「記憶を失っている」横浜流星のセリフの意味とは…『いなくなれ、群青』初映像

横浜流星主演『いなくなれ、群青』より本作映像初解禁となる特報映像が到着した。

映画 邦画ニュース
『いなくなれ、群青』(C)河野裕/新潮社 (C) 2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会
  • 『いなくなれ、群青』(C)河野裕/新潮社 (C) 2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会
  • 『いなくなれ、群青』(C)河野裕/新潮社 (C) 2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会
  • 『いなくなれ、群青』(C)河野裕/新潮社 (C) 2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会
  • 『いなくなれ、群青』(C)河野裕/新潮社 (C) 2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会
河野裕の累計85万部の人気青春ファンタジー小説を原作に、横浜流星主演、飯豊まりえ共演で描く『いなくなれ、群青』。この度、本作の映像初解禁となる特報映像が到着した。

>>『いなくなれ、群青』あらすじ&キャストはこちらから

「階段島、人口はおよそ2,000人。僕たちはある日突然、この島にやってきた」――。

今回到着した映像では、主演の横浜さん演じるミステリアスな雰囲気を身にまとう七草の小説の中に登場する印象的なセリフから始まり、“階段島”の美しい風景と七草が通う高校が映し出される。

『いなくなれ、群青』(C)河野裕/新潮社 (C) 2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会
さらに「どうしてこの島にやってきたのか知る人はいない。みんなその時の記憶を失っている」「なぜ、真辺はこの島にやってきたのか。ささやかな偶然で僕たちは出会ってまた離れて再会した」と七草のセリフが続き、本作の独創的な世界観を覗くことができる。


『いなくなれ、群青』は9月6日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top