EXILE AKIRA、小林直己、今市隆二、佐野玲於らがそろい踏み!「SSFF&ASIA」グランプリ決定

アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2019」のアワードセレモニーが6月16日(日)、都内にて行われ、EXILE AKIRA、小林直己、今市隆二、佐野玲於が、EXILE HIROと共に華やかに登壇した。

最新ニュース レポート
「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2019」アワードセレモニー
  • 「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2019」アワードセレモニー
  • 「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2019」アワードセレモニー
  • 「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2019」アワードセレモニー
  • 「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2019」アワードセレモニー
  • 「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2019」アワードセレモニー
  • 「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2019」アワードセレモニー
  • 「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2019」アワードセレモニー
  • 「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2019」アワードセレモニー
アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2019」(SSFF&ASIA)のアワードセレモニーが6月16日(日)、都内にて行われ、「CINEMA FIGHTERS project」第三弾に出演のEXILE AKIRA、小林直己、今市隆二、佐野玲於が、EXILE HIROと共に華やかに登壇した。

話題の「SSFF&ASIA」グランプリは…




「SSFF&ASIA」はアメリカのアカデミー賞公認の映画祭。第21回目となった2019年は、世界130か国以上の国と地域から集まった、およそ1万本におよぶ作品から、選りすぐりの約200作品が上映され、この日、グランプリなど各賞が発表された。「ジョージ・ルーカス アワード」には、ツエンファン・ヤン監督による『見下ろすとそこに』が受賞した。


さらに、この日、全貌が明らかになったのは「CINEMA FIGHTERS project」第三弾の『その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project-』。既報のAKIRAさん主演の『Beautiful』、佐藤大樹主演の『魔女に焦がれて』、今市さん主演の『On The Way』に加えて発表になった2作は、佐野さんが主演の『Ghosting』と小林さんが主演の『海風』という充実のラインナップ。

今市さんが主演作に手ごたえ「すごくいい信頼関係で、撮影に臨めた」




こざっぱりした短髪で登場した今市さんは、「髪を切りました(笑)」と照れ笑いしながら、「演技は初めてだったので、右も左もわからない状況での撮影でしたが、入る前に松永監督と数回食事をさせていただきました。プライベートなことから仕事のことまでいろいろなことを話させてもらったり、聞かせてもらいました。すごくいい信頼関係で、撮影に臨めました」と、メキシコでの撮影の日々を振り返る。そして「普段アーティストをやっているので、今回経験したことをアーティスト活動に還元できればと思います」と気合いを入れていた。

また、『Beautiful』を手掛けた三池崇史監督は「非常にデリケートな物語も含んでいながら、あらゆる人、どんな方が見ても少し希望の光があり、心があったかくなって勇気を出してもう一歩進んでみるか、みたいな(作品)」と説明しつつ、「言ってみれば…、結婚おめでとうございます!」と急にAKIRAさんへの祝辞に変えた。


お茶目な三池監督に驚きながらも、にこやかな顔でAKIRAさんは「ありがとうございます!」と微笑むと、三池監督は「こういう前向きな映画です。こういう気分になっていただければ(笑)」とハッピーさを押し出した。さらに、AKIRAさんは「お祝いの言葉を言ってくださったんですけど、ひとつ人生の節目を迎える前に、監督からも俳優としてを押してくださった作品なので、感謝しかありません」と隣にたたずむ三池監督に感謝の気持ちを伝え、「長編でも」と再タッグを誓っていた。

アワードセレモニーには、そのほか、安藤桃子、かたせ梨乃、中江有里、永瀬正敏、原田眞人、ホラン千秋、LiLiCo(フェスティバルアンバサダー)、別所哲也(SSFF&ASIA代表)が主席した。
《cinamacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top