選ばれるなど、いまハリウッドが最も注目している女優のひとりだ。

ナオミ・スコット-(C)Getty Images
アニメーション版の『アラジン』を観て育ったというナオミは、「私と同じような濃い色の目と髪、肌の色を持つ外見のディズニープリンセスの登場はすごく大きな出来事だったわ!」と語り、「今回の映画では、ジャスミンの主な目的はアグラバーの民を守ることと、正当に扱うことよ。そして彼女は物語の中で成長を遂げて、欲しいものを欲しがるだけではなくて、自分自身で手に入れるように変わってゆくの」と、アニメーション版からさらに進化したジャスミンのキャラクターの秘話を明かした。

『アラジン』 (C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
主題歌“ホール・ニュー・ワールド”のバラードに乗せて、アラジンと共に魔法のじゅうたんで夜空をかけるあの有名なシーンの実写化は、クールでスタイリッシュなガイ・リッチー監督の演出により、後世に語り継がれる名シーンになることが予想される。しかし、ナオミのコメントからはジャスミンがロマンスパートだけのキャラクターではないことが伺える。ガイ監督は、「今回のジャスミンは、より成熟したキャラクターで、おそらく当時の典型ではなかった存在なんだ」と語り、ナオミの言葉を裏付けた。

アニメーション版のDNAを引き継ぎながらも、より現代的に進化した“新生”ジャスミン。アラジンとの恋、そして魔法のランプを巡る大冒険に彼女がどのように関わってくるのか? 是非スクリーンでチェックしてみて。

『アラジン』(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
『アラジン』は6月7日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top