チャオ・タオ&リャオ・ファン、17年の時を経ても変わらぬ愛…『帰れない二人』予告編

第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品された、中国の名匠ジャ・ジャンクー監督最新作『帰れない二人』の公開日が決定。併せて、予告編とビジュアルが解禁となった。

韓流・華流 スクープ
第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品された、中国の名匠ジャ・ジャンクー監督最新作『帰れない二人』の公開日が決定。併せて、予告編とビジュアルが解禁となった。

>>『帰れない二人』あらすじ&キャストはこちら

今回解禁された予告編では、長い年月と距離を経てもなお引き寄せあうチャオ・タオ演じるチャオとリャオ・ファン演じるヤクザ者の恋人ビンの姿が映し出されている。

舞台は2001年、炭鉱の町・山西省大同。彼女らなりに幸せを夢見る2人だったがある日、路上で襲われたビンを助けようとチャオは銃を手にする。そして次の瞬間、銃声音が鳴り響く…。


舞台は2006年、長江に沈みゆく古都・奉節へと変わり、刑務所から出所したチャオは音信不通のビンを訪ねて旅に出る。そしてついに再会を果たすが、ビンには戻れない理由があるよう。2人は奉節で別れ、チャオは世界で最も内地にある大都市・新疆ウルムチを目指す。

そして、2017年――。広大な中国の土地を舞台に、7,700kmもの距離を旅した主人公チャオとビンの心の旅路を描いたというナレーションは、壮大なスケールのドラマを想起させる。最後には、「一緒に帰ろう」とチャオがビンに語りかける姿も。名作『狼/男たちの挽歌・最終章』のテーマソングであるサリー・イップの「浅酔一生」の切ないBGMが流れ、涙を誘う予告編となっている。


予告編とともに解禁となったポスタービジュアルは、広大な長江と人々を運ぶ大きな客船が写され、北京五輪開催、三峡ダム完成、経済の急成長…と大きな変化を迎えた21世紀中国の様子が垣間見えるようだ。それぞれ違う方向を見つめるチャオとビンの姿、そして「移ろいゆく景色、街、心。それでも、愛し続ける。」というキャッチコピーからは、2人の切ない心情が伺える。


「私の人生を使って、歴史的にも激動の変化を経験した現代中国を舞台にラブストーリーを描きたいと思った」と語るジャ監督の渾身作。果たして、2人はともに故郷に帰ることができるのか。その答えは是非劇場で確認してみて。

『帰れない二人』は9月6日(金)よりBunkamuraル・シネマ、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top