『この世界の片隅に』8月に地上波初放送!NHKスペシャル「#あちこちのすずさん」も放送へ

劇場アニメーション映画『この世界の片隅に』が、NHK総合にて地上波初放送。さらに、片渕須直監督×「MAPPA」制作によるアニメーションを使用したNHKスペシャル「#あちこちのすずさん」も放送決定。

最新ニュース スクープ
『この世界の片隅に』(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
  • 『この世界の片隅に』(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
  • 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』  (C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
  • 「#(ハッシュタグ)あちこちのすずさん~戦争中の暮らしの記憶~(仮)」  (C)2018こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
  • 『この世界の片隅に』夏の再上映 舞台挨拶にて (C)2018こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
劇場アニメーション映画『この世界の片隅に』が、NHK総合にて地上波初放送されることが決定。さらに、片渕須直監督×「MAPPA」制作によるアニメーションを使用した、NHKスペシャル「#あちこちのすずさん」も放送されることになった。

>>『この世界の片隅に』あらすじ&キャストはこちらから

2016年11月12日に公開され、深い感動の輪を少しずつ拡げていった本作は、日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、仏・アヌシー国際アニメーション映画祭優秀作品賞など国内外で70以上の賞を受賞するなど大きな反響を呼んだ。多くのファンと上映劇場の熱意に支えられ、公開から1日も途絶えることなく900日以上も日本全国どこかの劇場で上映が続けられている中、ついに8月3日(土)に地上波初放送。

さらにその翌週8月10日(土)には、NHKスペシャル「#(ハッシュタグ)あちこちのすずさん~戦争中の暮らしの記憶~(仮)」の放送も決定し、スタジオゲストとして片渕監督、「Hey! Say! JUMP」の八乙女光・伊野尾慧、そして千原ジュニアの出演が発表。また、『この世界の片隅に』制作のスタジオ「MAPPA」が片渕監督と新たに制作したアニメーションが、同番組の中で使用される。

「#(ハッシュタグ)あちこちのすずさん~戦争中の暮らしの記憶~(仮)」  (C)2018こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
「#あちこちのすずさん」というキーワードが生まれたのは去年8月、NHK「クローズアップ現代+」にて、『この世界の片隅に』の主人公・すずさんのように、恋やオシャレ、食べ物といった日々のなにげない暮らしを工夫して紡ぎながら、戦時中を懸命に暮らしていた人たちのエピソードがSNSで全国から集ったことがきっかけ。遠い過去の話だと思われがちな戦争を身近に感じてもらうことで、“平和への想い”や“戦争の記憶”を次世代につなげていこうという呼びかけに大きな反響が生まれ、番組には2,000を超えるエピソードが寄せられた。

そして今年、より幅広い世代にも想いを届けるためにNHKの様々な番組が連動。10~20代に人気の「らじらー!」(ラジオ第1)、子育て世代に多く見られている「あさイチ」(総合テレビ)、働き盛りの世代を中心に支持を集める「クローズアップ現代+」(総合テレビ)など、様々な世代に向けた番組で、NHKスペシャルの放送に向け「#あちこちのすずさん」の投稿を呼びかけつつ、NHKスペシャル当日は各番組からも出演者が集う。こうして、各番組やSNSなどで募ったエピソードを片渕監督の全面バックアップにより、アニメーション制作会社MAPPAがアニメ化するという。

さらに、「戦争体験の風化」という社会問題に対して、記憶と記録をアーカイブし未来へ残す必要性を考え続けてきたYahoo! JAPANがこの取り組みに賛同。「#あちこちのすずさん」というキーワードをともに使用しながら、Yahoo! JAPAN独自のコンテンツを発信しつつ、“戦争の記憶”をつなげる試みに挑む。

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』  (C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
『この世界の片隅に』は8月3日(土)21時よりNHK総合にて放送。

NHKスペシャル「#(ハッシュタグ)あちこちのすずさん~戦争中の暮らしの記憶~(仮)」は8月10日(土)21時よりNHK総合にて放送。

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』は12月20日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top