“次男”山田涼介、落ちこぼれ脱却なるか!? 「もみ消して冬 2019夏」放送

「Hey! Say! JUMP」山田涼介、波瑠、小澤征悦がエリート3兄弟に扮し2018年1月期に放送された人気ドラマのスペシャル版「もみ消して冬 2019夏 ~夏でも寒くて死にそうです~」が6月29日(土)放送。

最新ニュース スクープ
「もみ消して冬 2019夏 ~夏でも寒くて死にそうです~」
  • 「もみ消して冬 2019夏 ~夏でも寒くて死にそうです~」
  • 「もみ消して冬 2019夏 ~夏でも寒くて死にそうです~」
  • 「もみ消して冬 2019夏 ~夏でも寒くて死にそうです~」
  • 「もみ消して冬 2019夏 ~夏でも寒くて死にそうです~」
  • 「もみ消して冬 2019夏 ~夏でも寒くて死にそうです~」
  • 「もみ消して冬 2019夏 ~夏でも寒くて死にそうです~」
  • 「もみ消して冬 2019夏 ~夏でも寒くて死にそうです~」
  • 「もみ消して冬 2019夏 ~夏でも寒くて死にそうです~」
「Hey! Say! JUMP」山田涼介、波瑠、小澤征悦がエリート3兄弟に扮し2018年1月期に放送された人気ドラマのスペシャル版「もみ消して冬 2019夏 ~夏でも寒くて死にそうです~」が6月29日(土)放送。あの“どコメディ”が帰ってくる。

本作は、山田さんが警視庁のエリートだったが失職してしまった次男・北沢秀作を、波瑠さんが演じる敏腕弁護士の長女・知晶を、小澤さんが心臓外科医で長男の博文をそれぞれ演じ、このエリート(?)3きょうだいが、自分たちの家族がしでかした不祥事のみを全力でもみ消して、なかったことにする“どコメディ”ホームドラマ。

「もみ消して冬 2019夏 ~夏でも寒くて死にそうです~」
きょうだいの父で難関私立中の学園長だったが失脚した泰蔵には中村梅雀、北沢家の執事見習い・楠木松也に千葉雄大、20年以上北沢家に仕えてきた執事の小岩井凛治に浅野和之、秀作の後輩の尾関光希に小瀧望、秀作の恋人・池江里子に恒松祐里、クリーニング屋の手毛綱美鎖夫に児嶋一哉といったキャスト。

「もみ消して冬 2019夏 ~夏でも寒くて死にそうです~」
また今回のSPではゲストとして里子の父親・池江英智役で西村まさ彦、泰蔵のゴーストライター・尾道正平役で北村有起哉、知晶を追って光希が通うことになる結婚相談所のコーディネーター・別府役で「阿佐ヶ谷姉妹」渡辺江里子も出演。

「もみ消して冬 2019夏 ~夏でも寒くて死にそうです~」
警視庁のエリートだった秀作が家族のため犯罪者となり失職して1年あまり。

父・北沢泰蔵は自らの経験を書いた著書「没落家族」が大ベストセラーとなり完全復活。博文もAIドクターとしてアメリカで成功、知晶はAIが選んだ相手と交際順調。小岩井と楠木も執事として北沢家に復帰したが、秀作だけがパティシエの面接に落ち続けて北沢家の落ちこぼれだった。

「もみ消して冬 2019夏 ~夏でも寒くて死にそうです~」
そんななか、泰蔵が次回作「教育失敗」のゴーストライターを秀作に持ち掛けてきた。再起を賭けて頑張る秀作は何度書いても泰蔵に却下されるが、博文が貸してくれた作文専門のAI・サユリに原稿を直させるという荒技で、なんとかゴーストライターとしての地位を北沢家内で確立する。もっともそれは「万引き・カンニング・家庭内暴力」というベタな悪事の羅列で秀作自身を極悪人に描いたものだったが。

そうして発売された「教育失敗」が事実のねつ造を疑われ泰蔵が大ピンチに。再びのスキャンダルで開かれた家族会議。そこで知晶の衝撃のひと言が…「だったら秀作の行動を本に合わせればいいのよ!」

果たして秀作はこの難問をクリアして家族の名誉を守り、ピンチをもみ消すことができるのか…というストーリー。

「もみ消して冬 2019夏 ~夏でも寒くて死にそうです~」は6月29日(土)21時~日本テレビ系で放送。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top