片寄涼太『きみと、波にのれたら』最優秀作品賞に感激!上海国際映画祭

第22回上海国際映画祭にて湯浅政明監督『きみと、波にのれたら』が「金爵賞 アニメーション最優秀作品賞」を受賞、閉幕式レッドカーペットに『コンフィデンスマンJP』の長澤まさみが華やかに登場した。

最新ニュース レポート
『きみと、波にのれたら』上海国際映画祭・授賞式 (C)2019「きみと、波にのれたら」製作委員会
  • 『きみと、波にのれたら』上海国際映画祭・授賞式 (C)2019「きみと、波にのれたら」製作委員会
  • 『きみと、波にのれたら』上海国際映画祭・レッカペ (C)2019「きみと、波にのれたら」製作委員会
  • 『きみと、波にのれたら』上海国際映画祭・舞台挨拶 (C)2019「きみと、波にのれたら」製作委員会
  • 『きみと、波にのれたら』(C)2019「きみと、波にのれたら」製作委員会
  • 『ブルーアワーにぶっ飛ばす』上海国際映画祭 (C)2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会
  • 箱田優子『ブルーアワーにぶっ飛ばす』上海国際映画祭 (C)2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会
  • 箱田優子『ブルーアワーにぶっ飛ばす』上海国際映画祭 (C)2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会
  • 箱田優子『ブルーアワーにぶっ飛ばす』上海国際映画祭 (C)2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会
第22回上海国際映画祭にて日本でも公開中の湯浅政明監督『きみと、波にのれたら』が「金爵賞 アニメーション最優秀作品賞」を受賞、夏帆×シム・ウンギョン共演『ブルーアワーにぶっ飛ばす』の箱田優子監督が同・アジア新人部門にて最優秀監督賞に選ばれた。

また、公式上映された映画『コンフィデンスマンJP』主演の長澤まさみが閉幕式のレッドカーペットに華やかに登場! 地元のテレビとネットに生中継されると、一時トレンドワードの1位となり改めて人気ぶりを示した。

長澤まさみ『コンフィデンスマンJP』上海国際映画祭閉幕式レカペ (C)2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会

『きみと、波にのれたら』片寄涼太、海外映画祭初参加で生歌披露も


『きみと、波にのれたら』上海国際映画祭・舞台挨拶 (C)2019「きみと、波にのれたら」製作委員会
「GENERATIONS from EXILE TRIBE」として上海でのフェスに参加したり、単独ファンミーティングを開催したりと、中国はもちろんアジアでも大人気の片寄さん。現地時間6月23日(日)には同作の公式上映会に参加。もともと2回の上映予定だったが、チケットは即日完売。現地ファンからの熱いリクエストを受け、急遽追加上映含めた全5回の上映が設定されるも、いずれも満席となる異例の大盛況ぶりとなった。

上映後に片寄さんが登壇すると、ファン約1,000人で埋め尽くされた会場からは割れんばかりの片寄コールが! 客席全体をゆっくりと見渡しながら、流暢な中国語で「みなさんこんにちは。お元気ですか? 片寄涼太です。本日は上海に来られてとても嬉しいです」と丁寧にあいさつ。劇中で川栄李奈演じるひな子との歌唱シーンについて「歌手として歌うのと、役として歌うのではまた違うので難しい部分もありつつ勉強になりました」と語ると、客席から「歌ってくれませんか!?」とのリクエストが。

すると片寄さんはアカペラで主題歌「Brand New Story」の1フレーズを生歌披露! さらに質疑応答タイムでは客席からの熱烈なリクエストを受け、「私も愛してます」と中国語で応えるというまさかのサプライズサービスに、この日一番の黄色い歓声が会場を埋め尽くした。

その後、行われたレッドカーペットイベントには、タキシード姿で登場。ベルリン、カンヌ、ヴェネチアなどと並ぶ国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の権威ある映画祭ということもあり、世界中から集まったたくさんのマスコミの取材に対応し、ファンと交流するなど海外映画祭デビューにふさわしい、堂々たる身のこなし。

『きみと、波にのれたら』上海国際映画祭・レッカペ (C)2019「きみと、波にのれたら」製作委員会
さらに授賞式にも参加した片寄さんは、本作がアニメーション最優秀作品賞にあたる「金爵賞 アニメーション最優秀作品賞」に発表されると、作品を代表して檀上に登壇。「自分の人生において信じられないような素晴らしい出来事に巡り会うことができました。レッドカーペット歩かせていただくのも初めてですし、元をたどれば声優に挑戦させていただくのも初めてだったので、素敵な思い出をいただいて感謝しかないです」と喜びと感謝を語り、(トロフィーを)「湯浅監督に早く渡したい」「湯浅監督の喜んだ顔を生で見たい」と報告を心待ちにしていることを明かした。

『きみと、波にのれたら』(C)2019「きみと、波にのれたら」製作委員会
『きみと、波にのれたら』は全国にて公開中。

『ブルーアワーにぶっ飛ばす』箱田優子監督、齊藤工&安藤桃子監督らに続く快挙


箱田優子『ブルーアワーにぶっ飛ばす』上海国際映画祭 (C)2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会
「アジア新人部門」最優秀作品賞と最優秀監督賞にノミネートされ、公式上映でも満席を記録し、サイン会も長蛇の列ができるほどの注目を集めた『ブルーアワーにぶっ飛ばす』では、箱田監督がアジア圏の新人監督作品を対象とした同部門で最優秀監督賞を受賞。

過去に、『0.5ミリ』の安藤桃子監督や、「齊藤工」名義で『blank13』で長編監督デビューを果たした俳優の斎藤工、『わたしたちの家』の清原惟監督などが新人監督賞を受賞してきたアジア新人部門。審査員長を務めた中国のニン・ハオ監督は「作品賞と監督賞のどちらにするか、最後まで審査員皆で悩んだ」と明かし、同じく審査員を務めた中国の実力派女優タン・ジュオも「大好きな作品ですし、ぜひ自分を(箱田監督の)次の作品で使ってもらいたい!」と猛烈アピール。

『ブルーアワーにぶっ飛ばす』(C)2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会
授賞式では「Thank you very much for everyone!ありがとう!」とひと言で喜びを伝えた箱田監督だが、授賞式後に改めて自身のSNSで「夏帆ちゃん、ウンギョンちゃんおめでとう。スタッフキャスト、関わってくれたみんなの賞なのでみんなおめでとう!」と感謝の気持ちを綴った。


『ホットギミック』初出演・初主演の堀未央奈がアジア新人・優秀女優賞


堀未央奈『ホットギミック ガールミーツボーイ』上海国際映画祭 (C) 相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
「アジア新人映画部門」では、山戸結希監督『ホットギミック ガールミーツボーイ』の主人公・成田初役を演じた「乃木坂46」堀未央奈が、日本人初となる優秀女優賞を受賞。公式上映も超満員の中、実施された。

『ホットギミック ガールミーツボーイ』上海国際映画祭・授賞式 (C) 相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
公式上映では「去年はアイドルとして上海へ、今日は女優してきました」と語り、「今回はまた違った緊張感があって。乃木坂の私としても、堀未央奈としても、上海にこれからも来たいなと思いました」と挨拶していた堀さん。優秀賞受賞式会場へ入る直前で本作のポスターを見つけると、「実感が湧いてきました」と打ち明けていたが、壇上では「今までの青春恋愛映画とは違った作品となっています。是非、世界中の方々にも楽しんで頂きたいです!」と感謝の言葉とともに作品をアピールした。

『ホットギミック ガールミーツボーイ』(C) 相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
『ホットギミック ガールミーツボーイ』は6月28日(金)より全国にて公開。

三浦春馬のコメントに会場歓喜!『アイネクライネナハトムジーク』


『アイネクライネナハトムジーク』上海国際映画祭(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会
現在『愛がなんだ』がスマッシュヒット中の今泉力哉監督による三浦春馬主演『アイネクライネナハトムジーク』は、日本映画でコンペティション部門(実写部門)に選出された唯一の作品に。公式上映では1,000人という上海国際映画祭で最大級のキャパシティを誇るメインスクリーン「上海影城」が満席となる賑わいを見せ、エンドロールに入ると会場からは大きな拍手が。また、鑑賞中は度々笑いが起こったり、印象的なシーンでは涙を流す人も出るなど、とても暖かな雰囲気に包まれての上映となった。

『アイネクライネナハトムジーク』上海国際映画祭(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会
その後、Q&Aではサプライズで三浦さんからコメントが到着。「決して壮大ではないけれども、一人一人が確かに心に持っている『小さな愛』が溢れている映画です。誰かが誰かを想い、その想いが連鎖を起こし、生まれる小さな奇跡の連続を大事に描いた作品となっています。この映画が上海の地で、一足早く皆さんにご覧いただけることを幸せに思います」と読み上げられると、会場からは黄色い大歓声が沸き起こった。

『愛がなんだ』との比較を問われた今泉監督は、「どちらも描いているものは“愛”です。『アイネクライネナハトムジーク』は家族の話もありますし、『愛がなんだ』は恋愛に寄せていたりもしますが、僕の中ではどちらもハッピーエンドであることが大切というよりは、ベストじゃなくてもこういう関係もいいよね、というのに惹かれている部分があってそれを描いています。小さな失敗とか、人間ぽい部分、人のダメさや弱さを描いているというのが、2作では共通しているところ」と語った。

『アイネクライネナハトムジーク』(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会
『アイネクライネナハトムジーク』は9月13日(金)より宮城県にて先行公開、9月20日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開。

“ダー子”長澤まさみ、上海のクロージングを彩る!


長澤まさみ『コンフィデンスマンJP』上海国際映画祭閉幕式レカペ (C)2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会
三浦さんも出演する『コンフィデンスマンJP』は6月16日(日)に「日本映画週間」のオープニング上映を飾っており、先に現地入りした田中亮監督が中国語で「こんにちは!長澤まさみです!」と挨拶して笑いをとったり、特別ゲストとしてYOSHIKIが登場するなど大盛り上がり。現地の反応は上々で、続編が決まったことを伝えると「次も楽しみだ」「是非上海で撮影して欲しい」と好意的な意見が聞かれていた。

長澤まさみ『コンフィデンスマンJP』上海国際映画祭閉幕式レカペ (C)2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会
そして、6月23日に行われた閉幕式のレッドカーペットに長澤さんが登場。背中が大胆に開いた品の良い朱色のドレスを着こなして、歩き始めると会場から大歓声とどよめきが! たくさんのメディアから「長澤さん」「まさみさん」「まさみ」など次々と声がかかり、サインを求めるファンたちに囲まれた。今年は『コンフィデンスマンJP』さらには『マスカレード・ホテル』の公開も控えており、ファンはもちろん地元メディアの関心も高いという。

長澤まさみ『コンフィデンスマンJP』上海国際映画祭閉幕式レカペ (C)2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会
ちなみに、中国では好きなアイドルなどを食に例えた愛称をつけて呼ぶそうで、長澤さんは“ma jiang”という愛称で呼ばれているとか。「“ma jiang”という愛称で声をかけていただいて、どうやら『ゴマペースト』って意味らしいんですけど(笑)皆さんにフレンドリーに呼びかけていただいて温かい気持ちになりました」と長澤さん。「本当にたくさんの人たちが映画を楽しんでくれていると実感できた今回の映画祭への参加でした」とふり返った。

この日のレッドカーペットの模様は中国全土に放送、配信され、「長澤まさみ」が瞬間的にトレンドワードの1位に(現地コーディネーター調べ)。その後、再びテレビ取材を受け、『コンフィデンスマンJP』の見どころなどや出演者について質問され、改めて中国の方々に観てほしい、と応じていた。

『コンフィデンスマンJP』(C)2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会
『コンフィデンスマンJP』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top